FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

線路は続くよ どこまでも

30年前の園児さん、コメントをお寄せいただき、またご声援をどうもありがとうございます。続けますので、これからもお気軽に少しでも楽しんでいただけたら何よりです。
親子2代にわたりお見えくださり、大変ありがたく嬉しく思います。そして娘さんへの温かく見守る気持ちが何よりです。ご承知のように子育ては育児書どおりにはいきません。親である以上、悩まない人はいないと思います。私も2人の子どもの父ですが、家庭にもどれば皆さんと同じです。でも今思い返すと小学校入学前の幼児期が色々な意味で一番の思い出です。親子が一番触れ合えることができる貴重な時間でした。育児中は誰もが子どもさんのことをはじめに考え、日々の生活の中で喜怒哀楽を感じながら、過ごされていることと思いますが、子どもが成長し、親元を離れた時に全てが懐かしい思い出になり、親子の絆を改めて知るきっかけのひとつとして、振り返る時が必ず訪れると思います。ご成長を祈ります。

今日はあいにく年中の遠足が延期になりました。朝5時前から起き、テレビの天気予報、インターネットの情報等を見ながら、考えていました。インターネットの雨雲のレーダーで昼ぐらいに雨が降る予報を確認し、最終的に決断しました。
実際に午前中雨が降り、このまま実施していたら、丁度駅から公園に向かって歩いている途中なので、かなり濡れただろうなと妙な安堵をしました。今日のように微妙な天候ですと、毎回のことながら悩ましいものがあります。

写真はカプラを使って青組の保育室内の駅を基点に、廊下を通り、どんどんつながっている線路です。真だ工事中でこの先どこまで行くかは謎です。子ども達が集中して一心不乱につくりあげていく力は素晴らしいものがありました。
遊びを通して集中する力を養うことは、大きくなってから勉強にも運動にもいかすことができます。
幼児期に思いっきり遊ぶ事は全ての基礎につながります。子ども達の夢を乗せて、線路はどこまでも続きます。

P1030957鉄道1

P1030964鉄道5

P1030955鉄道3


  1. 2011/05/17(火) 23:42:37|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<てるてる坊主 | ホーム | さつま芋の苗植え~その2~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1283-cd4bd979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)