FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

西瓜

初物の西瓜を個人的にいただき、くまキッズ(預かり保育)の子ども達にもお裾分けしました。全園児分はなかったので、ごめんなさい。
甘くておいしい西瓜らしく、「美味しい」「甘い」と言いながら、嬉しそうに食べてくれていたようです。
担当のK先生が食べ終えて、「残った西瓜の黒い種がいくつあるか数えて教えてね」と話したところ、口々に「〇〇個」と教えてくれ、K先生が「私は4個」と話したら、「僕のをあげるよ」とスイカの種を先生にあげようとしてくれたようです。
後でその話を聞いて、子どもらしい微笑ましくもやさしい気持ちがうかがえるエピソードです。
来週22日(月)から通常保育になり、いよいよ昼食も始まります。

DSC_0719 (800x533)

DSC_0722 (800x533)

DSC_0723 (800x533)

DSC_0724 (800x533)



  1. 2020/06/19(金) 17:47:09|
  2. くまキッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごっこ遊び

年中組4歳児の何人かの女児で「先生ごっこ」を楽しんでいたようです。
新入園児が入園し、遊具指導などで当初は先生が手を引いて電車ごっこのように移動していく光景を覚えていたようです。
先頭の子どもが先生役で、後の子どもたちが幼稚園児役だと思います。
幼児の世界では「先生(学校)ごっこ」に限らず、色々なごっこ遊びがみられます。ままごと遊びをしながら、家庭でのおとうさん役やお母さん役、又犬や猫のペットの役になりきる子ども達もいます。
また何かのヒーローになったり、冒険ごっこと称して秘密基地を作ったりする時もあります。

実はこうした「ごっこ遊び」は子ども達の心身の発達をするうえでとても大切な時間として幼児教育では認めらています。
自分と他者との存在の違いを知ること、相手の気持ち(心)を読み取る力、新しい世界を広げていく力等とても大切な遊びです。
大人から見れば時には奇異に感じたりするかもしれませんが、こうした自由な発想の世界を温かく見守ってあげたいものです。
自由遊びがなぜ大事かというと、「ごっこ遊び」は自由遊びの中から生まれます。それは子ども達自らが創っていく遊びだからです。
私たち教師も実は子ども達からその一挙一動まで観察され、言葉遣いや仕草までまねされることがあります。
ある意味子ども達の観察力はこわいものです。(苦笑)

DSC_0710 (800x566)

DSC_0714 (800x533)
  1. 2020/06/18(木) 22:37:52|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊戯室で遊ぶ

梅雨入りとは思えない夏日が続きます。園庭での遊具指導を終え、今日は遊戯室で遊びました。年長組は久しぶりの園庭を満喫したようです。

DSC_0595 (800x502)

DSC_0609 (800x499)

ブリオ社の汽車セットはやはり人気があります。質の高いおもちゃは子ども達の心をとらえます。
DSC_0593 (800x533)

DSC_0597 (800x533)

飛んで楽しむかわいいトランポリンも人気です。
DSC_0591 (800x533)

DSC_0615 (800x533)

Bブロックは初めてのブロック遊びには最適です。ブロックも実は奥深いおもちゃです。
DSC_0590 (800x533)

DSC_0599 (800x533)

遊戯室にも絵本があります。絵本は大人が子どもに読み聞かせる本です。
DSC_0598 (800x533)

ままごと遊びも園庭同様に人気があります。
DSC_0602 (800x533)

DSC_0605 (800x533)

DSC_0613 (800x525)
  1. 2020/06/17(水) 19:57:28|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

線路は続くよ どこまでも

連日暑い日が続きます。
お蔭様で新入園児の園庭での遊具指導も今日で終えることができ、明日は遊戯室指導を行います。明日からは年長組も園庭で遊べます。どうしても一緒に遊ぶと混み合ったり、新入園児にとって圧倒されがちになるので、遊具指導期間中は年長組は園庭での遊びを控えていました。
明日以降は一緒に遊ぶ中で、約束事を忘れたら、やさしく教えてあげてくださいね。よろしくお願いします。

先週、年長緑組から線路がどんどん建設され、延伸されていきました。
私も鉄道は好きで、小学生の文集に将来の夢は電車の運転士と書いたのですが、何故か幼稚園の先生になりました。(苦笑)
それでも夢を捨てきれず、大宮市や京都市の鉄道博物館に行きジオラマを楽しんだり、運転士用の体験シュミレーションを眺めたことがあります。さすがにおじさんがするのは気恥ずかしいので、子ども達の体験している様子を眺めるだけですが。

新型コロナウイルス感染のために研修や会合もすべて中止または延期となり3月末から先日まで鉄道も全く利用しませんでした。
立場上、感染リスクはできるだけ避けざるを得ません。先週12日(金)にどうしても出席せざる得ない会合が幕張メッセであり、約3か月ぶりに乗車しましたが、予想以上に車内も通常と変わらない様子に正直びっくりしました。
感染状況が落ち着いたら、以前のように列車に乗車しながら、何も考えずにぼんやりと車窓風景を眺めながら地酒と肴を友に、あてどもなくふらふらと流れるままに旅をしたいと思う今日この頃です。
出かける時は、「この日に帰ってくるからと」の言葉一つで、送る側も「どこに、だれと」すら聞かず、何かあれば携帯に連絡するからとの言葉だけで送られます。とどめは「なんなら、このまま、一生帰ってこなくても良いから」のお言葉が旅立ちへの何よりの餞別です。
でも旅が楽しいのはある意味帰れる場所があるから楽しいと思います。憎まれ口を浴びながらも、帰れる場所があることは幸せですし、ありがたいことです。
以前露店を営む香具師(的屋)の人たちを調査したことがありますが、各地のお祭り(市)を追いかけながら、1年を旅していくのですが、生業となると旅行ではないので、大変なことも多々あると話してくれたことがありました。特に子ども達の教育に悩むそうです。
昔(江戸時代以前)は定住しない漂泊の民がたくさんいたのですが、明治時代以降国の関与もあり、定住を余儀なくされていく歴史があります。

園児達も電車に限らす、乗り物は好きなようです。毎年園庭で電車ごっごを楽しむ時があります。また木製のトラックや車は大人気です。
これからも子ども達の夢を乗せて走って欲しいですね。

DSC_0582 (800x533)

DSC_0581 (800x533)

DSC_0583 (800x533)

DSC_0588 (800x533)
  1. 2020/06/16(火) 23:07:35|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ツマグロヒョウモン」

先週金曜日に職員室で事務仕事をしていると、年長青組の数名が「大変」「園長先生、カメラ持ってきて」「写真とって」と息せき切ってきました。
急いでカメラを片手に保育室に出向くと、下駄箱の上の虫籠に入っていた蛹が羽化して成虫になっていました。
その前から担任のS先生から子どもたちが園庭で幼虫を見つけて飼いはじめ、蛹になった話しは聞いていました。
子ども達も興奮冷めやらぬ様子で見ていたようです。
毎年、昆虫と園児たちの色々なドラマが展開されます。保育者の力量が試され、時には子ども達の興味関心にもかかわってきます。
先ずは子ども達の気持ちに共感するところから始まります。

P1050522 (800x600)

P1050520 (800x600)

DSC_0566 (800x533)

DSC_0573 (800x533)

DSC_0570 (800x533)

DSC_0568 (800x533)
  1. 2020/06/15(月) 22:48:35|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・遊具指導

先週は天気に恵まれて、午前中は毎日園庭での遊具指導をすることができました。
天気が良ければ今週でやり終える予定です。年長組はもう少しがまんしてくださいね。
DSC_0547 (800x533) (3)

DSC_0557 (800x533)

DSC_0565 (800x533)

DSC_0542 (800x533)

園庭での様子です。砂場やきっちんでのままごと遊びも人気です。川砂や山砂また水などの素材は幼児にとって一番遊びやすい素材です。
DSC_0544 (800x533)

DSC_0548 (800x533)

DSC_0555 (800x533)

DSC_0557 (800x533) (2)

DSC_0560 (800x533)
  1. 2020/06/14(日) 17:04:03|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手をつなぐ

新入園児さんは7日(日)の入園式から昨日まで毎日幼稚園でしたので、午前保育とはいえ初めての環境だけに、見た目以上に心身とも疲れていると思いますので、この週末はゆっくり休んでくださいね。
来週月曜日からの再会を楽しみに待っています。

木曜日からは在園生も一緒に登園しましたが、早速お兄さんお姉さんぶりを発揮してくれました。
園バスを降りると、早速、新入園児の手をつないで、それぞれの担任が待つ保育室の前の昇降口まで連れて行ってくれます。
自分たちも入園した頃にお兄さんお姉さんにしてもらったことを覚えているようです。こうした実際の体験を通した縦の関係も学校ならではの学びのひとつです。
微笑ましい光景がしばらく続きます。

DSC_0560 (800x533)

DSC_0562 (800x533)

DSC_0539 (800x533) (2)

DSC_0542 (800x533) (2)

DSC_0544 (800x533)

DSC_0546 (800x533)

  1. 2020/06/13(土) 23:55:15|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一息

今週は朝の1便の登園バス(2525号)に乗車していますが、今日は3便通しで乗車しました。始まって3日目おかあさん(おとうさん)との別れがつらくて、泣いてしまう子どもさんもいますが、心配する必要はありません。
全ては時間が解決します。ほかの子どもさんと比較するのはナンセンスですし、意味がありません。いつもそばにいる大好きな人と別れることがわかっているから、悲しむし泣くのです。
3歳児の子どもらしい感情表現です。だから泣かない子どもさんが、どうこうという意味ではありませんので、誤解しないようにお願いします。
例年でしたら、入園説明会でそうした点もお話したのですが、新型コロナウイルスのため中止になり、お話しする機会がなく、心配している保護者の方がいたら、どうかご安心ください。

新入園児の保護者の方には下記の点にもご留意下さるとありがたいです。
・朝泣いて登園した子どもさんがいたら、家で「明日は泣かないで登園してね」、「約束してね」と今日の事を取り上げて、明日の幼稚園に関することには触れないようにしましょう。
・自宅で子どもから今日幼稚園のことは聞き出さない。子どもさんが話したら、手を止めて聞いてあげてください。でも子どもが話したからといって、あまり根掘り葉掘り聞かない方がよろしいです。
・幼稚園での様子や心配なことがあったら、なんなりとクラス担任にご連絡ください。

今日の遊具指導は滑り台と高い雲梯と低い雲梯です。
滑り台は子ども達が好きな遊具のひとつですが、滑走する面が照り付ける日差しでいくぶんあつかったようです。
明日からは在園生も登園し、益々賑やかになると思います。

園庭での遊具指導を終えて、暑いので保育室で降園まで遊んだようです。

桃2組
DSC_0539 (800x533)

DSC_0547 (800x533) (2)

桃1組
DSC_0549 (800x533)

DSC_0553 (800x533)

  1. 2020/06/10(水) 18:10:03|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新入園児登園2日目

今日は汗ばむほどの陽気でした。今日から遊具指導が始まりました。毎日いくつかの遊具の約束を先生たちが実演を交えて説明した後、早速遊びます。幼児は口頭で話しても、なかなか理解しにくいので、先生が実演して見せます。
幼児の特性からして、一度にいくつもの遊具の使い方の約束事をしても忘れてしまいます。原則二つないし三つぐらいです。
説明したら、すぐにその遊具で遊びながら、スタッフが見守り、先ほど話した約束を確認しながら、楽しく遊べるように見守ります。
全ての遊具の説明が終わるまで約1週間ほどかかります。
最初だからこそ、丁寧に約束事を話すことが大事です。皆で使うものだから、ルール(約束)があり、順番で使ったり譲り合ったり仲良く使うことを学びます。
社会性を学ぶ第一歩です。在園生も一緒に遊ぶようになると、時には年長組のお兄さんやお姉さんが新入園児に教えてくれます。これも縦の関係の長所です。
今日は降園のコース別リボンごとに砂場、ジャングルジム、八角ジムを楽しみました。

座って落ち着いて先生の話を聞けた子ども達も多かったようです。
DSC_0540 (800x533)

DSC_0546 (800x533)

遊んだ後に手についた砂を落とすバケツと水を汲んで遊ぶたらいがあります。
DSC_0548 (800x533)

DSC_0589 (800x533)

DSC_0583 (800x533)

DSC_0563 (800x533)

ジャングルジム
DSC_0573 (800x533)

DSC_0577 (800x533)

DSC_0586 (800x533)

八角ジム
DSC_0584 (800x533)

登降園風景
DSC_0598 (800x533)

DSC_0599 (800x533)

DSC_0596 (800x533)

DSC_0593 (800x533)

DSC_0591 (800x533)

  1. 2020/06/09(火) 19:03:20|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新入園児登園初日

昨日入園式を終え、今日から10日(水)までの3日間は、新入園児のみの登園です。
昨日は家族一緒でしたが、今日からは独りで登園です。
毎年のことながら、悲喜こもごもの光景が広がります。そんな風景の一部です。
泣いて登園した子どもさんもいるかもしれませんが、心配はいりません。
全ては時間が解決します。
明日からは天気が良ければ遊具指導が始まります。

年中組
DSC_0556 (800x533)

桃1組
DSC_0568 (800x533)

DSC_0565 (800x533) (2)

桃2組
DSC_0573 (800x533)

DSC_0570 (800x533)

降園風景
DSC_0559 (800x533) (2)

DSC_0561 (800x533)

DSC_0574 (800x533)
  1. 2020/06/08(月) 19:14:12|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ