園長ブタゴリラ☆ブログ

ツリーハウスその5~遊具の奥深さ~

ツリーハウスも徐々に出来上がってきました。階段も完成しました。階段は1ヶ所ではなく2ヶ所つけました。子どもの遊ぶ動線を考えると2ヶ所あるほうが色々な面で遊びの展開がよりダイナミックになるよう配慮しました。

本園は複合遊具(滑り台やアスレチックやブランコ等色々な遊具がついていてひとつ遊具になっている総合遊具)はあえて置いていません。園庭が広いこともありますが、単独(滑り台なら滑り台、ブランコならブランコ、登り棒なら登り棒)で独立しています。シンプルで単純ですが、その分色々な遊びが展開でき、子ども同士で遊具を使って遊ぶ時に遊びの創造する力を育みやすく、発展性があるからです。総合遊具は残念ながら遊び方がある程度決まっているため、色々な遊びのパターンが展開がしにくく、それが創造性につながりにくい面があります。

そのため私と大工さんで設計する際、ツリーハウスとしての楽しさや素晴らしさといった面を安全面をクリアしながら最大限活かせるよう、余分なものはあえてつけませんでした。

皆さんが使われる物も色々と機能面が多くありすぎるものよりも、場合によってはシンプルで単純な方が使い勝手が良くあきがこないものがあると思います。

子どもが使うおもちゃも単純でシンプルで良質なほうが、飽きずに繰り返し使われています。本園にあるブリオ社の汽車やエルチ社の果物を見ていても痛感します。

2階部分の約10畳程のデッキの片隅に小さな家ができ、中にテーブルチェアが入り、友達同士で色々な会話が生まれると思います。
木の枝に触れ、葉に触って自然を丸ごと体感することで、自然の良さを知り、それが思い出となり、成長する中で、自然を大事に地球環境にやさしい気持ちが育ってくれれば、こんな嬉しいことはありません。

最後の写真はツリーハウスから見た園庭の風景です。平地で見るのとは違った園庭風景がみえてきます。

「トムソーヤーのように遊んで欲しい、冒険心を持って欲しい、自然を体感して欲しい」そんな思いとともにいつも見ています。

まもなく完成します。

20071015200318.jpg


20071015200349.jpg


20071015200418.jpg

  1. 2007/10/15(月) 20:06:09|
  2. ツリーハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運動会の練習風景~年中組~ | ホーム | 秋の風景その6~佐倉の秋祭り大神輿~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/31-51784d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)