園長ブタゴリラ☆ブログ

音楽劇

3月1日(土)の音楽劇に向けて各クラスごとに準備しています。以前ブログで触れましたが、年中、年長組はあらすじ(脚本)から子ども達と話し合いをしながら作りますが、そのあらすじ作りの段階から担任は色々と悩んでいるようです。子ども達から色々な意見や考えが出る中でどのように話を展開しわかりやすくなおかつ深みを持たせるか。場面にあわせての曲作り等課題はたくさんあります。この連休中も作曲つくりや資料つくりをしている担任も多いかもしれません。
私もクラスによっては今後校外学習する可能性があるので、その場所の下見に行ってきました。(昨年も一クラスがお祭りをテーマにしたので、おはやし会館に行きました)

私が園長になり、こうした形で劇をするのは今年で3回目です。子ども達も話を作りながら本で調べ、資料を探し、皆で話し合う。自分の思いを伝え相手の話も聞く。お互いに折り合いをつけながらひとつの作品にしていく過程も楽しむ。

幼稚園の劇でよく見られる昔話や名作のあらすじを使い、きらびやかな衣装をまとい、一糸乱れぬ遊戯をしたり自由な表現活動と称しながら先生の意図する枠の中でしか許されない表現活動をした劇から学べる保育のねらいにいささか疑問がありました。
もちろんこのようなやり方についても検証しながら、子ども達にとってより力をつけられるような音楽劇を考えていきたいと思います。

今日の写真は1月末と2月始めに話し合ったり本で調べている時の様子です。黄組と青組の2クラスの様子ですが、折に触れ他のクラスも紹介していきたいと思います。

黄組の様子です。劇の配役を皆で話し合っています。

20080208235659.jpg


20080208235832.jpg


青組で本や資料で自分達のテーマについて調べています。劇に使えそうな資料は書き出します。

20080209000104.jpg


20080209000120.jpg


20080209000137.jpg


20080209000213.jpg

  1. 2008/02/08(金) 23:56:08|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<作品展 | ホーム | シンポジウムに参加して>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/169-ded50f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)