FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

第2学期終業の日

今日は第2学期終業式です。明日からは子どもたちにとっては楽しい冬休みが始まります。朝の集まりの時に園児たちに冬休みの過ごし方について少し話しました。またお正月を迎える時の挨拶も皆で唱和してみました。「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」思っていた以上に知っている子どもさんが多かったように思います。

小園でも挨拶はとても大事にしています。園児たちに話す前に先ずは教職員同士できちんとかわしたり、来客には丁重にご挨拶したり、お帰りになる時は、原則玄関でお見送りするといった当たり前のことを丁寧にしようと皆で心がけています。子ども達もそうした姿を見ることで、知らず知らずのうちに学んでいくこともあるのではないかと思います。私の住んでいる近所にいつもおとうさんの出勤時に子どもさんとお母さんで大きな声で「いってらっしゃい」と声高らかに見送る風景を目にすることがあります。見ていて気持ちよく、少し羨ましいぐらいです。子どもさんが将来大きくなった時におそらく礼節がわかる人間に育っていることと思います。仕事柄学生と接することも多いのですが、残念ながらその時期では遅きにすぎたと感じることもしばしばです。「三つ子の魂百まで」ではありませんが、習慣づけられるとよいと思います。それには先ずは子どもに話す前に、大人同士がしなかったら子どもに話してもナンセンスです。

私がつれあいに前述したご近所の話をするたびに「そんなにそうしてもらいたかったら、そういうことをしたくなるような素敵な人間になりなさい」「だいたい あなたはいつも○○○・・・。」と「とんだやぶ蛇」になってしまいました。
私は自分がしてもらいたいと思うよりも我が子の将来を見据えて提案したのですが。夫婦の関係はなかなか難しいものです。このブログを読んでくださっている方、どうか「他山の石」としてください。

写真は職員室前の廊下に飾ってある写真を見ている風景です。本日あわてんぼうのサンタクロースの写真を展示しました。この場所は行事の写真を飾るちょっとしたギャラリーです。
カメラもデジタル化になり、写真も手軽にできる紙媒体からデータを液晶画面で見せるやり方まで色々ありますが、私は今のところ写真をプロの現像所で焼いてフレームに入れて飾っています。子ども達は何度も見たリ、じっくりと見ることができます。写真の質も大事です。また写真を飾る楽しさも知ってもらえたら嬉しくも思います。手間とお金がかかるけど、ちょっとしたこだわりをもちつづけていきたいと思います。なんといっても未来ある子ども達が相手です。

DSC00410写真2
  1. 2010/12/20(月) 18:33:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬至 | ホーム | あわてんぼうのサンタクロース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1165-d2983fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)