FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

百聞は一見に如かず

先週は県の書類提出や連合会の集まりやその他諸々用が重なり、ブログが書けませんでしたという弁明というか言い訳から始まります。年長遠足の紹介もまだですし、ごめんなさい。理事長、園長、事務長の3役兼用は考えなくてはと真剣に思っています。
またこのブログの写真はいまだにデジタルカメラで撮影して、いったんPCにデータを落としてから、記事とともに掲載しています。以前から知人の先生達からスマートフォン等で撮影すれば瞬時に掲載できるし、どこにいても写真と記事が書けるよと勧められています。確かに出張等を考えた時に、一理あるかもしれません。
私個人的にはいまだにガラ携と呼ばれる携帯電話を愛用していますが、震災等に備えて普段使わないのですが、スマートフォンも立場上所持していますので、その携帯電話で写真と記事を掲載したあかつきにはご報告したいと思います。

さて昨日、今日と2日間横浜市内で新しく立ち上げた研究会のセミナーと園見学があり参加してきました。研究会は「園庭・野外での野育を推進する会」で、NPO法人(申請中)として全国の仲間に呼びかけました。今回も北は北海道から西は兵庫からお見えになられたようです。「野育」とは子どもに「野生」を取り戻させてあげたい、そのため「野」すなわち野外、野原に放ちたい。子どもは「野」で、生まれ持った「生きる力」を育んでいく。そのために生涯の礎となる幼児期に、生涯を生き抜く野性を磨き上げる体験が思い切りできる園庭をつくり、また園外を活用していくことを推進する目的にこの法人を立ち上げました。(挨拶文からの抜粋)
理事のA先生から声をかけていただき、1泊2日の日程を満喫しました。初日は国内初の常設の遊び場「羽根木プレーパーク」で日本初プレリーダーとして有名なA先生の講義等を拝聴、2日目は川和町にある園庭を含め子ども主体の保育を実践され、日本でも有名なK保育園にほぼ1日見学させていただき、また園長先生から保育への思いやこの園庭を作り上げてきた歴史等の話をお聞きしたり、また参加者同士の活発な討論や保育へのそれぞれの思いを聞き、全国各地で頑張っている姿に勇気づけられました。
K保育園は以前から話や本等で噂だけでは聞いていたのですが、実際に見学させていただき、「すごいな」というのが率直な感想です。やはりトップの理事長や園長次第で園は変えられると改めて思います。いかに園長の保育への思いや勉強が大事かと自省する思いです。もちろん現場を知らなければ、絵に描いた餅で終わります。
この会も毎月のように見学会があるので、できるだけ訪れて、学ばせてもらおうと思っています。井戸の中の蛙にならないように心しないといけません。

P1080703 (800x531)

名言です。この言葉を見た時に感激しました。いいなあ。
P1080672 (800x561)

遊んでもらいました。かわいかったなあ。
P1080599 (800x531)


  1. 2014/05/25(日) 23:18:54|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新しく仲間入り | ホーム | 抜け殻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2293-10f9bf6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)