FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

先週の出来事から・その2~じゃがいも芋ほり~

6月28日(金)、全組で大篠塚にある園で借用している畑にじゃがいも掘りに行ってきました。
学年ごとに園バスに分乗して畑まで行きます。園から畑までは約15分ぐらいで、南図書館の近くです。
今年の3月に今の年中・年長が種芋を植えてくれました。その時の様子は3月10日付のブログに掲載しています。
年少は3株、年中と年長組は4株掘りました。

園で使用しているラインマーカー(石灰ではなく炭酸カルシウム)で目印をあらかじめ引いておき、その白線と白線の間が自分が掘る場所になります。
2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 003 (800x536)

年少組にとっては初めての体験です。畑について先生から約束事を伝えます。
2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 004 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 010 (800x536)

白線と白線の間を掘るのですが、どうしても子どもによって個人差があり、じっと土とにらめっこしたり、ひとつふたつ掘ってお終いにしたり、越境して頑張りすぎる子ども等見ていて実に様々で、さすが3歳児らしいと思います。時には先生の手を借りながら掘り終えた子どもいたようです。
2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 008 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 012 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 018 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 020 (800x536)

掘り終わった子ども達から手を洗い、園バスを待ちます。
たらいを3つ用意して順番に汚れを落としていきます。
2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 049 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 038 (800x536)

年中組
2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 041 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 045 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 047 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 053 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 054 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 055 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 060 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 056 (800x536) (2)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 061 (800x536)

年長組
年少や年中組の時の経験や5歳児という年齢もあり、誰もが意欲的に掘り、職員の手を借りることはほとんどありません。お休みした友達の分を掘ってあげたり、もっと掘りたいという声が聞こえていました。
2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 066 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 069 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 064 (800x536)

子ども達は素手でじゃが芋を掘ることが大事です。五感で土や芋の感触をつかみながら掘り当てる経験が感性を育みます。
こうした芋ほりですと大概の幼稚園では保護者のお手伝いをお願いすることが多いと聞きますが、本園では教職員と子どもとで実施します。確かに職員の負担もありますが、園児達には自分でできることは自分でする自立を育んでもらいたいと思います。
2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 034 (800x536)

2014-06-27 平成26年度6月27日ジャガイモ掘り・ 027 (800x536)
  1. 2014/06/30(月) 01:20:33|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<一足早い真夏の夜の夢~佐倉城南幼稚園スタッフデビュー予定~ | ホーム | 先週の出来事から・その1~歯科検診~>>

コメント

ありがとうございました

泥んこになった我が子の様子から、先生方のご苦労が伝わってきます。ご対応ありがとうございました。芋掘りの様子を興奮してまくし立て、自ら収穫したであろうお芋を夢中で食べておりました。食事が出来ることのありがたさ、大変さを学ぶ貴重な機会であったと感謝しております。
  1. 2014/06/30(月) 23:07:00 |
  2. URL |
  3. 保護者 #-
  4. [ 編集]

保護者さん、今晩は。コメントをいただきどうもありがとございました。
子どもさんがご家庭に帰られてからの芋掘りの様子をお話しする様子や自分で掘った芋を食べている風景を想像すると、とても嬉しい幸せな気持ちになれます。ありがとうございます。
すぐに頑張って掘ったじゃが芋を食卓に出してくださった母としての思いが、子どもさんにとっても嬉しいことではと推察します。自分の好きな人が話を聞いてくれる、自分の気持ちを共感してくれる等こうした日々の生活の中での親子のやり取りが信頼が深まり、絆が強くなるように思います。子どもさんが思春期を送り、社会の一員の一歩を踏み出す時に、こうした幼児期の親子同士の体験が生きる力の基本になります。残念ながら後からでは難しいかなと。
芋ほりを終えた後、何人かの子どもが話していました。「おかあさんに芋を見せたい」と。

そういうことを考えると、ブログにも書きましたが、こうした行事での保護者参加はどうでしょうか。違う学年の保護者ならまだ話はわかりますが。内輪の話で恐縮ですが、昨日と今日2日間、放課後職員と畑に出向いて残りの芋を掘ったり片づけに連日午後6時過ぎまでいました。確かに保護者のお手伝いがあれば、楽ですが、子どもの心の成長を思うとどうかなと思案してしまいます。

私たち保育者(城南幼稚園)にとって「子どもの最善の利益」だけがある意味すべてです。
親は申し訳ないけど、ごめんなさい。
又お気づきのこと等ありましたら、コメントをお待ちしています。
固くなった話をお許しください。でも私個人的には今晩はAKB48で楽しみます。
  1. 2014/07/01(火) 20:17:34 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2328-e53a57c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)