FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

先週の出来事から・その1~歯科検診~

6月26日(木)
今日は歯科健診を行いました。
園の嘱託医で望月歯科クリニックを開業されている院長の望月敬先生が行ってくださいました。
先日の内科健診のI先生もそうですが、園児一人ひとりを丁寧に見てくださり、助手として用紙に記録していたK先生から望月先生はやさしくて、子ども達の挨拶ににこやかに笑顔でかわしてくれたり、泣きそうな子どもにも大丈夫だよと声をかけたり、落ち着くまで待っていてくれたんですと後で教えてくれました。
子ども達特に3歳児ですと不安になる子どもいますが、全員健診をすることができました。
健診を終えた後、1時間近く今日の歯科健診の結果や子どもの歯について等教えていただいたり、今の世情等色々な話題に花が咲きました。特に印象深かったのは地域医療の担い手として貢献したいという思いから積極的に活動されているお話です。今は市内の歯科医院でも歯科医師会に入会しない人も多く、それ自体は確かに自由で強制するものではないのですが、学校医や地域の啓蒙活動を考えた時に入会しないとできないこともあり、ボランティアをする上で大事なことですとお話されていました。
私もその気持ちはよくわかります。今も微力ながらボランティア的な活動にいくつか関わっています。その原点は大学時代に部活動とは別に教育学部の友人達が立ち上げていた障がい児の子どもたちの活動に係るサークルに参加したことでした。毎週日曜日に活動があり、夏にキャンプに行ったこともありました。特に自閉症児(今はこうした言葉は使いません)とのかかわりが主でした。
今から30年以上前ですから、当時はそうした障がいの原因等わからないことも多く、「微細脳損傷」という言葉が注目を浴びていたように思います。少しでもそうした子どもたちに寄り添えればと思い、専門書を読んだり様々な研修にも行きましたが、親特に母親の自分の育児の仕方や妊娠中の生活から我が子がそうした障がいになったのではないかと、今では考えられないことですが当時は原因がはっきりわからないことが多々あり、わが身を責める言動を前にするとすべてが無力な思いにとらわれてしまい、いつしか足が遠のいてしまいました。今思えば恥ずかしい話です。その後食物アレルギーに関心を持ち始め、大学を卒業してからもそうしたアレルギー児のサークルを少しお手伝いした時期もありました。
ボランティアの無償の精神は大事ですし、むしろそういう場所と時間をもらえるというありがたみが大事です。
話は前後しますが、内科健診のI先生も望月先生の子どもさんもともに卒園生で元保護者ということもあり、幼稚園のことや今の実情はよく知っていらして、親の問題も含め色々と大変でしょうと逆に慰めてくださいました。
保護者の皆さんに下記のことに留意して欲しいとのことです。

・以前に比べ子どもの虫歯はだいぶ少なくなってきているが、乳歯でも虫歯がある子どもは必ず治療しましょう。永久歯に生えるときにもかかわってきます。また虫歯は自然治癒はありえません。
・噛むことを大事する。あごの発達、脳の発達にも大事。
・歯磨きの最後の仕上げは必ず親が見る。小学校低学年までは子どもだけでは無理で、磨き残しがある。
・フッ素は有用、フッ素入りの歯磨き粉を薦める。
・1歳や2歳で歯磨きをする時に子どもが泣いているからと、親がかわいそうといってやらないようにしないで、きちんと歯磨きをやる。食後は歯磨きをする習慣を幼児から身につけて欲しい。

今日の検診の結果は、近く手紙にてお知らせしますが、前述した先生の話にもありましたが、むし歯のある子どもさんは早めに受診してください。
虫歯の治療は親の責任ですし、乳歯だからといってほおっておくと永久歯に生え変わるときに歯並び永久歯に影響を与えるなど色々な弊害があります。また小学校低学年までは自分で歯磨きをしてもどうしても磨き残しがあるので、必ず最後は親が確認してください。

2014-06-26 26年度6月26日歯科検診 011 (800x536)

2014-06-26 26年度6月26日歯科検診 002 (800x513)
  1. 2014/06/29(日) 13:50:00|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<先週の出来事から・その2~じゃがいも芋ほり~ | ホーム | ウサギとともに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2326-021e2599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)