FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

秋の園庭

久しぶりに今週末は秋日和の2日間でした。
園庭で深まりゆく秋を楽しみました。

DSC_0523 (800x533)

DSC_0503 (800x533)

DSC_0509 (800x533)

DSC_0506 (800x533)

DSC_0513 (800x533)

DSC_0507 (800x533)

DSC_0526 (800x533)
  1. 2020/10/25(日) 16:21:44|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サツマイモ

昨日、在園の保護者に毎月1回発行して月末にお持たせしている全日本私立幼稚園PTA連合会が編集しているの保護者向けの新聞をお持たせしましたが、その冒頭『育ての心』に、「共感する心」と題して執筆する機会がありました。
短いエッセーですが、教職員が園児と日々の園生活を送る中で、子ども達の「何故」という好奇心に共感し、その気持ちを認めてげることが、知的好奇心を育むことにつながるという趣旨です。

実は一昨日サツマイモ掘り遠足の時に、子ども達が、芋ほりを終えてタライで手を洗っている時に、手についた黒い「しぶ」のようなものがついていて、いくら洗ってもとれないと話す子ども達が何人かいました。
畑の土は洗えば落ちるが、いくら洗っても落ちないのは何故か、子ども心に当然です。先ずはその気持ちに共感してあげることが大切です。
実はこれは芋の成分*ヤラピンによるものですが、これをそのまま園児に伝えてもピンとこないと思います。
このことを保育者が園児たちに上手くかみ砕きながら、わかりやすく伝えることが保育者としての役目です。

また毎年年度末に音楽劇を子ども達が演じますが、色々なテーマがありますが、やはり興味や関心を持たせる工夫が大切です。
それにはかなりテーマについて保育者が掘り下げていかなくては、テーマの正鵠にいかず、興味関心が薄れがちです。
知的好奇心を育むためには、園児たちの園生活の中で発見特に遊びの場面で発見する「なぜ」の気持ちを大事にしてあげることが肝要ですが、それに保育者が深く学びながらもわかりやすく説明する技術が必要だと思います。
でもこれは幼稚園に限らず、学校の先生んら当たりまえのことかもしれません。園児(生徒)はいつも好奇心にあふれて、毎日過ごしていますからね。
サツマイモ掘りをする時に子ども達に手が汚れるからといって手袋をさせて掘らせたら、折角の学ぶ機会をひとつ失ってしまいます。

*ヤラピン
ヤラピンは新鮮なさつまいもが多く持っているヤラピン(ヤラッパ樹脂)と呼ばれる成分で、植物性樹脂の一種です。
サツマイモは土の中にできますが、茎になる部分の蔓があり、さつまいもを掘るときは、その蔓を切り取ります。本園でも芋堀の2、3日前に蔓狩りをお願いしています。蔓はさつまいもから切り取っているわけですから、そこからヤラピンが出ています。
そしてヤラピンは時間がたつと黒く変色し、畑の土の色と混じり、手につくと汚れます。

DSC_0378 (800x533) (2)

DSC_0368 (800x566)

DSC_0366 (800x533)

DSC_0461 (800x533)
  1. 2020/10/24(土) 23:20:52|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐倉のユリ

今日は薄日のさす絶好の遠足日和の中、緑、黄、桃1組で秋の芋ほり遠足を楽しみました。
畑で芋を掘り、山王公園で昼食を食べ遊びました。もしかしたら今晩の食卓に掘ったサツマイモをのせたご家庭もあるかもしれません。
来週26日(月)に青、赤、桃2組で同様に実施します。

さて、先日佐倉市より医療や福祉などの施設に新型コロナウイルス感染症の最前線で従事している皆様へ感謝の意を込めて佐倉市内で栽培しているユリの花をいただきました。
また今回の大きな影響を受けている花農家の支援の意味も含めて送ってくださったそうです。
私も初めて佐倉市内でこのような立派なユリを栽培していることを知りました。早速各保育室と玄関に飾りましたが、蕾がいつの間にか開花して香りとともに華やかさを醸し出しています。
イベントも軒並み中止になり、農家の方も大変なようです。新型コロナウイルスは色々なところに影響を及ぼしているようです。
どうつきあっていくか、改めて人間の英知が試されるようです。

DSC_0311 (800x533)

DSC_0319 (800x533)

DSC_0335 (800x497)
  1. 2020/10/22(木) 22:39:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・令和2年度第56回大運動会

新型コロナウイルス感染予防を考慮して、3部制の入れ替えで実施しました。いつもの風景のように他の園児たちの声援や表現の時に他の学年が応援席から踊ってエールを送ったりまた保護者の皆さんが学年ごとの種目をご覧いただくことで、3歳、4歳、5歳の年齢の違いによる子どもの心身の育ちを知っていただく絶好の機会がなくなってしまったことは残念でしたが、運動会日和のもと、我が子のそれぞれの成長ぶりを見ていただけたことは、園にとっても嬉しく、ありがたくおもいます。

運動会開催にあたり、宿泊保育や年長遠足等同様に、計画の際は色々とリスクも含めて考えることも多々ありますが、最後は子ども達の気持ちとそれを踏まえて、園がどういう形で園児の心身の健康を考慮しつつ、実施できるかということが全てです。
また保護者の皆さんのご理解とご協力のお力添えがあってこそできるものです。
前日のブログにも保護者の方から3件のコメントをお寄せいただきましたが、非公開で皆様にお読みいただけないのが残念ですが、どのコメントも温かな感謝のお言葉と子ども達の楽しかった様子が綴られており、大きな勇気と励ましをいただきました。スタッフでありがたく拝読させていただきます。

今年も色々なドラマが生まれました。
また年中は朝早くから、年長はお昼をだいぶ過ぎてしまいました。練習の時からかなり種目ごとに何度も時間を測り、簡素化できるところはしたうえで計画を立てたのですが、時間通りに終了できず申し訳ありませんでした。
年長組にとっては園生活最後の運動会ですし、練習の時から頑張ってきたので、省くことはできませんでした。
またご褒美の金メダルをかけてクラス皆とクラス担任での写真撮影も、時間がだいぶ遅れたこともあり、あからじめ計画ではそうした場合は割愛することも考慮してあり、閉会式後、担任から写真撮影の是非を打診されましたが、頑張ってきた誇らしげな子ども達の気持ちを尊重し、メダルをかけてクラス皆で記念撮影をあげて欲しいと伝えました。
私のわがままもだいぶ入った運動会になりましたが、園長という権限でどうかお許しください。(笑)

各学年の保護者の皆さんが最後まで拍手で応援して下さり、この場を借りして改めて深謝申し上げます。
また運動会の壁面は諸事情で年長組のときにのみ出しました。どうかご寛容ください。

年中組(4歳児)
DSC_0305 (800x533)

保育体操
DSC_0308 (800x533)

表現(遊戯)
DSC_0310 (800x533)

DSC_0318 (800x533)

紅白玉入れ
DSC_0322 (800x533)

旗体操
DSC_0330 (800x533)

年少組(3歳児)
鈴割 予行練習の時は接戦でしたが、勝負はやってみないとわかりません。
DSC_0333 (800x533) (2)

DSC_0337 (800x564)

DSC_0341 (800x533)

表現(遊戯)
DSC_0348 (800x533)

年長組
障害物リレー(男女別)
DSC_0349 (800x533)

DSC_0353 (800x533)

おやつタイム
ビスケットとヤクルトを出しました。あらかじめ保護者のみにお知らせし、園児達には知らせていなかったので、思わぬサプライズに喜んでいたようです。
DSC_0354 (800x533)

青組の様子 緑組さん掲載できなくてごめんなさい。
DSC_0360 (800x533)

DSC_0363 (800x533) (2)

表現(遊戯)
裸足になり、地声と身体を使いながら、躍動感あふれる踊りを見せてくれました。ポンポン等装飾をつける必要がないことがご理解いただけたことと思います。
DSC_0364 (800x533)

DSC_0365 (800x533)

DSC_0366 (800x533)

DSC_0368 (800x533)

DSC_0369 (800x533)

DSC_0371 (800x533)

DSC_0372 (800x533)

旗体操
恒例の旗体操、今年も最後のトリを務めました。今年も秋空に白(純粋な心)と青(素直な心)の旗が翻りました。
DSC_0373 (800x533)

DSC_0375 (800x533)

DSC_0378 (800x533)

DSC_0381 (800x533)
  1. 2020/10/19(月) 21:40:42|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

令和2年度第56回大運動会

思いがけない秋日和の中、令和2年度第56回大運動会を終えることができました。
全園児での参加(3名欠席)はできませんでしたが、それぞれの子どもさんなりに精一杯頑張ってくれたようです。
今年は新型コロナウイルス感染予防を考慮して、3部制として行いました。年中組は朝早くから年長組はお昼を過ぎてしまいました。
年長組の運営については色々と検討したのですが、幼稚園での最後の運動会ということを踏まえて、例年と同じように行いました。
保護者皆さんのご理解とご協力に、この場をお借りして改めて感謝申し上げます。

絶好の運動会日和となりました。
DSC_0320 (800x566)

おやじの会OB4名が手伝いに馳せ参じてくれました。またこの3月で退職したI先生とT先生も応援に来てくれました。
DSC_0387 (800x533) (2)
  1. 2020/10/18(日) 17:11:38|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

明日にかける

冷たい雨が降る1日です。今日予定されていた運動会は明日(18・日曜日)に延期されました。
園で仕事をしながら、時折職員室から園庭を眺めています。
現時点の天気予報を見る限り、明日は曇りですが、気温は20度には届かず寒いようです。19日(月)は曇り時々晴れ気温は21度との予報です。
明日、雨が降らず曇りでも、問題は園庭が今日の雨でどこまで回復するかがひとつの鍵だと思います。
水はけは良いほうですが、開始予定の午前8時までにどの程度回復するか、通常ですと開始時間を遅らせても、一日ある中で、ある程度時間のやりくりはできるのですが、今年は3部制を考えると午前10時までには最初の年中組がスタートしないと厳しいと思います。

私も明日は夜明け前から待機して、園庭の状態を見ながら検討していくことになりそうです。
本務教員も午前6時30分に出勤予定です。
もちろん園児達には最良のコンデションで競技をさせてあげたいので、ぎりぎりのお知らせになるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
祈る気持ちで、空を見上げ、願っています。

明日の出番を心待ちにしています。
DSC_0309 (800x533)
  1. 2020/10/17(土) 14:59:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てるてる坊主

残念ながら、明日は雨天のため運動会は中止です。
秋日和どころか初冬の陽気とのことです。明後日18日(日)に期待しましょう。
しかしながら微妙な予報のようです。自然のこととはいえ、何故と思わず問いかけたくなる気分です。
今日の午後から、スタッフで準備をしました。
後は天気を勘案しながら、決断するだけです。晴れ間を祈りたいものです。

運動会の日は晴れますように、園児たちもてるてる坊主に気持ちを託します。
DSC_0306 (800x533)

DSC_0305 (800x533)
  1. 2020/10/16(金) 19:11:35|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの来園

新型コロナウイルスに負けないで、元気で遊んでいるかな。
ここ数年ご無沙汰していましたが、久しぶりに訪問しましたが、思わぬ再会を喜んでくれたようです。
新しく大仏様も登場しました。
天気が回復し、運動会が無事にできるようにエールを送ります。

DSC_0305 (800x533) (2)
  1. 2020/10/15(木) 23:28:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年長予行練習

今日は絶好の秋日和の中、年長組の予行練習を行いました。また年長保護者に限り、最終学年を考慮して予行練習の見学も自由です。
ほぼ本番と同じように行い、あわせて当日の密集を避けるために、密集しやすい場所のエリアについては実際に紅白のコーンとバーを置いて、立ち入り制限をさせていただきました。例年に比べてエリアを制限させていただくことになりますが、感染予防のためにご理解とご協力をお願いします。
時折、強い日差しが差し込む中、スタッフと今日だったら良いのにねえと、詮無いことと思いながら真っ青に澄み切った秋空を見上げながら、子ども達の様子を見守りました。

年中組が年長の競技を応援し、時折声援が聞こえてきます。
今年は学年別にやるために、他の園児の応援がありませんが、やはり子ども同士で応援しあう風景は普段見慣れているだけに、当日になってみないとわからないこともありますが、もしかしたら非日常の風景に感じるかもしれません。

本園は子どもの競技の最中は、わざとBGMをかけずに、他の園児達の声援が聞こえるように配慮しています。いつも肉声が心地良く聞こえてきます。今年の運動会ではそうした光景が見れません。
新型コロナウイルスのために、今ままでの当たり前の生活が全て一変してしまいました。でも嘆いても仕方ありません。前を向きながら、進めていかなくてはと思います。
何よりも、運動会の練習を楽しそうにする園児達の屈託ない明るさと笑顔に救われる毎日です。

年長組の障害物リレー、全員で走るコースを一巡し、気持ちを高めます。
男女別で競います。
DSC_0306 (800x533)

DSC_0301 (800x533)

DSC_0302 (800x533)

DSC_0304 (800x533)

DSC_0308 (800x533)

DSC_0310 (800x533)

DSC_0312 (800x533)
  1. 2020/10/14(水) 18:14:07|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

応援する

昨日は年少と年中組の予行練習を終え、明日は年長組の予行練習です。
今日は秋晴れの1日でしたが、年長組が表現(遊戯)の練習をしている時に、年中組と年少組の子ども達が一緒に踊ったり見たりしながら応援していました。
毎年のことながら、年長組の踊りは年少組や年中組の子ども達にとっては憧れのようです。
園舎が平屋建てで全保育室が園庭に面しているために、園庭で何か活動をしている時に他のクラスからも一目瞭然わかりやすい構造です。今日のような時も直ぐに見たりすることも可能です。

一見何気ないことかもしれませんが、子ども達の動線は保育するうえで色々な影響を与える時があります。こじんまりした園ですので、各保育室に面した園庭が屋外での大きな保育室のようになっており、各保育室の同年齢の場所とは別の異年齢同士が集まり、交流できる場として活用しています。特に少子化の中で、兄弟が少なくなる中で異年齢同士交流といった縦の関係も大事です。
これからもそうした園環境が活かせていける保育の充実にも取り組んでいきたいと思います。
毎年のことながら、年少、年中、年長のそれぞれの表現(遊戯)を覚えて踊っている園児達を多数見かけます。

年中組
DSC_0272 (800x533)

DSC_0273 (800x533) (2)

DSC_0277 (800x533) (2)

DSC_0275 (800x533) (3)

年少組
DSC_0282 (800x533)

DSC_0284 (800x533) (3)
  1. 2020/10/13(火) 18:24:29|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ