FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

秋のさつま芋ほり堀り遠足初日

少し風が冷たかったけれど秋晴れのもと、芋ほり遠足の初日を楽しむことができました。今日は緑組、黄組、桃1組でスタッフと園児だけで行きました。
芋は今年5月に年長組が苗を植えてくれました。品種は「べにはるか」です。芋苗の様子は5月9日付のブログにその時の様子が掲載されています。お蔭様で今年も豊作で、それぞれの子どもさんなりに思い思いに掘ってくれたようです。畑を篤農家の方からご厚意でお借りしているので、苗植えから途中の生育観察、収穫と観光農園等ただ掘りに行く以上に、五感で学ぶ経験ができます。
芋ほりの割り当ては年長組は6株、年中は5株、年少は4株です。
明日は青組、赤組、桃2組を予定しています。芋ほりの様子は明日のクラスもあり、子ども達の口から様子を伝えたいことも配慮して、あえてさつま芋のみを掲載します。さつま芋の世界には「メタボ」という言葉はないようで、肥っているほど喜ばれるようです、私も自分の身体を振り返りながら、時々愛おしくなります。
以前芋ほりの時に、土の中から大きく肥えた芋を掘り当てた園児が「わあ、園長先生みたい」といった言葉に、うなずいてしまった自分がいました。今年も私と同じ体形のさつま芋達との出会いに何故かほっとしています。(笑)

DSC_2014 (800x534)

DSC_2036 (800x534)

CIMG0275 (800x600)

園児達は素手で掘ります。五感で土の感触を知るのも大事な学びです。
DSC_2024 (800x534)

芋の「しぶ」が手につき、水で洗ってもなかなか落ちません。こうした体験も素手の芋掘りでしか経験できない学びです。
ちなみに「しぶ」はお風呂に入り、石鹸で洗えば落ちます。
DSC_2050 (800x534)

  1. 2016/11/07(月) 23:26:26|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2日目 | ホーム | 続・オータムフェスタ2016に向けて~初登場・新しい企画の誕生~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2997-661116e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)