FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

郵便ごっこ

音楽劇に向けての学習もずいぶん佳境に入ってきたようです。園専任の音楽講師のK先生も6クラス分のフィナーレで歌う曲の作詞作曲もほぼ終わり、今度は合間に入れる曲を子ども達の動きに応じて作曲します。こうした曲は園児達の動きやあらすじの展開を見ながら作曲し、また動きを子ども達にも考えさせるために最後までなかなか決まりません。クラス担任も楽譜を渡されたらかなり早いペースで曲をマスターし、園児達の前で弾けるようにしなくてはいけません。そのためある程度のピアノの実力も要求されます。

以前にもこのブログでもふれたことがありますが、良くあるCDの音源にあわせた劇や決められたせりふや動きを一糸乱れぬように演じたり、昔話シリーズや名作全集からあらすじを借りた劇や衣装で動きが見えなくなるような大人(保護者)の満足感だけのファションショーのような劇よりは、自分達で学べるような劇を毎年試行錯誤しながら積み上げてきました。今は劇用の楽譜とあらすじを書いた本もたくさんあります。
私は基本的には担任にお任せで、いつものように最後の責任は取るから、思う存分やりなさい、予算も極力惜しまないからといっています。相談にはのりますが、後は音楽講師を中心に皆頑張っているようです。寝てもさめても終わるまでは劇のことが頭から離れないようです。
「色々と確かに苦労もあるかもしれないけど、ここまで子ども達と作り上げられる、しかも曲はすべてオリジナルな劇は日本ひろしといえども、そういう幼稚園はそうそうないからね、子ども達の成長を肌身で感じるやりがいがある劇はないでしょう」と話さなくても、職員は皆良く理解してくれています。

今日から年長組が郵便ごっこで他のクラスや職員室にも配達に来てくれます。皆嬉しそうに帽子をかぶり、バックを持って、入室します。「○○組郵便局です」と挨拶すると、バックから葉書を出して、自分で宛名を読み上げます。「△△さま」と読み上げ、届けてくれます。

お昼頃に青組と緑組のそれぞれの郵便配達の園児が配達に来てくれました。職員も両手で嬉しそうに受け取ります。メール全盛の時代だからこそ、こうした人間の手を介したごっこ遊びもいいものです。
DSC05752郵便
  1. 2012/01/31(火) 23:47:35|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鬼が来た~子育て支援事業「「のびのびすくすく」~ | ホーム | つらら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1500-6d5d5d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)