FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

雨の1日

今日は久しぶりの休みで、園にはウサギ達にえさやりに行くぐらいで、あとはゆっくりしたり夕食を作ったりまた愛犬の散歩をしたりと自分の時間を楽しめました。
今週は色々諸事が多く(言い訳ですね)、ブログが更新できませんでした。一昨日金曜日に、緑・赤・桃1組の秋の芋ほり遠足があり、今年の猛者で成育が心配されましたが、思っていた以上に豊作でした。ただ芋が深めに入っていたようで、子どもさんによっては掘りづらかったかもしれません。木曜日に雨で順延した青・黄・桃2組は明日月曜日に天気が良ければ行う予定ですが、今現在の天気予報を知るかぎり、心配です。全クラスが終えたら、このブログでも紹介できれば考えています。

昨日は入園説明会を行いました。土曜日ということもあり、おとうさんの姿も目にしました。
約1時間ほど、小園の教育方針や幼稚園で学ぶことについてお話させていただきました。たまたま今日のA新聞の教育面に「対人関係学ぼう」という特集記事がありました。小学校や中学校での現場で学年の違う子ども同志の交流や相手の気持ちに寄り添った言葉がけを通して対人関係を学ぶ取り組みを紹介した記事ですが、もちろんやらないよりやったほうが良いのでしょうが、本来小学校や中学校以前に学ぶことができずに、小学校や中学校でする今の社会の現状に危機感を持つ大人がどれぐらいいるのでしょうか。本来は幼稚園で学ぶことですが、現実は教科的なことにのみ時間を費やす方向に確実に進んでいます。まして少子化の中、そうしたやり方が園児募集の上で大変効果的であることを一部の幼稚園の経営コンサルタント会社があの手この手でアプローチしています。

説明会でも触れまたこのブログでも時々話しますが、子ども同士が心身とも自由な環境の中で関わる時間がない、しかも連続した時間がないので「ごっこ遊び」さえも満足にできないのが現実です。「ごっこ遊び」は社会性を育てる大事な学びです。また言葉のやり取りをしたり相手の気持ちを考えたりする等人間関係を学べる役割演技(ロールプレイ)のようなものです。1日の園生活の中でそうしたことをできる時間をどれだけ保障されているか、家庭では絶対できない学校(幼稚園)ならではの学びです。

「本当に大事なものはすぐには見えませんし、すぐに身につきません。すぐに覚えるものは、またすぐに忘れますし、案外大事なものではないことのほうが多いようです。」

雨にちなんで、先週の雨の日の登園風景です。自分でできる事は自分でする、自立への第1歩です。
DSC09553登園1 

DSC09556登園2

DSC09561登園3
  1. 2010/10/24(日) 23:52:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<敗軍の将は兵を語らず | ホーム | 続・第46回大運動会~その2~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jhonan.blog102.fc2.com/tb.php/1114-b2197956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)