FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

火事を想定した避難訓練

今日は佐倉消防署4人の署員のご協力立会いの下、職員室奥の台所付近から出火したことを想定して、避難訓練を実施しました。今回は前回のようにクラス全員が保育室にいる状態ではなく、園児達が園庭や保育室等で自由に活動している状態の中での避難訓練です。あらかじめ計画した火災避難計画によりスタッフがそれぞれの決められた役割に基づいて「園児の命を第一に、速やかな避難」を念頭に動きました。
火災報知器のベルの合図で隣接する麦田公園までスタッフに誘導されながら避難し、クラスごとに人数を確認し取り残された園児がいないか等最終確認をします。園内では火災発生と同時に別のスタッフが各教室内を見回り、逃げ遅れた園児がいないか、各トイレ等全ての箇所を確認します。
無事避難終了後、私から公園内で「今日は訓練だが、火災報知機のベルが鳴ったら、今と同じように速足で避難すること」また「命はどこにも売っていない、お金では買うことが出来ない、世界で一番大事なものだから大切にするように」と話しました。

園庭に戻り、今回の避難訓練について講評をいただきました。園児達も駆けないで速足気味の速やかな避難とスタッフのあわてないスムーズな避難誘導にお褒めの言葉をいただきました。また取り残された園児がいないかを確認する時に遊戯室のカーテンの裏まで万が一に備えてめくって確認したほうが良いとアドバイスをいただきました。反省し次回からは実行したいと思います。
その後署員の方から園児達に避難際の合言葉*「おかしも」を教えていただきました。その後スタッフ全員で消火器を使った消火訓練を行いました。
また年中組と年長組は駐車場に駐車している救助工作車を見せていただきました。
私達もかけがえのない大切な子どもの命を預かっているということを改めて認識し、そのためにもこうした定期的な訓練の必要性を感じます。
ご承知のように、本園は平屋建てで出入り口が各保育室の前で園庭に面しているために、非常に素早く避難できます。今回も避難場所の麦田公園まで3分弱で避難が完了しました。またこじんまりとした人数で全園児と全スタッフが常日頃からお互いに知っており、また遊びを通して人間同士の気持ちのやり取りもできているので、園児達もどのスタッフに誘導されても不安なくスムーズに避難が出来たようです。こうしたことも「命と安全」を考慮した時に、目には見えませんが、子どもたちにとっても大きな安心感になると思います。そうした園の気風もこれからも大事に育てていきたいと思います。

おかしも   さない けない ゃべらない どらない

CIMG1039 (800x600)

CIMG1044 (800x600)

真剣に話を聞いていたようです。
CIMG1046 (800x600)

CIMG1047 (800x600)

CIMG1051 (800x600)

年中組と年長組で救助工作車を見せていただきました。
CIMG1054 (800x600)

CIMG1055 (800x600)

CIMG1056 (800x600)

CIMG1059 (800x600)
  1. 2017/01/26(木) 15:56:53|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<外房御宿へ | ホーム | 鬼ヶ島太郎からの手紙~鬼募集中~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3064-a22765b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)