FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

第2学期終業の日

今日で第2学期終業の日です。朝の集まりの時に冬休みの約束を話しました。
・家の手伝いをする。
・知らない人には決してついていかない
・道路で自転車に乗る時は気をつける。特に交差点を通過する時は左右を見て気をつけて横断する。

幼児に話す場合はあまりたくさんの内容を話してもかえって覚えきれず逆効果なので、長々と話すことはしません。子どもたちからはいつも「園長先生の話しは短い」と不評(?)のようですが、個人的には二言三言で十分かなと思います。時間にして1、2分以内です。
いま思えば私の小学校時代の校長先生は朝礼の時の話が長くて、その長さだけがいまでも覚えています。
もしかしたら、その反動もあるかもしれません。でも講演などで話の上手な人に出会うたびにうらやましく思います。
職務上、また最近は年をとるにつれ色々な場所で話す機会が増えましたが、相変わらず不得手です。
趣味と実益を兼ねてたまに都内の寄席に行くのですが、噺家の「間のとりかた」等勉強になります。
いまだに電話よりも手紙のほうが悪筆乱筆でありながら好きです。それに電話は相手の時間をいきなり奪うのである意味困る時があります。最近でこそメールがあるので、ずいぶん助かっています。それなりに忙しい時もあるので、手紙はいつでも読めるし、繰り返し読めます。外出した時など素敵な写真レターがあるとついつい買い求めてしまいます。

園児達には来年1月8日第3学期始業の日にはまた元気な姿で会いましょうと話しました。
今年は例年より早くインフルエンザも流行っているようです。学区内の小学校でも学年閉鎖や学級閉鎖が聞かれます。
皆様どうぞお気をつけてください。

今学期も様々な写真を撮影し、そのほんの一部はこのブログでも掲載しましたが、この写真は印象に残る1枚です。
子どもの自由な発想でどんどん書き足していったものですが、子どもが自分で考える時間はとても大事です。
以前このブログでも幼児期の絵画や造形作品の大人の視点からの賞つけはどうかなということを述べました。絵でも音楽でも芸術(文化)活動は自由に楽しめる環境を保証し、そこから導き時には教えてあげることが一番大切なような気がします。
最近はどうも順番が逆のような気がしてなりません。
2007-06-23 25年11月22日学生実習 036 (2) (800x493)
  1. 2014/12/19(金) 22:34:54|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬至 | ホーム | ミニコンサート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2467-27d118f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)