FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

鬼ヶ島太郎からの手紙

心なしか日が伸びはじめ、春が恋しくなる今日この頃です。あの思い出すだけでも悍ましい節分から早2週間が過ぎようとしています。先日のブログでもご紹介したように、職員室前の廊下には園児達の勇気を称えるために、節分の写真を飾っています。私はまだ怖くて足早に通りすぎますが、園児達は時折眺めては友達同士で何やら話しているようです。、私も気持ちが落ち着いたら、鬼の写真めがけて豆をぶつけながら「鬼は外、福は内」と叫んで、溜飲を下げたい気持ちです。

本日郵便ポストを開けると、判読しにくい乱雑なでも見覚えのある字で書かれた手紙が私と園児達宛にそれぞれ届いていました。差出人を見ると、あの思い出すだけでも不愉快な気持ちになる鬼ヶ島太郎です。

今晩はこのブログを読んでくださっている皆さんにもご紹介しますが、あまりにも品のない内容や表現また文意も読む相手のことなど全く考慮せず、自分の気持ちだけを延々長々と書いている自己本位の手紙です。
正直、この「園長ブタゴリラブログ」のような上品な奥ゆかしい気品あるブログには似つかわしくない手紙のため、掲載するにあたり大分躊躇しましたが、園児宛の手紙も同封されていましたので、あえて全文を掲載いたします。
もしお読みになっていくうちに、気分が悪くなる方がいないとも限りませんので、お読みになる前にあらかじめ一言お断りしておきます。申し訳ありませんが、身体の変調をきたしても責任は負いかねます。それでも大丈夫という方のみ、ご一読ください。
しかしながら鬼ヶ島太郎の知性と品性を知るには良い機会だと思います。

手紙の紹介(原文のまま)
「やいやい、ブタゴリラ園長、相変わらず無聊をかこっていることだろう。今年の節分も例年のごとく鬼が怖くて園を休んだそうだが、本当にあきれた情けない奴だ。
いつものように家で布団を被って寝ていたそうだな。根性無しなやつだ。だからあまえはつれあいにいつも叱られ、怒られているんだ。お前のつれあいが「私の人生の最大の悲劇は貴方と結婚したこと」と周囲に話していると噂で聞いたぞ。初めてオータムフェスタで桜男に扮した恰好を見た時は、絶句して三下り半をつけられ、でもおまえが泣いて懇願したと聞いたぞ。その時からお前はつれあいの忠実な僕になったそうだな。恐妻家として知らぬ者はいないらしく、電話がかかると直立不動で受け取り、声が緊張するそうだな。本当に情けない奴だな。いつも金魚のふんのようにくっついて、どこに出かける時もご機嫌取りに精を出しているそうだな。大馬鹿者。
大体いつもへらへらとしていて、およそ園長らしからぬ薄汚い風体だから、初めて来園したお客さんが隣席の園バスを運転するK先生を園長として間違えて挨拶するのだ。たまには背広を着たりするなどきちんとした服装をしろ。少しは紳士らしいお洒落な恰好をしろ。もっとも世間一般と違い、昼食は弁当持参(最近は作ってもらえず自分で作るそうだな)又は給食なので、小遣いがあまりもらえないと聞いているぞ。出かける時は三拝九拝して、ようやく恵んでもらえると聞いているぞ。もっとも無趣味のお前だから別に使うところはないだろう。まあ洋服も満足に買ってもらえないようなら、今度乗っ取ったあかつきにはお前には俺たちが愛用している虎の皮のパンツを履かせてやろう。その前にダイエットにしっかり励むように。
今年も昨年と同じ豪華メンバーの4匹の鬼で満を持してお前の園を乗っ取りにきて、一時は成功したと思ったが、最後は不覚にも負けてしまった。やはり園児達と先生達の力はたいしたものだ。トップがトップだけにたいしたことないと、たかをくくっていたが、残念だ。もしかしたら反面教師として学んでいるのだろうか。
勇気ある子ども達と先生達には叶わなかったが、来年こそは負けないぞ。来年の2017年2月3日が楽しみだ。お前には嫌悪感しかないが、園児達はとてもかわいいものだ。手紙を同封したので、かならず届けるように。来年は満を持して行くぞ。今年は4匹だが、来年はよりたくさんの鬼達を連れて行くぞ。今から覚悟するように。
どうぜお前のことだから、節分前に一目散に逃げ出し、「森のウッドデッキ近くに柊があるから頑張ってね」と声をかけるのが関の山だろう。園長自らが、かかってこんかい。ぶつかってこんかい。お前には「勇気」がないのか。「頑張る気持ち」がないのか。俺様はそういう蛞蝓野郎が一番嫌いで、虫唾がはしるわい。
最後に俺様を含め、今年の鬼たちを紹介してやろう。来年の節分に向けて、すでに各自で鍛えているぞ。俺様もメタボを克服するべく鍛えようと思案しているぞ。来年の節分が楽しみだ。あばよ。鬼が島幼稚園・園長・鬼が島太郎 」

「じょうなんようちえんの おともだち、こんにちは。おにがしまたろう です。おぼえてくれていたかな。きくところに よるとわたしたちの しゃしんが かざってあると きいていますが ほんとうですか。 うれしいですね。
さて ことしの せつぶんでも きみたちのゆうきと こわさに まけないで がんばる きもちには ほんとうに かんげきした。なきながら まめを なげたり する こどもも みかけたぞ。
こんどは わたしが、きみたちの えんちょうに なり、いっしょに あそぼう。 ブタゴリラえんちょうは きもいから、みなさんも いやでしょう。「パンやに みっつの ほくろパン ふんわり まるくて おいしそう・・」といつも ほくろパンの へんなうたを うたっているし。
こんどの 2がつ27日のどようびに おんがくげき はっぴょうかいが あると ききました。ぜひ たのしんでくださいね。
うたは おぼえたかな せりふは おぼえたかな おともだちと いっしょに ちからを あわせて つくることは すばらしいと おもいます。ざんねんながら みることは できないが、おにがしまから おうえんしています がんばってくださいね。
いつも にこにこ おげんきで」(原文のまま)

来年は負けないぞ。
DSC_1547 (800x534)

改めて順不同で紹介しよう。今年の鬼たちだ。

鬼が島野球倶楽部でもエースとして活躍している「鬼ダル」だ。
毎年乗っ取り作戦には駆けつけてくれ、今や欠かすことができない存在だ。今年も早朝から足を運んでくれました。鬼ヶ島株式会社に勤務しているが、この日のために有給休暇を取得することは社内でも有名で、エールを送られてくるようです。
今年も自慢のバットで豆を打ち砕いて頑張ってくれていたようだ。休日は鬼ヶ島少年野球チームのコーチのボランティアをしている野球や子どもを愛する好人物だ。
現在は4月に開幕する鬼が島リーグの優勝に向け、キャンプインして練習に励んでいるようだ。来年こそは悲願達成のためにも、得意の剛速球とバットの振りで是非とも今年の敵を討って欲しいと願っています。


DSC_1558 (800x534)

DSC_1560 (800x534)


3年連続で参加してくれたサッカーやフットサルが好きな「鬼吉」だ。子どもたちを怖がらせるというコンセプトに向けて、より化粧にもこり、その卓越したメーキャプの技術はプロさながらだ。前述した鬼ダルと同じ鬼ヶ島株式会社に勤務しているが、有給休暇を取り参加してくれました。鬼ヶ島少年サッカークラブで休日はコーチのボランティアをしており、子ども好きなやさしい鬼だ。
鬼ヶ島サッカーリーグでも活躍をしており、走力と軽い身のこなしで、投げる豆をものともせず、奮戦してくれました。
来年以降も是非とも参加して、力を貸していただきたいと切に願っています。どうぞよろしくお願いします。

DSC_1553 (800x534)

DSC_1556 (800x534)

昨年のデビューに続いて今年も参加してくれた「ゴン太」だ。2年目にしては実に余裕ある堂々とした鬼ぶりは誰もが認めるところだ。今年は舞台上で子どもの気持ちを掴み、早くも鬼っ子として鬼ヶ島に連れて行こうとする郵便作戦はなかなかでした。
有給休暇をとり、家族(子ども)にばれないようにと、家から出るときから人間界に行くことを心配させない心遣いある家族思いのやさしい鬼だ。
今年は新しい眼鏡をつけ、豆を防ぎ奮戦してくれました。若手の鬼らしくスマホで会社や友人や知人たちにも情報発信してくれたようです。
来年もお力を貸していただき、ともに戦いましょう。ご参加を心からお待ちしています。
DSC_1549 (800x534)

DSC_1552 (800x534)

ご存知鬼が島幼稚園の園長だ。佐倉城南幼稚園を虎視眈々と狙い、人間界での鬼が島幼稚園の分園を作るのが夢で、毎年節分の日に来るが、子ども達の勇気と力に負けてしまう。今年も仲間を誘い、乗っ取りにくるが、園児の勇気にいつも負けているようだ。
メタボなお腹を臆することなく堂々と出しながら、神出鬼没であちらこちらに現れる。子ども達を怖がらせ泣かすことを生きがいとしており、子どもの親の気持ちなどどこ吹く風だ。「鬼は鬼らしく、子どもは子どもらしく」が信条だ。
最後は鬼と子どもで仲良くハッピーな流行を忌み嫌い、本来の節分の伝統の継承に熱心だ。

園長を務める鬼ヶ島幼稚園は有無を言わさないスパルタ教育で知られ、見た目や派手なことで親の心を掴みとることに長けている。「幼稚園は大人とともに」また建学の精神は「最善の利益は入園決定権を握る大人に還元すること」をモットーにいち早く親のニーズを掴み、「園児が来てなんぼ」という学校を教育の場というより商売の場として見ている。
鬼ヶ島幼稚園と真逆な城南幼稚園の教育方針等が大嫌いで、「子どもとともに」という合言葉を忌し、子どもの最善の利益を戯言としている。私生活では超恐妻家で知られ、いつもおびえているようで周囲からは時にはあきれられているほどだ。
結婚前はアウトドア(キャンプ)、カヌー、鉄道旅行等多趣味だったが、結婚後は仕事以外の時間は全てご機嫌伺いに費やされるほどだ。いつ三下り半を突き付けられるかと、日夜心配している。減量を口にしているが、ついつい誘惑に負けがちで、案の定、怒られているようだ。 自業自得かもしれません。
DSC_1562 (800x534)

DSC_1565 (800x534)
  1. 2016/02/18(木) 18:24:39|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初春の新作ケーキ | ホーム | 三寒四温>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2777-635bcdf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)