FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

晩秋を楽しむ

秋日和の日が続きます。昨日は平成26年度の入園手続きがありました。保護者の皆さんと短時間ですが、面接をさせていただきながら、初めてご縁をいただく方には本園の入園希望の理由を教えていただきました。
教育方針に魅かれて、園庭の自然環境の豊かさ、園の温かな雰囲気、教職員の対応等色々お話される中で、皆さん誰もが真剣に我が子の入園に際し、親の都合ではなく子どもが生活する視点で考慮された点に改めて敬意を表するとともにありがたいことと深謝しています。皆さんの思いをかみ締めがら、これからも園(集団)でしかできない学びを育める環境の充実に向け微力をつくしますので、どうかよろしくお願いします。

今日は秋も深まる中、久しぶりに仕事の予定もなく、つれあいとふたりで茨城県水戸市にある「うつわや季器楽座」で開かれている永山克雄氏の「蒔絵のうつわ展」(11月1日~11月17日)に行きました。案内をいただいた時から行きたいと楽しみにしていたのですが、日程がとれず、最終日にようやく間に合いました。車で約2時間の行程です。一昨年にも個展があり、その時に訪れて以来です。以前家族で工房で染付けの体験をして以来、何度か氏の漆工房「ニライカナイ」(HP有)に遊びに訪れています。

今回2年ぶりに訪れましたが、ギャラリーも相変わらず雰囲気も良く、ゆっくりと落ちついた雰囲気の中で氏の作品を見せてもらいました。私は漆工芸には疎いのですが、漆の色使いや氏の住んでいる沖縄の意匠を取り入れた漆工芸は見ていてあきることがありません。作品に人柄が反映されているのも頷けます。
子ども達に日々の生活の中で使う汁椀と夫婦で使う飲み物を入れる器を買い求めました。
その後、隣接するカフェで、借景の竹林や庭の欅を眺めながら、深まりゆく秋の風景を楽しみました。
このところ慌ただしく、時間に追われがちな日々を過ごしていただけに、珈琲と自家製のシフォンケーキとともにゆっくりと静寂な時間の中でふたりで過ごすことができました。

*うつわや季器楽座  http://www.kikirakuza.com

2013-11-17 25年11月17日晩秋 020 (800x600)

2013-11-17 25年11月17日晩秋 018 (800x600)

2013-11-17 25年11月17日晩秋 013 (800x516)
  1. 2013/11/17(日) 23:58:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小春日和 | ホーム | 音楽発表会に向けて>>

コメント

前回に引き続き、お忙しい中遠いところを訪れていただきありがとうございます。
実は私たちはこのギャラリーを訪れたことがなく、オーナーご夫妻に頼りきりなのですが、
入り口のたたずまいや、中の様子もよくわかる写真をアップしていただきありがとうございます。
こちらのブログはいつも拝見して、幼児教育に対する姿勢に感心しつつ、
またこどもたちがのびのびと、人間性豊かに育っているさまを楽しんでいます。
またいつか、お会いできればと願っています。
  1. 2013/11/20(水) 19:47:15 |
  2. URL |
  3. 永山 克雄 #-
  4. [ 編集]

永山さん、コメントをお寄せくださり、どうもありがとうございました。
お蔭様で個展を拝見させていただきながら、ゆったりとした豊かな時間を過ごすことができ、つれあいともども感謝しています。
素敵なギャラリーでした。拙い写真と文章なので、その良さをどこまでご紹介できたかはなはだ心もとないところもあるのですが、すごく落ち着いた温かな雰囲気です。
オーナーの方とお話しさせていただく中で、お店に展示されている作品への愛着を感じ、まるで我が子をいとおしむような様子です。
隣接するカフェも自然風景を上手く取り入れ、木をふんだんに使った内装とともに、落ち着いたくつろげる空間を醸し出しています。
四季折々の自然を感じられる魅力的なカフェです。もちろん珈琲や自家製ケーキの美味しさはいうまでもありません。(味は個人差がありますが)

ブログを読んでくださっているとのこと、どうもありがとうございます。お褒めのお言葉、これからの激励のエールとありがたく励みにさせていただきます。でもこうした教育方針を貫けるのも、ご理解されてくださっている保護者の皆さんやスタッフのお蔭です。「いいお店はいいお客が育てる」の例え同様、幼稚園も同じことが言えると思います。本園は他園に比べ、決して保護者にとって利便性が高かったり(給食の回数が多かったり園バスが自宅近くまで送迎する等)、また今流行りの教育(教科的な英語、絵画や体育指導)をしている訳ではありません。もちろん行う必要性のない教育上の理由はきちんとありますが。
それにつけてもこじんまりとした私の目の行き届く範囲内の小さな普通の幼稚園です。
それでも少子化の園児募集でしのぎを削る中、来ていただけることは大変ありがたいことです。

10年前ぐらいでしょうか、はじめて貴工房にお邪魔して、漆体験をまだ小学校低学年の自分の子ども達に根気よく教えてくださり、しかも上手にほめながら、漆の楽しさを教えてくださったありし日のことを今でもよく覚えています。その時に改めて「人に教えるというよりも、楽しみながら自然とやる気を引き出す教え方に」に感銘するとともに、失礼ながら永山さんご夫妻が沖縄の地で漆工芸をされながら過ごされている生き方にも敬意を表しています。
子ども達も大きくなり、なかなか家族で出かけることも難しいのですが、機会ありましたらまたお会いしたいと思います。どうぞお元気でお過ごしください。コメントをありがとうございました。
  1. 2013/11/21(木) 09:41:06 |
  2. URL |
  3. 佐倉城南幼稚園・園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/2125-4e5691c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)