FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

個人面談

昨日、今日の2日間保護者の皆さんとクラス担任との個人面談を行いました。暮れのご多用の中、ご足労をいただきどうもありがとうございました。
クラス担任から普段の家庭とは違う子どもの集団(幼稚園)の中で友達と関わりながら心身の成長を育む様子を常日頃の個人記録を基にお伝えしたり、家庭での様子をお聞きしながら共通の願いでもある子どもの成長についてお話しさせていただいたことと思います。

私も自分の子どもの幼稚園時代につれあいの都合がどうしてもつかず、一度個人面談に伺ったことがあります。
日頃の家庭でのしつけが露呈して、園にご迷惑をおかけしているのではないかとご叱責を覚悟して、いささか緊張しながら臨んだ覚えがあります。
狭い世界ですので、担任の先生も私のことは知っていますし、後で聞いたところによると、まさか母親の代わりに私が現れるとは思わず、驚いていささか緊張されたとお聞きしました。もちろん、いち保護者とし出向き、面談では園や先生に信頼し任せているので特に要望もなく、むしろ園での生活を通して家庭で至らない点等あったらと教えを乞いました。特にないとのことでわずか3、4分で終わりました。今となっては良い思い出です。もっとも最近の面談は素行面もさることながら当然学校の成績が焦点になるので、お互いに押し付けるところがあり、平日は私が仕事で難しいと話すと、いつも仕事に逃げていると叱責されます。大きくなったらなったで親として悩みは尽きないものです。
やはり子どもが成人するまでは親として子どもへの責任がありますし、子どものことは家庭の問題であり、最終的には学校ではなく親の責任だと思っています。学校はただ冒頭話したように集団の中でしか育めない力を伸ばすところです。
その辺の認識を親がきちんと持っていないと、親はともかく子ども自身が将来不利益を被ることになりかねません。

2日間の個人面談を終え、クラス担任から報告を聞く中で、「その子を見れば親がわかる」「この親にしてこの子あり」という格言がまんざら嘘でもないなと自省しながら噛みしめています。
個人面談で伺ったお話をこれからの保育にもいかしていきたいと思います。

明日、明後日の2日間は大掃除をする予定です。2013年も残すところわずかとなりました。
明日以降は時間が許せば2学期の保育等でこのブログでご紹介できなかった記事の掲載を考えています。不定期になりそうですので、その点だけはあらかじめお許しください。

写真は暮れのご挨拶にいただいた「いちご大福」です。外房の昔からある老舗の和菓子屋さんで作っています。一つひとつ苺を手で餡を包みながら作っています。もちろん防腐剤や保存料等一切使っていないので、つくったその日が消費期限です。
今の時代に手を広げず目の行き届く範囲で商いをする姿勢には敬意を表します。苺もどうしても大きさがそろわず多少微妙な大きさの違いがあるので、機械では包めず、手で餡を包むと聞いたことがあります。幼稚園もこうした姿勢は学ばなくてはと心しています。
2013-12-24 25年12月 003 (800x520)
  1. 2013/12/26(木) 00:06:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2学期の保育から~年長組佐倉消防署見学~ | ホーム | クリスマス・イブ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2160-6dcc60fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)