FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

初冬のひと時を楽しむ~永山克雄氏の蒔絵のうつわ展・うつわや季器楽座にて~

昨日は初冬の午後、家族3人で茨城県水戸市にある「うつわや季器楽座」で開かれている永山克雄氏の「蒔絵のうつわ展」(12月4日~12月23日)に出かけました。2年ぶりの個展で、ご案内をいただいた時から楽しみにしていました。圏央道が開通し佐倉市から水戸市のギャラリーまで2時間弱で行き、ずいぶん便利になりました。途中山々の紅葉の景色を楽しみながらのドライブになりました。一昨年にも個展があり、その時に訪れて以来です。子どもたちが小学生の頃までは沖縄県にある氏の工房に遊びに訪れる機会もあったのですが、中学生や高校生になるとそれぞれに予定があり、以前のようには行きません。それでも折に触れ手紙等で近況を教えていただいたり、ブログを拝見させていただいています。子どもたちが幼少の頃に家族で工房で染付けの体験させていただき、その時のご夫妻の教え方と人柄に魅了されて以来お付き合いをさせていただいています。時折漆工房「ニライカナイ」のHPのブログを拝見するのも楽しみです。

また会場の「うつわや季器楽座」も相変わらず雰囲気も良く、照明もほど良い感じの明るさで、ゆっくりと落ちついた雰囲気の中で作品を見せてもらいました。私は漆工芸には疎いのですが、漆の色使いや氏の住んでいる沖縄の意匠を取り入れた漆工芸の作品類は見ていてあきることがありません。また今回は琉球ガラスに絵付けされた作品類も展示されていました。丁寧な細やかな作品を眺めるたびに、人柄が反映されているのが頷けます。ご夫妻で会津から縁もゆかりもない沖縄に移住され、工芸への志は揺るぎなく高いのですが、それを表に出さず、とても自然体な感じの素敵なご夫妻です。

今回は自分へのご褒美にゴーヤの絵柄の弁当箱と家族分の琉球ガラスのコップまた氏の作品を知ってもらいたくて来客用の菓子皿としてわたぼうしの絵柄の小皿を買い求めました。芸術作品として飾るというよりは普段の日常生活の中に漆器を使って欲しいという永山さんの思いを大事にしたいと考えています。お蔭様で子どもたちのご飯茶碗や汁椀また皿等も何年使っていますが、とても使い勝手も良く丈夫です。長い目でみたらかなりの値打ち物です。日々の食生活の中で素敵な器に食事を盛って出すだけでも、とても豊かな美味しい食卓風景になると思います。料理屋や珈琲店で食器に気を使うのもうなずけます。

個展を楽しんだ後は、隣接するカフェで、冬の日の真っ暗に沈んだ窓越しに見える欅の大木を見ながら、ゆっくりと静寂な時間の中でときおり家族のおしゃべりに興じました。
今回で3度目の訪問ですが、晩秋か今日のように初冬にしか訪れたことしかないのですが、今度は春や夏にも訪れてみたいのものです。カフェから眺める風景も四季折々に風情があると思います。また豆から丁寧に挽いてくださる珈琲や自家製ケーキもとても美味です。メニューに馬路村の柚子を使った飲み物があるのも嬉しいですね。馬路村は柚子で有名です。私も実は愛用しています。
帰途、玄関を出るとすっかり暗くなった闇のとばりの中で、ライトアップされたもみじの紅葉が鮮やかでした。

秋から冬にかけては運動会、芋ほり遠足、入園募集、オータムフェスタ、音楽発表会等行事続きで忙しい日々を送っていただけに、久しぶりにゆっくりとした一時を過ごし、リフレッシュすることができました。
機会あれば、また沖縄も訪れてみたいのですが、しばらくはお弁当箱を見ながら郷愁にひたる日々になりそうです。
写真は展覧会等の様子です。掲載許可をいただいたので、ご案内します。

「うつわや季器楽座」外景
DSC_1061 (800x534)

DSC_1066 (800x565)

DSC_1070 (800x534)

DSC_1080 (800x534)

DSC_1086 (800x534)

DSC_1093 (800x534)

DSC_1091 (800x534)

DSC_1089 (800x534)

ライトアップされたもみじ
DSC_1097 (800x534)

漆工房「ニライカナイ」 HP有。
「うつわや季器楽座」水戸市米沢町195-3 電話029-246-1411 www.kikirakuza.com
  1. 2015/12/07(月) 11:20:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クリスマスツリー | ホーム | 音楽劇発表会>>

コメント

ありがとうございます

水戸市まで遠いところを、お出でいただいてありがとうございました。そのうえあれこれお買い上げいただいて本当にありがとうございます。井出さんご夫妻のような方が教育に携わるのはとてもすばらしいことだと常々思っています。どうぞこれからも頑張ってくださいね。またお会いできる時を楽しみにしています。
  1. 2015/12/12(土) 17:54:22 |
  2. URL |
  3. 永山 克雄 #-
  4. [ 編集]

永山さん、今晩は。コメントをお寄せいただきどうもありがとうございました。過分なお言葉をいただき、恐縮しています。
お蔭様でブログにも書かせていただきましたが、2学期行事が続いたり、個人的にも色々な研修や対外的な仕事が多く、休みもとれなかっただけに、展覧会を見せていただき、カフェで久しぶりにゆったりとした心安らぐ一時になりました。
こういう仕事をしている以上、時には心身を休め感性を磨くことが大事だと、頭ではわかっているのですが「言うは易く行うは難し」の言葉が頭をよぎります。(苦笑)
それだけに、漆や琉球ガラスの作品の数々を見せていただきながら、自然との対話の大切さを改めて教えていただいたように思います。また海月のユーモラスな絵付けも興味深く見せていただきました。永山さんもそうだと思いますが、私もこの仕事が好きですし、確かに責任者として日々色々な事もあるのですが、園児に遊んだもらったり、生き生きとした子どもらしい姿を見せてもらえることが一番の楽しみです。
そうした園生活の中でやはり自然の中で幼児期に五感を通して感性を磨く大切を、こういう時代だからこそ余計に感じています。
実は今新しく園としてのささやかなプロジェクトを計画しています。年明けになるかもしれませんが、出来ましたらまたお手元に送付させていただければありがたいです。
またいつかお目にかかれることを楽しみにしています。どうもありがとうございました。
  1. 2015/12/13(日) 17:58:48 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2723-c3907a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)