FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

知能検査

先週から年長組を対象に始めました。先ずは青組からですが、大体6、7人の人数で時間は説明を入れて40分ぐらいです。それ以上時間を越えると幼児ですと集中力が続かなくなります。小学校進学にあたり、人の話を聞けているか、話すことが理解しているか、姿勢はどうかといったこともみます。やり終えた後に子ども達に感想を聞くと、楽しかった、面白かった、またやりたいといった話をしてくれる子ども達が多いようです。
このブログでも何度も話していますが「教育のやり方に絶対」ということはありませんが、「頭が良い」「知能指数が高い」「幼児期の勉強方法」といった親の関心の高いキーワードについて、毎年こうしたテストをするたびに
この幼児期に必要な基本的生活習慣の確立すなわち心身の健康(早寝早起き、睡眠等)、食生活、遊び(特に友達と遊ぶこと)が一番大事であり、それを十分に行うことが将来の学力につながるように思います。親はこのような形で机に向かっている時間を勉強ととらえがちです。それは小学校以降の感覚でとらえがちだからです。でもこれもいうなれば遊びの時間です。ただ机でしかできない遊びや机をつかわないとできない遊びもあることを知ったり経験したりすることもとても大事です。

DSC05525知能検査5

DSC05575知能検査1
  1. 2012/01/15(日) 19:27:44|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<音楽劇にむけて | ホーム | 続・氷を楽しむ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1486-cdec7df9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)