FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

送別会

昨日(日付では一昨日)無事に卒園式を終えた後、皆で会食をして午後からは常日頃世話になっている法人役員の方や近隣等に卒園の祝い菓子を持参して卒園生を送りだし、今年度終了した報告を兼ねてご挨拶に回りました。
その後、クラス分けの最終確認やまた来年度の人事の案作り等忙しい一時でした。
夕方から送別会を開き、スタッフとしてご縁をいただき、幼児教育に携わっていただいたことへの労をねぎらいました。
長い間、ありがとうございました。

P1080305 (800x600)
  1. 2015/03/23(月) 01:07:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<春もすぐそこまで~ブログもしばらくお休みです~ | ホーム | 平成26年度第50回卒園式>>

コメント

お世話になりました

いつも優しく接して下さった先生とのお別れ。寂しいはずがあまり理解をしていない事はある意味で本人にとって救いなのかもしれませんね。しかしたくさんお世話になったことをいつか思い出し、懐かしむような気持ちになった時に本当の感謝の気持ちが湧いてくるでしょう。ずいぶん先になり申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・年少の親としてはいくら感謝しても仕切れないくらいお世話になりました。心からのお礼と今後のお幸せを願ってやみません。短い期間でしたが本当にありがとうございました。
  1. 2015/03/25(水) 10:20:55 |
  2. URL |
  3. 保護者 #-
  4. [ 編集]

保護者さん、コメントをお寄せくださり、どうもありがとうございました。お礼のご挨拶がすっかり遅くなり、失礼いたしました。
おっしゃるとおり、子どもさんはなかなか気持ちの上で「別れる」という意味が大人の感覚とは違うかもしれませんが、そこがまた子どもの特性(良さ)かもしれません。
私としては出来るだけ長く勤務してもらえるとありがたいのですが、個々の個人的な事情もあり、また普通の会社と違ってクラス担任を持つということは1年間を通して見守るという、それなりの責任があるのは、幼稚園教諭として誰もが自覚しています。割り切ってしまえば良いのでしょうが、良心的に考えると難しい問題です。
送別会の席上、3人の先生達も感無量でした。I先生も初めて年少を受け持ち、思い出もたくさんあったようです。いつもお話させていただいていますが、保護者の皆さんの温かな見守りがあるからこそ、1年間子ども達と一緒に向き合えたと思います。保護者さんもそうしたおひとりでした。深謝しています。
子どもさんも4月からは年中組ですね。始業式で会えることを楽しみにしています。
またお気づきのことなどありましたら、コメントをお待ちしています。どうもありがとうございました。
  1. 2015/04/01(水) 18:41:28 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2527-ffd23983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)