FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

春雨

今日は4月下旬とは思えない雨の降る1日でした。遊戯室(ホール)で思いもいに遊びに興じていたようです、あいにく来客続きでゆっくり子ども達と過ごせなかったのが残念です。
園庭の木々もいつのまにか若葉が生え、だいぶこんもりとしてきました。雨に濡れた木々の緑が鮮やかです。
「雨」はとかく否定的に思われる時がありますが、生活するうえでとても大事な自然現象です。子どもたちにとっては園庭に出れないので、「雨か」と思われがちです。前々から考えていたのですが、雨の日でも夏のように暖かければ雨具を着て雨の日の園庭散策も楽しいかもしれません。水たまりなんて最高の遊び場かもしれません。大人なら誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。長靴を履いてどこまでいけるか、泥水で底が見えないだけに、いつの間にか縁から染み込んで、汚して叱られたとか。砂利道でこぼこ道でアスファルトが少ない時代に幼児期を過ごしたおじさんの戯言と言われればそれまでですが。

もうひとつ私の夢をお話しましょう。雨の日の園庭も良いのですが、夜の幼稚園も楽しいかもしれません。自園内で宿泊保育(お泊まり保育)を行っていれば、夜の幼稚園で過ごすのも可能ですが、本園は草ぶえの丘でお世話になっているので機会がありません。折角なら幼稚園ごとお化け屋敷にしたりするのも面白いかもしれません。
夏期保育でプールができない時に遊戯室でお化け屋敷をすることはあるのですが、それでも結構泣く子がいます。おやじの会や小学生にお願いしてボランティアでお化け役を募集しましょうかなあ。冬は節分で鬼が来て、夏はお化けがやってくる。夜の幼稚園とお化けのコラボレーションはいかがでしょうか。


この写真の人形はお化けではありません。精巧な人体模型です。年長向けに内科検診の際に身体の構造を教えるために模型を見せて、説明します。出してきた時に、もののはずみで中の臓器が全部ばらばらになってしまい、皆で図鑑を見ながら、一つひとつ組み立て直しています。手前味噌ですが、スタッフは明るくてチームワークも良いようです。良く来客の方から皆さん明るいし挨拶が良いし、園に入った時の雰囲気(空気)も良いですねとお褒めの言葉をいただきます。保育業者さんはあちらこちらの幼稚園や保育園に出入りしているだけに、余計思われるみたいです。こういう仕事は特に「人」が財産なので、ありがたいことです。でもそのスタッフを育成してくれるのは園児と園の保護者です。スタッフが素晴らしいのは裏を返せば保護者が素晴らしいからです。園に建設的な意見を言っていただけるのならまだしも、幼児教育とずれが大きすぎる考えの保護者や見た目や出来栄えだけの評価で判断する方ばかりですと、スタッフも子どもよりも親のほうばかりに気持ちが向いたり、ついつい萎縮したり、派閥を作りがちです。それが園の雰囲気を変なほうに醸し出します。
卒園して小学校に行かれた方から、園によって本当に保護者の雰囲気が違うとショック交じりにお話を聞かせていただくことも度々です。
2006-11-24 25年度4月24日園庭風景、人体模型 059 (800x518)
  1. 2013/04/24(水) 18:59:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<水たまり | ホーム | 学校を通して親も学ぶ>>

コメント

初めてコメントします。

初めてコメントします。
のびのびすくすくで豆まきをして、私と子どもが写真に写っているのをみつけてから親近感が湧き、それから毎日ブログを読んでいます。
雨の日の園庭遊びは、寒くなければ賛成です。マンモス団地で育ったので公園が多くあり、子どもの頃は雨が降ったら長靴を履いて、雨水の溜まった公園脇の側溝に数人で並んで入り、歩くと波が立って長靴の中まで水が入り、何度も長靴を逆さまにして水を出してはまた遊び、今度は大きめの葉っぱを舟にして浮かべたりして遊びました。
なるべく土を払わずに雑草を引っこ抜いて、あめんぼのいる水たまりに投げ入れて、田植えごっこなんていうのも好きでした。
着替えも持たせているし、雨の日の園庭遊びは問題ないように思います。
夜の幼稚園も楽しそうですね!マンモス団地内のとある幼稚園のすぐ側に住んでいて、お泊まり保育は幼稚園で1泊しましたが、目と鼻の先の距離でも家とは全然違い、ご飯もお風呂も寝るのも大勢で、結構大きくなるまでおねしょしていた私は、お泊まり保育でもおねしょした記憶があります。
夜は保育室の一室がお化け屋敷になり、子ども二人と先生の三人で入るのですが、天井から人形が紐でぶら下げられていて、子ども達が近づくと仕掛け人の先生が人形をブラーンと揺らし、キャー!となるのですが、引っ込み思案で恥ずかしがりで人見知りの強かった私は、恐怖と驚きのあまり息を飲み、一言も発する事もなく先生の服を掴んで進んだのでした。
昼間はみんなパンツ一丁になり、好きな絵の具を体中に塗り、友達同士で塗り合ったりして遊び、夜はキャンプファイアをしたのも覚えています。先生方は大変かと思いますが、雨の日の園庭遊びと夜の幼稚園のお化け屋敷、是非実現してほしいです。
それから、人形の臓器がバラバラになったそうですね!ブログを読みながら想像して吹き出したほどなので、私と子どもがその場に居たら、お腹を抱えて涙を流して大笑いです(臓器をお腹に戻す作業をされた先生方ご免なさい)!
これまでもブログを読みながら吹き出した事があり、今日は思いきってコメントしました。文章を書きながら、漢字は正しいのか不安な所もあり、ブログにも改めてこの意味は何だっけ?と思う事があるので、辞書を引っ張り出して、またコメントします。







  1. 2013/04/24(水) 23:06:26 |
  2. URL |
  3. happy go lucky #UWkUkPvA
  4. [ 編集]

ありがとうございました

happy go lucky さん、コメントをお寄せくださりどうもありがとうございます。またブログをお読みくださり、重ねて感謝いたします。
幼児期の思い出を読ませていただきながら、その時の様子が想像つき、読みながら吹き出しそうになりました。(失礼をご寛容ください)でもそうした幼児期の体験は意外と大人になっても忘れないものです。通われた幼稚園も楽しそうな幼稚園ですね。仕掛け人の先生はさぞ楽しんだことと思います。でも宿泊保育の様子を読むと、遊び心がある先生たちがいる素敵な幼稚園のような気がします。ボディペインティングやキャンプファイヤーなど準備が大変だけど、子どもたちが喜び家庭では体験できない活動を考えている園は先生同士のつながりも良いものです。

雨の日のエピソードも良いですね。「田植えごっこ」がまた泣かせますね。
人形の臓器がバラバラになってしまった時は実際皆で笑ってしまったようです。NEO図鑑「人間」を参考に結構時間をかけながら組み立てていたようです。
是非また機会ありましたら、コメントをお待ちしています。私個人的にはいまだツイッターもフェイスブックもしないというかできないのですが、つぶやき風でも歓迎です。
雨の日の幼稚園も前向きに考えてみようかと思案しているところです。
  1. 2013/04/26(金) 00:35:02 |
  2. URL |
  3. 園長 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1930-201b6c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)