園長ブタゴリラ☆ブログ

劇遊び~イメージをつかむ その3~桃組

桃組(年少3歳児》が忍者の劇をするため、忍者がいた頃の時代(江戸時代)の家の様子を知るために佐倉市宮小路にある武家屋敷を訪れました。麻賀多神社の近くまで園バスで行き、そこからくらやみ坂を登り約10分ほど歩いて武家屋敷に着きました。途中椿が咲いていて、「おはようブック」に張るシールと同じ花を見つけたと喜んでいたのが印象的です。

武家屋敷では管理する方から子ども達に昔の生活用具や展示品等の説明もしてくださいました。
子ども達には当初少し難しいかなと思いましたが、予想以上によく見ていました。中には忍者のように足音を立てないで歩く子どもいました。鎧や兜も人気がありました。
忍者がいた頃の時代の家屋敷のイメージを感じてくれると嬉しいのですが。

今回の見学に際し、武家屋敷を管理されていた3人の職員の方々に大変お世話になりました。ありがとうございました。
この場を借りて、改めて感謝申し上げます。

20080222015846.jpg


20080222015905.jpg


20080222024014.jpg



20080222015936.jpg


20080222015957.jpg


20080222020227.jpg


・今の水道の役割をしていた井戸のお話

20080222020245.jpg



・昔の台所

20080222020307.jpg


・人気のあった鎧と冑

20080222020339.jpg


20080222020433.jpg


・傘の役割をしていた蓑について

20080222022023.jpg


・室内の展示品見学

20080222022045.jpg


・靴もきちんと揃えて脱げるようになりました

20080222022110.jpg


・人気のあった窓 

20080222022129.jpg


20080222022856.jpg

  1. 2008/02/21(木) 23:57:14|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐倉の武家屋敷 | ホーム | 研修>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/184-566574b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)