FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

成人の日に思う

昨日、今日と全国各地で成人式のお祝いのニュースが報道されています。佐倉市内でも佐倉市民音楽ホールで地区ごとに3部にわかれて、開催されたようです。
「成人おめでとうございます」心からお祝い申し上げます。
ニュースの映像を見ていると、まばゆいばかりに晴れ着やスーツに身を包んだ若者達が会場内外で同級生たちと談笑している風景が映し出され、まさにこの世の春といった感じのように思います。
大人への仲間入り、どうぞ自覚と責任感を持って日々を過ごしてほしいですね。

良くも悪くもこれからの社会を担うのは若者や子ども達です。私を含め今の大人達が若者の範となるように立ち振る舞い等気をつけていきたいものです。また我が欲望のために若者たちの自立や自律を妨げてはいけません。
最近気になることのひとつに成人式への保護者出席が多く、会場内で親の席の確保に頭を悩ます自治体があると聞くと、首をかしげてしまいます。成人式にも出席する親がいることに正直驚きを隠せません。介助や着物姿のために会場までの送迎はともかく、会場内で一緒に式に参列するのはどうかなという思いです。
親の子どもに対する意識がここ何年間であきらかに変化しているように感じます。
子どものけんかに親が出ることで、折角の子ども同士が仲良くなるきっかけがなくなりがちなのは、何度かこのブログでも指摘したとおりです。

SNSの発達で人間関係が希薄になりがちで、つまずきやすい時代だから生身の人間同士のかかわりが大事ですし、そうした経験を積み重ねていかないと肝心の子どもの将来が心配です。しかしながらそうした杞憂と裏腹に過保護の保護者が年々増えているのも事実です。でも肝心の子どもにとって本当に必要なことはかえってなおざりがちにしがちです。時には黙って見守ることも愛情です。
親の満足感や欲望を子どもにおしつけては子どもにとっては良い迷惑です。成人式の親の出席もその延長と言ったら語弊があるでしょうか。そもそも子どもが親が来ることを嫌がり、来ないでくれと言われたら、一抹の寂しさはあるかもしれませんが、大人になった証と褒めてあげましょう。
家族でのお祝いは家庭内でそれこそ愛情たっぷりにしてあげればすむことです。
成人式は「ハレの公の場」ですから、大人として自分独りで出席する気概が欲しいですし、親もそうしたことを理解して欲しいものです。ちなみにある意味無条件でかわいがるのは誕生から幼稚園入園前が一番良い時期です。もちろんわがままはいけません。

話しはかわりますが、今日の昼頃に私用で市内寺崎陸橋近くにあるAOKI佐倉寺崎店に買い物に行った時に、ひとりの若い店員さんから「城南幼稚園の園長先生ですよね、卒園生の中島界斗です」と声をかけてくれました。偶然礼服を買いに行ったのですが、このような場で会えるとは夢にも思いませんでした。彼は男3兄弟の真ん中ですが、3人ともそれぞれに印象があります。彼も幼稚園時代はなかなかやんちゃな子どもらしい好奇心旺盛な男の子でしたが、今は立派な大人として頑張って働いているようです。さりげない接客の中にもプロとして商品知識を駆使しながら、一生懸命選んでくれている姿を見ているのは、とても輝いてみえます。
「幼稚園の思い出はある」と聞くと「たくさんありますよ、とても楽しかったし」「わたる先生(当時はそう呼ばれていました、父が存命で園長でした)のほくろパンはすぐにわかるし」と嬉しい言葉が返ってきました。
年に何度か卒園生が市内で声をかけてくれます。郵便局、薬局や飲食店で働いている姿を見る時もあります。
成人式の映像を見ながら、若者が自立しながら夢に向かっている姿が見られる社会にむけて、今を生きる大人が襟をたださないと改めて感じます
そっと自立と自律を見守りましょう。
*掲載当初は誰でも閲覧できるブログでもあり個人情報のこともあるので、当初は洋服店(A店)と卒園生(k君)と仮名にしていましたが、ご本人から実名でも構わないというお申しでもあり、実名にさせていただきました。(1月22日修正)

遅めの冬休みをいただき、家人と初詣に行きました。今年もふたりで仲良く過ごせますようにと心ひそかに祈りました。(笑)
CIMG0807 (800x600)

愛犬のミニチュアダックスフンドの老夫婦です。普段から仲が良く、どちらかというと雄がしつこくまとわりついて、時々怒られるようです。犬は飼い主に似るといいますが。(笑)
CIMG0651 (800x600) (2)

CIMG0655 (800x600)
  1. 2017/01/09(月) 19:10:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第3学期始業の日 | ホーム | 新春>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3050-f6a90ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)