FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

続々・運動会に向けて

先日までの厳しい残暑が嘘のように秋らしい少し肌寒いぐらいの陽気でした。このところ気温が変わりやすいせいか、体調を崩しやすい子どもさんもちらほらいますので、気をつけてください。今週末は佐倉の秋祭り、翌週は待ちに待った第52回目の大運動会です。当日はひとりの欠席者もなく、全園児で楽しみたいと願っています。

練習も佳境に入ったようです。今日は年中の大玉ころがしと年長の綱引きの審判をしました。さすがに園児同様に駆け足行進こそできませんが、なんとか審判はできます。
今年は年長の綱引きの入場のやり方を少し変えてみました。従来の紅白体操4列で入場するとどうしても無理があるので、新しいやり方でしてみました。子どもたちが無理なくスムーズにいけるかどうかを検証したうえで判断したいと思います。
子育て支援事業「のびのびすくすく」でも今月は運動会にちなみ紅白玉入れをしたようです。

もともと運動会は「空高く馬肥ゆる秋」のことわざではありませんが、屋外で運動するには気候が良い秋の行事で、残暑も過ぎて秋雨前線の心配もない10月に行われていました。昨日の体育の日もそうした天気も勘案して制定されたようです。それがいつしか5月や6月の春に行うか9月に行うかが大半のようです。本園は9月の残暑が過ぎた後ぐらいからぼちぼち練習をしはじめ、丁度10月の中旬から下旬が丁度良い時期になるようです。

幼稚園では春は新入園児が園生活にはまだ慣れていないので、そもそも無理があります。小学校では最近は春に行う学校が年々増えてきています。それぞれに事情があると思いますが、入学したばかりの1年生は学校に慣れたばかりですし、上級生のお兄さんやお姉さんともお互いに面識もなく関係も希薄だと思います。そういう状況の中で皆で応援しようと言われても、学校生活の中でお互いにもう少し知り合ってからのほうが、応援のやりがいがあるように思えるのですが、いかがでしょうか。
私個人的には澄み切った秋空になびく万国旗の下で行うのが好きです。特に今日の爽やかな秋風の中で行っている練習風景を見ていると、何故か幸せを感じてしまいます。

練習を終えた年中組に代わって、年少組が園庭で表現(遊戯)の練習をしていると、手前の紅白帽子をかぶっている年中組の何人かが思わず一緒になって応援を兼ねて踊っていました。相変わらず微笑ましい光景です。
DSC_1617 (800x534)

DSC_1619 (800x534)

年長組の綱引き風景
入場の時に紅白にわかれて、綱を引く前にハイタッチでエールを交換します。
初の試みです。ハイタッチは喜んでしていたようですが、初めてということもあり、スムーズには行かなかったようですが、無理なくできれば、良いかもしれません。
DSC_1627 (800x534)

DSC_1628 (800x534)

DSC_1631 (800x534)

DSC_1632 (800x534)

DSC_1636 (800x534)


  1. 2016/10/11(火) 22:07:00|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋の新作ケーキ | ホーム | ウサギ小屋からの脱出>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2968-d2622d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)