FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

旗体操

今日は初めて旗体操の旗を持って入場の練習をしました。運動会演目の最後の種目です。いつの頃から始まったか記憶にありませんが、私が勤めていた頃にはすでに行っていました。
卒園生にとっても懐かしいようで、運動会の時に、音楽に合わせて一緒に体操する様子を見かける時があります。
今日も曇天でしたが、秋空に子どもたちの持つ青と白の旗が翻りました。旗の音も一興です。 将来の子どたちへの思いをこの旗に託したいと思います。

私事ながら、今日の年長の綱引きの練習をしている時に一緒に駆け足行進をしている時に右足に痛みがはしりました。綱引きの審判はなんとかしたのですが、痛みが引かず満足に歩けないので、放課後念のためJR佐倉駅近くのN整形外科にいくと、右足ふくらはぎの肉離れで全治2~3週間で絶対安静との診断でした。
幼稚園に勤めて早30年近くになりますが、今までこうした怪我はなかっただけに正直ショックでした。
思わず先生に来週の佐倉秋祭りと翌々週の運動会の参加ができるかどうかの是非の確認をお聞きすると、しばし沈黙の中、痛み次第かなとのお言葉です。でも1週間後は厳しいかもしれませんとのお言葉でした。
お祭りは昨年も母の喪中で参加できなかったので、今年は地元鏑木町のお神酒所のお手伝いをと張り切っていただけに残念です。でも無理をして翌週の運動会で審判できないのはもっと困ります。

しばらくはできるだけ足を使わずに、安静にするようにとのことです。さすがに園を休むわけにはいきませんが、できるだけ安静にして自己管理するしかありません。
保護者の皆様には足を引きずった状態でお目にかかることもあるかもしれませんが、どうかお許しください。
家人にしばらく園と自宅の送迎をお願いするかもしれないと話したら、「えー」とのけぞり絶句していました。
「片足で自転車をこげないの」(無理です)
「歩くことでリハビリにならないの」(絶対安静で動かすと悪化)
「いつまでしなくては いけないの」(気持ちはよくわかります 私も早く治したい)
「大袈裟に言っているだけかも、大丈夫よ」(何が大丈夫なの)
夫婦仲が良くわかる会話を楽しみました。

常日頃スタッフに健康管理を話していながら、私がこのような思わね怪我をしてしまい、恥ずかしい限りです。焦らずに運動会に審判として参加できるように、安静に努めたいと思います。自分では若いと思っていても、肉体は確実に衰えているのですね。自分を律しないといけません。
運動会では保護者競技として綱引きを予定していますが、参加される前に入念な準備運動をお願いします。


右手に持つ白い旗は「純粋な心」左手に持つ青い旗は「素直な心」を表します。
DSC_1630 (800x534)

DSC_1627 (800x534)




  1. 2016/10/05(水) 18:49:01|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<10月誕生会 | ホーム | 運動会は誰のためにするのか>>

コメント

お大事に

ご家族様との会話に笑いきれないものがある我が身を振り返り、日々の行いを反省しています。
運動会では元気なお姿を拝見できますように!
  1. 2016/10/13(木) 21:29:16 |
  2. URL |
  3. 保護者 #-
  4. [ 編集]

Re: Re: お大事に

> 「保護者」さん、今晩は。心温まるお見舞いのお言葉をおよせくださり、どうもありがとうございます。
> まったくもってブログでお話したとおりです。怪我をして改めて健康のありがたさを感じています。
> 普段は何気ない当たり前のことが、なってみてはじめてその価値に気づくものだと、つくづく感じています。何故か卒園児の保護者の方も知っており、先日も路上でお会いした時に、大丈夫ですかと声をかけてくれました。
> 子ども達も優しい言葉をかけてくれ、常日頃「園長ブタゴリラ」と馬鹿にされがちなだけに、余計しみじみと園児達の温かな言葉に心を癒されています。城南幼稚園の子どもたちは優しい子ばかりです。保護者の皆さんの薫陶の賜物と思います。
>
> 家人との会話は何時もあのような感じです。お互いに家庭と仕事がいつも一緒なので、遠慮がありません。但し幼稚園は結婚前の独身の女性も多数いますので、夢と希望を壊さないようにしようということで、会話もかろうじて平静を装っています。(笑)
> また子ども達も家を離れているので、今現在は夫婦ふたりで過ごしています。そのせいか家人は子どもが幼稚園時代がある意味大変なこともあったが、振り返ってみると、一番親子のふれあいが深められた時間が過ごせて良かったと、時々思い出したように話しています。子どもと手をつないで歩けるのも、この幼稚園時代が黄金期だと思います。
>
> 僭越ながら、「保護者」さんもこれからも子どもさんを真ん中にして、素敵な家庭での時間をお過ごしください。自分で自分を振りかえ自省されることは、なかなか出来そうでできないことだと思います。おつれあいの方もきっと温かくご理解して、見守られていることと思います。
> 私もそうですが、男はなんだかんだと、いくらえらそうに言っても所詮女性の手のひらの上で踊っていると思います。出産、子育て等女性の偉大さにはいつも頭が下がる思いです。本当に良い意味でたくましいと尊敬しています。
> また機会ありましたら、おやじの会で一杯やりながらお話したいものです。
>
> コメントをお寄せくださり、どうもありがとうございました。またお気づきのことなどありましたら、投稿をお待ちしてます。
> お蔭様で足もだいぶ良くなりました。運動会では声高らかに審判をするつもりでいます。
  1. 2016/10/14(金) 23:42:27 |
  2. URL |
  3. 園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2962-17508beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)