FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

木製遊具

木製の遊具の恐竜アスレチックと同じく木製遊具の波型ブリッジもリニューアルして無事に帰ってきました。
「お帰りなさい」鉄製の骨組の部分は塗装し直し、板や丸太は全て新しく貼り変えました。購入した当初は杉材でしたが、今回は耐久性等を考慮して檜材にしました。懇意の大工さんがいるのでとてもありがたいことです。修繕だけなら他にもたくさんいらっしゃるかもしれませんが、幼児が使う遊具の視点からの修繕というと話はまた違います。公園の遊具もそうですが、細部までかなり考えて作られています。
もちろんリスクとハザードという点も最大限考慮しなくてはいけません。

今回もリニューアルにあたり、細部は二人でかなりこだわりました。角度や間隔も何度も話し合いました。最後の決め手は大工さんの子ども達が使う遊具なので、より良いものに細部までこだわってくれた職人の心意気のような気がします。ちなみに木製のぶたさんの遊具も修理中です。春休みにするよりもあえてこうした場面を見せるのも子ども達にとっては慣れ親しんできたものだけに良い勉強になるのかなと思い、お願いしました。
左耳がだいぶ傷み、また胴の一部が空洞化してきたので、修繕しました。

ジャングルジム、鉄棒、ブランコ、雲梯や滑り台等の鉄製やアルミ製でしか出来ないもの以外はできるだけFRP製の遊具よりも木製の遊具をおくようにしてきました。法人である以上コストももちろん大事ですが、子ども達にとって日々使うものだけに、温かみやぬくもりがあり、時には朽ちたりすることも教えてくれる自然の素材である「木(できるだけ無垢材)」にこだわっていきたいと思います。 

DSC01180木製遊具

P1030896木製遊具ぶた
  1. 2011/04/17(日) 22:40:34|
  2. 幼児教育への思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春日の中で | ホーム | 伝えるもの・聞かせるもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1256-fb221416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)