FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

振り返りながら学ぶ

年長組で運動会に行う表現(遊戯)を午前中行いましたが、この踊っている様子をビデオカメラで撮影し、遊戯室での昼食の後、プロジェクターで画面に写しながら、皆で楽しみました。自分たちが実際に踊っている様子を見れるので、食い入るように見ていました。こうした時はすぐに行うことが大事です。
翌日ですと幼児の特性からして学ぶ力が半減します。一度見た後、先生が子ども達にどういうところに気をつけたり、もっと上手になるにはどうしたよいかを子ども達に質問したら、それについて「はい」と手をあげて答える子どもたちたちがたくさんいました。自分たちで踊りを行う意識が当初よりずいぶん芽生えてきたようです。

本園は園児にパソコン操作こそ教えませんが、最新機器を使いながら保育をすることもあります。音楽劇を子ども達と創る時にはパソコンから劇に必要な情報を見せたりOHPを活用することもあります。(昨年年長緑組は劇の時にOHPを途中で使用しましたが、操作等は全て園児が行いました)。子ども達にとって必要な事はできるかぎり選択肢を広げるようにしています。

幾つかの質疑応答を終えた後、もう一度気をつける点に注意しながら動きを見て欲しいと話、再度見ました。
来週は年中組の表現でもこうした形で行う予定です。年少組は3歳児の特性からしてここまではまだ必要ないと思います。
来週土曜日の運動会を待つばかりです。


DSC04293年長1


DSC04300年長2
  1. 2011/10/13(木) 20:32:45|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐倉の秋祭り | ホーム | 秋日和>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1407-7bf69e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)