FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

カブトムシ&クワガタ

園バスのS先生が自宅近くで見つけたカブトムシ2匹とノコギリクワガタ1匹を持ってきてくれました。
職員室前の机に置いておくと、職員室隣の黄組の子どもたちを中心に触ったり見たりと賑やかでした。
やはり「カブトムシ」や「クワガタ」は人気があるようです。
以前は園の照明灯に背後の山から飛来し、朝になるとよく見かけましたが、最近はご無沙汰です。
何歳になっても、昆虫観察は楽しいものです。

DSC_0275 (800x535) (2)

DSC_0278 (800x535)

DSC_0284 (800x535) (2)

DSC_0287 (800x535)


  1. 2019/07/16(火) 18:25:03|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海の日

今日7月15日は「海の日」ですが、この天気で海の家など観光関連(特に海関係)の仕事に従事している人たちにとっては梅雨明けが待ち遠しいことと思います。私も週末に予定している宿泊保育の天気が気になります。特に初日のキャンプファイヤーは戸外で焚火を囲んで園児たちと楽しみたいと願っています。もちろん自然相手だけに人間の力ではどうすることもできないのは重々承知していますが、子どもたちも楽しみにしているだけに、雨だけは降らないようにと祈る気持ちです。

海といえば、以前ブログでも触れましたが、生まれが新潟県の佐渡ヶ島を望む海辺の町(内野町)で幼少期を過ごしました。小学校の夏休みはそこに住む祖父母の家で長逗留して、日々海で遊んでいました。
懐かしい楽しい思い出です。大学時代を過ごした街も海に面していて、海水浴こそしませんが、時折海を眺めにいったものです。卒業論文のテーマも漁村をテーマにし、調査でもお世話になり漁師の人たちにも可愛がってもらいました。卒業して千葉に戻ってからも連絡をとりあったり、こちらに来た時は会いに行ったりと親しくさせていただいた人もいました。すでに皆さん鬼籍に入られて、今は製本した卒業論文の欄に記したお名前を残すだけです。
家族ができてからも、夏はもっぱら海水浴、都内の親戚が来ると自宅に泊まってもらい、数家族で九十九里に遊びに行ったものです。
子どもたちが独り立ちすると「海」ともだんだん疎遠になりがちです。家人と旅行で訪れるぐらいでしょうか。
個人的には海に沈む夕日を見ながら、お茶を飲みながら語らいでもと思いながらも、相手にも選択する権利があるので・・・。難しいものです。

今日は海の日ですが、高校野球の応援に行きました。(話が飛んでしまいます)
息子がお世話になったお礼を兼ねての応援と自分も見に行くのが好きなので、毎年都合がつけば出かけていきます。
前監督にお蔭様で息子も元気で過ごしていますとご挨拶ができたのもありがたかったです。こうした団体で行うスポーツも見ていて楽しいものです。
野球はブラスバンドも入るし、やはり華があります。うらやましいかぎりです。中高とスポーツに限らずどのようなものでも自分が好きで選び、続けていくことは大事なことかもしれません。

幼児期はその人生の最初の選択を自分で選び楽しめる時期です。遊びを通して、自ら色々なことを経験します。ひとつのことに夢中になれる時間がたくさんある時です。
運動でいえば、身体(骨格)ができていないので、この時期はスポーツではなく、全身を使って身体を動かす「遊び」がおすすめです。
身体を使って友達と遊ぶことが楽しいと思う経験を積むことが大切です。その楽しい経験が運動が好きになる一歩です。
そのことを間違えると運動嫌いになりかねません。気を付けていきたいと思います。

高校球児たちも悔いのないように持てる力を発揮して、それぞれの夏の思い出を作ってほしいと願っています。3年生にとっては最後の夏です。
DSC_0015 (800x565)

DSC_0014 (800x566)

DSC_0025 (800x533)
  1. 2019/07/15(月) 17:56:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「もうひとつの夏休み~フシギの世界で ミテ ハナソウ~」佐倉市立美術館夏休みの展覧会案内

今年の夏休みは親子で佐倉市立美術館に出かけて、楽しみませんか。
8月3日(土)~9月16日(月・祝)の期間中「もうひとつの夏休み~フシギの世界で ミテ ハナソウ~」が開催されます。
しかも今年は入場無料のパスポート(期間中親子で1回無料招待)の対象を幼稚園や保育園まで広げてくれました。
本園も夏休みにはいる前には園児に配布する予定です。
折角の機会ですので、是非ご活用いただければ幸いです。

DSC_0282 (800x532)
  1. 2019/07/14(日) 18:36:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風鈴

梅雨空が続きます。
風鈴も梅雨明けの夏空のもとで飾りたいところですが、来週17日(木)が終業式の日を迎え、夏休みに入ります。
風鈴を知ってもらいたく飾りました。夏の風物詩としても有名ですが、住宅の密集地では生活騒音としてもとらえられがちで、留意が必要です。
ありがたいことに園庭があるので、軒先や室内に吊るして、色々な種類の風鈴の音と風景を楽しめます。
蝉時雨に代わる雨音と風鈴の音のコラボも一興かもしれません。

園で飾ってる風鈴あれこれ
DSC_0275 (800x535)

私が好きな風鈴のひとつ
沖縄産で琉球ガラスに舌(ぜつ)は砂浜のサンゴを使っています。沖縄の海を思い出します。
DSC_0015 (800x533)

駿河竹千筋細工の風鈴
駿河竹千筋細工は、江戸時代初期に、主として武士の内職として始まりました。真竹と孟宗竹を主に用い、細く丸く削られた竹ひごをしなやかに曲げ、輪に組み込んでいく技法
DSC_0018 (800x533)

有名な南部鉄器を使った風鈴
DSC_0026 (800x533)

江戸風鈴 絵柄も様々で、西瓜の形をした江戸風鈴も飾っています。鳴り口がギザギザになっているのが特徴です。
DSC_0041 (800x533)

漆で絵付けした風鈴
DSC_0025 (800x533)

陶器できた風鈴
DSC_0031 (800x533)
  1. 2019/07/13(土) 16:20:28|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哀悼

幼稚園の保育室の扉は全て木製です。特に八角堂と呼ばれる桃2組の部屋以外の五つの保育室の扉は全て特注の無垢材の木製品で、床も無垢材です。園児たちに木の良さ(木育)を知ってもらいたいという思いで、改装工事の際に既製品のサッシの扉を使いませんでした。この難しい願いに力を貸してくれたのが、長い付き合いのある建具屋のKさんでした。先日扉の不具合があり、修理をお願いしたところ、すでに亡くなられ家族葬で営まれたことをお聞きしました。70代の若さでの急死でした。亡くなる1週間前に所用で来園、お会いした矢先でした。
公私とも親しくさせていただき、園や自宅の建具関係はすべて手がけてくれました。

本日懇意の大工さんに頼み、扉を修理しましたが、職人がどんどんいなくなる現状を嘆いていました。幼稚園のメンテナンスには様々な職人さんの力が大きく、私なりに見えない細部までこだわっていることも多く、遊具も私の思い(イメージ)を形にしてくれています。例えば川と滝と砂場の遊具、ツリーハウス、山砂の遊び、森のウッドデッキなど色々とあります。
午後も工事の打ち合わせで電気屋さんというよりも電気職人と呼んだほうが良い先代からおつきあいのある電気屋さんが来てくれ、やはり職人の高齢化や希望者の少なさを嘆いていました。
もちろん職人さんが全くいないわけでもなく、志のある若手も見聞しますが、圧倒的に少なくなっている現実は否めません。
賃金の安さや大手が仕事を独占していく現状、職人ならではの腕を理解してもらえない世情等要因は色々あると思います。

故人は来園するたびに「園長先生よ~、できるだけ元気なうちに作りたいものがあればやるからよ~」といつも快活に笑いながら話してくれました。合掌。

DSC_0247 (800x565)
  1. 2019/07/12(金) 23:33:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笹送り

今日は登園時には、おひさまが出ていたので、プールの準備をされた方も多くいらしたと思います。園もプールができるように前日から水を入れて準備をしていましたが、昼前から雲で陽が陰るとの予報また風が強く思いのほ外気温があがらず寒いために、大事をとり中止にしました。
やはり日中の天気を見ていても、この天候ですとプールから出た後はかなり寒かったと思います。
小学校ぐらいですと、今日の天候なら実施したかもしれませんが、幼稚園ですとやはり「夏らしい暑さ」だなと体感するぐらいの天気でないと、年齢を考慮すると実施できません。
今年はまだ2日間しか行っていないので、夏休みを前に、梅雨明け晴天に期待したいところです。

本日は「笹送り」を実施しました。
園庭の真ん中に笹飾りを置き、取り囲むように園児たちが見守ります。
笹飾りに火をつけると、勢いよく燃えあがり、園児たちが「たなばた」の歌を唱和する中、煙になって空に昇っていきました。
短冊に書いた願い事が天にいる神様に届いていることと思います。

DSC_0278 (800x535)

DSC_0279 (800x535)

DSC_0281 (800x535) (2)

竹が燃えると、割れる時にはじけるような大きな音にびっくりしている子ども達もいたようです。耳をふさいでいる子ども達もちらほらみかけました。
DSC_0282 (800x535)

DSC_0283 (800x566)
  1. 2019/07/11(木) 17:35:27|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月誕生会

今日は7月生まれ18人(残念ながら1名欠席)の誕生を皆でお祝いしました。
DSC_0215 (800x535)

DSC_0217 (800x535)

DSC_0219 (800x535)

これから誕生日のプレゼントをもらいます。
DSC_0225 (800x535)

今月は緑組が作ってくれました。
DSC_0228 (800x535)

DSC_0230 (800x535)

DSC_0231 (800x535)

緑組のT先生からプレゼントの説明がありました。
DSC_0233 (800x508)

DSC_0235 (800x535)

DSC_0236 (800x535)

プレゼンと名は「みどりぐみ カラフル パラシュート」です。
DSC_0238 (800x535)

DSC_0240 (800x535)

DSC_0246 (800x535)

お楽しみは先生たちによる「あしたてんきになあれ」という創作ミュージカルです。梅雨にちなみ、傘をアクセントにしたようです。
DSC_0248 (800x535)

DSC_0251 (800x535)

DSC_0255 (800x535)

DSC_0256 (800x535)

DSC_0259 (800x535)

DSC_0260 (800x535)

DSC_0263 (800x535)

DSC_0267 (800x535)

DSC_0271 (800x535)

DSC_0273 (800x535)
  1. 2019/07/10(水) 19:59:07|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃが芋掘り

今日は曇天を利用して全クラスでジャガイモ掘りを楽しみました。なかなか天気と日程が合わず、ようやく実施できました。
学年ごとに掘る株数が違いますが、それぞれ思い思いに掘っていたようです。今年の年少組は例年に比べると、総体的に意欲的に掘る子どもたちが多かったようです。
ジャガイモの品種は「きたあかり」です。ご家庭で掘ってきた芋を食卓に載せていただけたら、子どもさん達も喜ぶと思います。どうぞよろしくお願いします。
写真は年少組と年中組の様子です。年長組は私が所用で立ち会えず、ごめんなさい。

これから掘りに行きます。意欲満々のようです。
DSC_0212 (800x535)

白線と白線の間が自分の掘る場所です。
DSC_0215 (800x535)

DSC_0223 (800x535)

DSC_0224 (800x535)

DSC_0227 (800x535)

DSC_0231 (800x535)

DSC_0225 (800x535)

素手で掘ることで、土の感触を体感します。ジャガイモの感触も素手を通して感じます。
DSC_0238 (800x535)

DSC_0230 (800x535)

DSC_0233 (800x535)

DSC_0236 (800x535)

DSC_0237 (800x535)

掘り終えた子どもたちから、たらいにある水でさっと手の汚れを落とします。3つのたらいに分かれていて、順番に手を洗います。
DSC_0260 (800x535)

DSC_0262 (800x535)

掘った芋を嬉しそうに見せてくれました。
DSC_0249 (800x535)

隣では5月に年長組が苗を植えたサツマイモがすくすくと育っています。秋のさつま芋ほり遠足も楽しみです。
DSC_0218 (800x535) (2)

DSC_0267 (800x535)
  1. 2019/07/08(月) 20:33:01|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七夕の夜に

七夕ですが、あいにくの天気で天の川も残念です。親子で恋人同士で夏の夜空を楽しみにしていた人もいたことと思います。
知人でこの夜に告白し、流れずにゴールインしたカップルもいます。
子どもから大人まで短冊の願い事が叶うと良いですね。今週以降、天気を勘案しながら園庭で笹送りをしたい思います。

願い事といえば民間企業の就職活動もそろそろ終盤と聞いています。今年は景気が良く若手の就労人口の減少もあり売り手市場と聞いています。やはり一度しかない自分の人生だから、自分のやりたいこと(仕事)をするのが一番だと思います。自分で選んだ以上泣き言はいえないし、誰のせいでもありません。

就職といえば、先週金曜日に園の取引先で懇意にしていた若者が、今の会社を辞めて新しくAI(人工知能)を研究しているベンチャー企業に再就職したので、送別を兼ねて船橋市内で一献かわしました。
若いだけに挑戦していく姿(気持ち)を見るのは嬉しいものです。路地の居酒屋で新しい仕事を楽しそうに話す様子を聞きながら、夜が更けていきました。
「一期一会」ではありませんが、頑張って夢を実現してほしいですね。この世界はAIではできない、とってかわられることがない仕事のひとつと言われていますが、絵本読み聞かせロボットや園児たちが遊具での安全を監視する見守りロボッ十も人手不足の中出現するかもしれません。又ピアノを弾けない学生が増える中、音楽ロボットも出現するかもしれません。
幼稚園教諭(保育士)ロボットが近い将来先生として活躍する時代がくるかもしれません、なんだか怖いようなでも十分あり得る話かもしれません。

先日西瓜をいただき、スタッフでご馳走になりました。梅雨が続きますが、近いうちに風鈴を飾り、夏気分だけでも浸ろうかと思案しています。
DSC_0218 (800x535)


  1. 2019/07/07(日) 21:52:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七夕集会

昨日は明日の七夕を前に遊戯室で七夕の由来についての影絵を鑑賞して、園庭でクラスごとに七夕飾りと一緒に記念撮影をしました。明日の夜は七夕の由来にちなんで、琴座のベガが織姫(織女星)と鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)を見ながら、二つの星と白鳥座のデネブを結んだ「夏の大三角形」と呼ばれる夏の星座を親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

DSC_0230 (800x535)

DSC_0232 (800x535)

DSC_0235 (800x521)

DSC_0239 (800x535)

DSC_0242 (800x535)
  1. 2019/07/06(土) 23:53:48|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ