FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

安全運転者管理者研修

昨日11月29日は千葉市市民会館で実施された平成28年度安全運転管理者対象の1日研修でした。安全運転管理者対象の研修は1年に一度法律で義務付けられています。一定台数以上の使用する事業所において、事業主や安全運転管理者等の責任を明確にし、安全運転を確保するために、安全運転管理者制度が設けられました。当学園では私が管理者になっています。佐倉地区や隣接する市町村でも講習はあるのですが、なかなか日程があわず、ようやく受講することができました。

毎回受講しながら思うことは、車はとても便利で人間が生活するうえでも欠かせない乗り物ですが、交通事故は決してなくなることはありません。私を含め、常日頃はどこか交通事故はついつい他人事の様に思い、自分とは関係ないと思いがちですが、いつ何時些細なことが原因で加害者にも被害者にもなる可能性があります。
こうした研修を受講するたびに、改めて事業所の最高責任者として送迎用の園バス2台を運行しているだけに、身が引き締まる思いです。運転手には安全運転第一と常々話し、運行時刻も焦らないように余裕をもって組んでいます。また保護者の皆さんの利便性と震災等の際を考慮して園バス位置情報システムを取り入れているのはご紹介した通りです。幸い本園は園バスをご利用してくださる保護者の皆さんのご理解のもと、あまり狭い道や住宅街の奥までは運行しないようにしています。出産前後等のなんらかの事情がなければ自宅近辺までの送迎はしていません。

話しは少しそれますが、「保育サービス」という言葉を近頃聞く時があります。園経営に関わる研修にいくと、たまにサービスの一環として自宅送迎を売り物にすすめる研修に出会うことがあります。私などはそうしたことを保育サービスということで置き換えることに違和感を感じますが、少子化の中、園を選ぶ保護者のニーズが一番大事であり、学校はそうした民間企業なら当たり前にしているようなことすら、便宜を図っていないと指摘する講師もいらっしゃいます。
以前、某研修でそうしたサービスと教育の関連が良く理解できない私は経営者として失格であると判定されました。(苦笑)
「保育サービス」という言葉を使うのは自由ですが、サービスをすることで失うものと得るものを考えた時に、常々話すように「子どもの最善の利益」をこれからも判断の基準にしようと考えています。
もちろん、そうした基準が我田引水にならないように、これからも自省しながら学ぶ気持ちを持ち続けたいと思います。

さて研修の内容は多岐にわたっていましたが、話しの中で千葉県は昨年度平成27年度の交通事故による死亡者数は180人で全国ワースト3位だそうです。そのうち亡くなられた方の半数以上を65歳以上の高齢者が占めています。また発生件数は18,650件で負傷者数は23,262人です。負傷者とひとくにいっても中には身体の機能が元のように戻らなかったり、脳障害になったりまた寝たきりになる方もいます。

交通事故による死者数の多い県
ワースト1位 愛知県213人
ワースト2位 大阪府 196人
ワースト3位 千葉県 180人
ワースト4位 神奈川県 178人
ワースト5位 北海道 177人

私も車の運転歴は35年以上になります。若い20代前半にバイクで確か15キロオーバーの速度違反と同じく免許取りたての時に駐車違反の道路と気づかずに駐車違反で一度切符をきられたことがあります。それから30年以上無事故無違反ですし、1種免許は園バス運転に必要な大型またけん引免許(トレーラー)や大型特殊を含め全て所持していますが、やはり自分の運転を過信したりすることが油断を呼び、大きな事故につながると思います。「運転すると人柄が変わる」という言葉がありますが、むしろ逆で「運転するとその人柄が出る」と理解したほうが良いと思います。
事故は一瞬です。このブログを読んでいる皆さんもくれぐれも交通事故にあわないように気を付けてください。昨日の研修の中でも講師の方が事故によっては、家庭が崩壊することもあるそうです。まして飲酒運転で事故を起こしたらすべてが終わります。
また研修の中で日野市にある「いのちのミュージアム」の話がありました。機会があったら、一度訪問してみたいと思っています。

平成28年度(一般社団法人)千葉県安全運転管理協会 交通安全年間スローガン
「こんばんは 早めのライトで ごあいさつ」
  1. 2016/11/30(水) 19:40:35|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<予行練習を終えて | ホーム | 花束>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/3020-e30802cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)