FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

幼稚園の雰囲気~運動会を見学して~

 3連休のうち一昨日、昨日と佐倉市内4園、四街道市1園の運動会を見学させていただきました。以前のブログでも話しましたが、良い勉強になります。ありがたいことです。我孫子市の1園は私が法人の理事をしているのですが、時間的にどうにも都合がつかず残念ながら伺えませんでした。

 秋日和の中、5園ともそれぞれの教育方針のもとに運動会を行っていました。毎年お互いに行き来しており、プログラムや園児の演技を拝見しながら保護者の方とは又少し違った視点から見ていました。園児の表情はもちろんですが入退場時の保育者の立つ位置や園児への言葉掛け、BGMの選曲や音量、プログラムの順番、何かの事情で参加できなくなった園児への対応、先生が笛を吹く時の視線と子どもから見たときの先生の位置等実に色々勉強になります。そして5園それぞれの運動会の醸し出す雰囲気がとても違います。その雰囲気の違いを思考しながら分析するのも良い勉強です。
 このことはどの雰囲気が良いとか悪いではなく、それぞれの園の日常の保育に結びついているように思います。何故なら日頃の園児と教師が醸し出す雰囲気が現れるからです。ゆったりしている雰囲気でしたら、保育者に余裕がある証拠です。子どもを大事にじっくり保育していると思います。ぴリぴりしていたり、せかせかと慌しいようでしたら、もしかしたら余裕がない証拠かもしれません。進行とはあまり関係はありません。

 来年度子どもさんの幼稚園入園を考えている方がこの記事をお読みでしたら、幼稚園の運動会を見学した際の感じた雰囲気も参考にされるとよろしいかと思います。園見学も同じです。
ある方がそうした言葉ではなかなか説明できにくい醸し出す学校の雰囲気について「空気の教育」という本を書かれました。なかなか面白かったです。

 この雰囲気は幼稚園に限らず、飲食店や販売店でも同じだと思います。ただそうしたお店でどうかなと思ったら2度と行かなくもすみますが、幼稚園は毎日子どもが通園しよほどのことがない限り転園することはありません。選ぶのは親ですが、実際に通うのは子どもです。そのギャップが時には悲劇を生みます。
 是非実際に園児が生活している時に親子で見学され実際に園庭などで遊んで行かれることをお勧めします。
 本園の雰囲気は? どうかお見えになった時に是非忌憚なくご判断ください。

 今日8日は「体育の日」です。この日にちなんでの写真です。この帽子は本園の運動会で園長がかぶる「紅白帽」です。別名「がんばり帽」と呼ばれています。大勢集まる運動会当日でもすぐに園長の所在がわかる優れものです。
でもそれ以上に園長は園児の競技の時には審判をします。審判として中立である以上は、赤白どちらにも応援できないが、赤白どちらにも力を出し切って頑張って欲しいという願いが込められています。


20071008213300.jpg

  1. 2007/10/08(月) 21:33:30|
  2. 幼児教育への思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋の果物~くるみ・その1~ | ホーム | 平成14年度卒園生(青組)の同窓会がありました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/20-0203c4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)