FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

箱根大涌谷の黒たまご購入記

前回のブログで黄組の蝙蝠クッキーのお話をしましたが、赤組は劇のテーマの温泉と黒たまごにちなんで、先週日曜日に箱根の大涌谷の黒たまご館のみで販売している黒たまごを買いに家人と娘と3人で出かけました。消費期限が2日間ということで日曜日に買い求め、月曜日に子ども達に本物の黒たまごを見せ、昼食後に味わってもらう心づもりです。当初は二人で行く予定でしたが、私が体調が思わしくなく、日曜日も行けるかどうか心もとないため、急遽娘を助っ人に頼んだようです。企業戦士(古い言葉で今では死語かもしれません)ならいざしらず、常日頃から自分のための遊びの延長に思われている仕事ぶりに、何故体調を崩すのかどうも理由が見いだせないようです。

当日の朝も寝ていた私のところに来て「行けるの」という鶴の一声に思わず反射的に直立不動で「大丈夫です、行きます」と答えたのが、運の尽きでした。
行程は時間を考えると新幹線こだま号で小田原まで行き、後は小田急箱根フリーパスで行く方法が時間的には早いのですが、その分お金もかかります。また優雅なデート気分を考えると、新宿から小田急箱根フリーパスを使い、小田急ロマンスカーで箱根湯本まで優雅に行く旅もあります。しかしながら根が貧乏性の私はJR小田原駅まで使えるJRから発売している1日限りの休日お出かけパスを迷わず買い求めました。2,670円で指定された関東のエリア内を1日乗り降りが可能です。一番廉価ですし、無駄もありません。箱根まで乗り換えが煩雑にありますが、鉄道好きな私にはむしろ楽しみです。横須賀・総武線快速で大船まで行き、そこで東海道線に乗り換え小田原まで行き、後は小田急の箱根フリーパスで一路大涌谷を目指します。
しかしそれも体調が良い時の話しで、佐倉駅から横須賀・総武線快速に乗車した時から微熱と寒気がする最悪のコンデイションでした。寒気がして乗り換えも億劫です。それでもどうにか小田原駅に着き、小田急で箱根湯本駅まで行き、箱根湯本から強羅までは登山鉄道、強羅から早雲山まではケーブルカーに乗り後は箱根ロープウェイが一般的です。しかし事前情報でケーブルカ―の終点の早雲山と大涌谷の箱根ロープウェイーが点検のために休止しており、代行バスで運転しているので、多少は混雑していると聞いてはいましたが、甘い考えでした。
冬のこの時期なので、観光客もそれほど多くないだろうと思っていたら、外国の方も結構いらっしゃいました。
早雲山でバス待ちに小1時間、それから代行バスで道路渋滞もあり約1時間近くかかりました。結局大涌谷に着いたのは午後1時前でした。JR佐倉駅を午前7時前に出発してから約6時間近くすぎていました。
寒気が止まらず、微熱もあり、寒いので早く暖かな場所で昼食をとりたいとの私の要望よりも、先ずは黒たまごが売りきれないうちに購入ということで、黒たまごを買うにも行列ができており、30分ほど並びながら黒たまごを無事に買うことができました。
昼食では何か消化の良い身体に優しい物にしようかなとメニューを見ながら思案していると、「気合いが足りないから具合が悪くなるのよ、活を入れる意味でもカツカレーにしなさい」と私の脳裏に神の声が聞こえ、いつの間にかカツカレーを注文していました。
しかしながら、さすがに神様だけに、献立を見ただけで美味しさがわかるお力には驚くばかりです。確かになかなか美味しいカツ(活)カレーでした。食後の珈琲を飲み、後は一路帰宅するだけです。当初は帰りに横浜の中華街に行こうかと予定していましたが、往路の時間と私の体調が思わしくなく、今回は断念しました。
食事を終えた後、家人と娘が大涌谷の写真やビデオを撮影して、赤組の子ども達に見せるために、しばらく散策するとのことです。私は外の寒さの中、動く気力もなく、お店の外で待つことにしました。しかしながら待てど暮らせど戻らず、こちらは早く自宅に戻りたい一心です。約1時間ぐらいしてから戻ってきましたが、「楽しかったわ」という声にもうなずくだけで、問う気力もありません。復路は大涌谷から箱根ロープウェイで桃源台まで行き、そこから芦ノ湖の遊覧船に乗船し、箱根港からはバスで戻り、途中道路が渋滞しているので、箱根登山鉄道に乗り換えて箱根湯本から小田原に出て、横浜で途中下車して駅構内で夕食を食べ、自宅に午後11時ごろに戻りました。
後でタブレットで撮影した大涌谷の風景を見せてもらっていると、なんと映像の中にふたりでアイスクリームを食べている写真や楽しそうに遊んでいる様子が写っており、食後具合の悪い私をよそに、ふたりで楽しんでいることがわかり、ただ驚嘆するばかりです。今から老後が心配です。
何はともあれ、翌月曜日に赤組に無事に黒たまごを見せたり、食べさせることが出来、ほっとしています。
初めて黒たまごを見る子どもたちも多く、本当に黒いんだと不思議そうに見ている姿が印象的でした。
今回は体調も悪く、どこにも立ち寄ることが出来なかったので、今度はロマンスカーで優雅な旅でもしようと提案しましたが、にべもなく断られました。
箱根の山は天下の剣と呼ばれていますが、私にとっては、より高くそびえているようです。今度は何時になったら登ることができるのか、神様にお聞きしたいと思う今日この頃です。

小田原は提灯でも有名です。
CIMG1577 (800x600) (2)

CIMG1579 (800x600)

普段なら電車が好きな私ですが、今回だけは体調が悪く、楽しむ心境にもなれませんでした。
CIMG1580 (800x600)

CIMG1583 (800x600)

寒気がする私には温泉の湯気に見えて、お湯につかりたいと思えてしまいます。
CIMG1585 (800x600)

CIMG1586 (800x600)

苦労して購入した黒たまご。思い出深い一品です。
CIMG1587 (800x600) (2)

月曜日に赤組で見て、食べました。
CIMG1632 (800x600)

CIMG1626 (800x600)

CIMG1631 (800x600)

『あかぐみおんせん』用にと湯の花も購入しました。天然の湯の花です。
CIMG1637 (800x600)
  1. 2017/02/27(月) 23:46:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・卒園記念品 | ホーム | 続・音楽劇発表会予行練習2日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3093-cc6f72d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)