FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

外房御宿へ

今日は先週土曜日に行った保育参観の振り変えで休園させていただきました。スタッフも1月から劇の準備で連日夜が遅く、疲れもたまっているころだと思います。3日間休んで、英気を養って欲しいものです。
私は今日の代休を利用して副園長とふたりで音楽劇の資料集めに出かけました。例年この1月から2月の土日の休みを利用して、音楽劇のための資料蒐集に行きます。劇作りは基本的には副園長やクラス担任に任せていますが、何か相談がある時に劇の背景やこういう資料があるかもしれないという、どちらかというと裏の仕事のために、自分の学びも兼ねて出かけていきます。もちろん資料は子ども達と作る過程で使わないこともたくさんありますが、それはそれで構いません。とにかくできうる範囲で支えてあげるのが私たちの役目です。

なんといっても現場のスタッフが一番大変です。私は自分ことを言われるのは、立場上仕方がないと思いますが、現場のスタッフが理不尽なことを言われた時は守ってきました。スタッフにも最後の責任はきちんととるから、子どもの最善の利益を考えたうえでの保育なら、誰にも遠慮せず(保護者の皆さんごめんなさ)堂々と思い切ってやりなさいと常々話しています。
前置きが長くなりました。

今日は春一番のような強風でした。そんな中、外房総まで約2時間半、ドライブを楽しみました。私個人的には鉄道、家人は車となにをするにも合わないふたりですが、今回は色々と寄るところもあるかもしれないので、車に落ち着きました。車内の温かなっほっこりとした空気感も大事なので、出発前から家人の好きなお菓子や飲み物を用意したり、CDもチェックして抜かりなく、万全を期して出発しました。
目的地は外房の御宿にある「月の砂漠記念館」です。実は一度も訪れたことがなく、今回は砂漠を背景にするクラスがあるためです。
「月の砂漠」は有名な歌ですが、その歌詞に託した意味とまた作詞家加藤まさを氏と御宿のとのかかわりについては、初めて知ることばかりです。劇に直接使えるかどうか別として、歌詞の深い意味に感じいるものがありました。
また御宿で偶然入って食べた食堂も美味しく、唯一の心残りは海が見える喫茶店で海景色を見ながら二人で語りあう時間がなかったことです。「良い年をして、ひとりで勝手に思い浸ってください」とさるかたのお言葉が心に染みます。

CIMG1061 (800x600)

CIMG1064 (800x600)

CIMG1082 (800x600)

CIMG1092 (800x600)

CIMG1074 (800x600)

CIMG1085 (800x600)



  1. 2017/01/27(金) 23:57:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<良心的な商い | ホーム | 火事を想定した避難訓練>>

コメント

いつも楽しく拝見しております。今年の音楽劇発表会も楽しみにしております。園長先生をはじめ、スタッフの皆様のご尽力のおかげと感謝しきりです。
お連れ合い様との心温まらない(?)やりとりもこのブログの楽しみの一つ。今後も宜しく更新のほど、お願い致します!
  1. 2017/02/04(土) 15:56:09 |
  2. URL |
  3. 保護者 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

「保護者」さん、遅い時間に今晩は。コメントをお寄せくださり、どうもありがとうございます。またブログを楽しく拝見してくださっているとのこと、温かなお言葉に感謝するとともに、励みにもなります。
音楽劇もこのブログでも時々お伝えしていますが、子ども達もテーマの調べに余念がないようです。特に年長組は、自主的な勉強に励んでいる様子で、私達スタッフも気が抜けません。毎年のことながら、子どもたちの学ぶ意欲には驚かされます。やはり自分たちでやるという目的意識があるようです。どんな勉強もそうですが、やはり自立心と自律の大切さをこうした劇作りの時につくづく感じます。させてしまう勉強は、ある意味簡単ですが、先ずは「学ぶ」ことへの芽生えを大事にして、小中学校につなげていければと思います。
スタッフには常々当日の劇の発表の出来栄えもさることながら、途中の作る過程の中での子どもたちの心の揺れ動く気持ちを大事にして、共感し寄り添って作るように話しています。

家人とのやりとりはこのブログでご覧になっているとおりで、性懲りもなく恥も外聞も捨てて掲載し、また怒りをかって叱声されるパターンです。本当にいつになったら、心が温まり、通じるのでしょうか。
でもなんだかんだといいながらも、公私とも一緒にいる時間が多く時には他人から「仲が良さそうで」と言われるのですが、会話も「子ども」と「幼稚園」が主で、夕食もふたりで職員会議の続きをしているようなものです。
保護者さんのご夫婦の会話のほうがいつも新鮮で心温まる実り多いのではと、失礼ながら推測してしまいます。

話は変わりますが、先日日本テレビのニュース番組を作成している会社からこのブログを見てあるテーマで取材依頼がありました。園そのものの取材の訳はないし、きっと夫婦のあり方かなと自分勝手に推測したら、全く思いもよらない取材でした。一応受諾しましたが、なんともいえない昭和レトロのテーマでした。保護者の皆さんにもお話しする機会があると思います。しかしブログをはじめSNSの凄さには驚かされます。ブログも余計なことは書けないなと身が締まる思いです。
話がだいぶ横道にそれてしまいました。どうかお許しください。
またお気づきのことなどありましたら、コメントをお待ちしてます。どうもありがとうございました。
  1. 2017/02/06(月) 02:11:55 |
  2. URL |
  3. 園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3065-17420b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)