FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

研修

昨日は*野育の会が主催する研修会に参加してきました。今年から立ち上げ、このブログでも何度か研修会の様子を紹介しています。
会場は東京学芸大学附属幼稚園です。前身は明治37年に開園した「東京府女子師範学校附属幼稚園」で、歴史ある幼稚園です。副園長先生から園庭をご案内していただきながら、園庭と幼児の生活のかかわりについてをお聞きしたりまた研修では園児を取り巻く環境についていくつかの講義が行われました。夕方までみっちり中身の濃い内容でした。
土曜日またあいにく小雨交じりの肌寒い天候でしたが、たくさんの参加者がいて、特に若手の先生たちが熱心に勉強されていたのが印象的です。

幼稚園は大学のキャンパスの一角にありますが、大学の構内もひろびろとしています。1月に京都大学にも行きましたが、やはり国立大学は一般的にキャンパスは広く恵まれているようです。
P1080042 (800x600)

P1080040 (800x600)

園庭の池です。あいにくの雨降りで水が濁っています。
P1080062 (800x600)

テーブルの下が炉になっていて、火が燃やせます。
P1080064 (800x600)

P1080073 (800x600)

P1080070 (800x600)

昔の郵便ポストがありました。私個人的にも手に入れたいですね。本物ですと、郵便ごっこをしているのでより楽しめるのではとついつい思いがちです。
P1080077 (800x600)

隣接した場所にプレーパークがあります。あわせて見学しました。
「自由に遊ぶためには自己責任」ということを謳っています。
P1080043 (800x600)

P1080044 (800x600) (2)


P1080055 (800x600)

蛍が飛び交う小川が流れています。
P1080052 (800x600)

中学生が冒険心丸出しで楽しそうに遊んでいました。
P1080056 (800x600)

*野育の会
「園庭・野外での野育を推進する会」の略称です。NPO法人で、私も個人会員です。
「野育」とは子どもに「野生」を取り戻させてあげたい、そのため「野」すなわち野外、野原に放ちたい。子どもは「野」で、生まれ持った「生きる力」を育んでいく。そのために生涯の礎となる幼児期に、生涯を生き抜く野性を磨き上げる体験が思い切りできる園庭をつくり、また園外を活用していくことを推進する目的にこの法人を立ち上げました。(挨拶文からの抜粋)
保育園や幼稚園での見学および研修を意欲的にしています。HPがあります。「野育の会」で検索してみてください。



  1. 2015/03/08(日) 21:26:08|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<椿 | ホーム | お内裏様とお雛様>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2518-b4635c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)