FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

園外保育~青組・船の科学館へ~

一昨日14日(水)に年長青組とスタッフ4名で今年の劇のテーマの「海賊」にちなんで、船はどうなっているかという船の構造について実際に停泊している南極探検に航海した宗谷に乗船し、艦内を探検したり、船の科学館別館を見学して船についての知識を五感を通して学習することで、あらすじ、せりふや表現を子ども達で考えながら創っていく手助けになることを目的に「日本海事科学振興財団 船の科学館」に園外保育を行いました。
船の科学館に着くと、早速宗谷に乗船し、船内を見学しました。園児達も初めて見る船の中を興味津々に見ていきました。
DSC_0305 (800x535)

DSC_0306 (800x535)

DSC_0309 (800x535)

乗船する前に担任から見学マナーや約束事を話します。
DSC_0321 (800x535)

DSC_0313 (800x535)

保存するための協力金を一人100円ずつ園で用意して、園児たちに募金をしてもらいました。
DSC_0326 (800x535)

船のロープも興味があり、実際に手に触っている子どもたちも見かけました。
DSC_0330 (800x535)

DSC_0331 (800x535)

DSC_0334 (800x535) (2)

DSC_0354 (800x535)

DSC_0341 (800x535)

DSC_0344 (800x535)

DSC_0350 (800x535)

DSC_0352 (800x535)

DSC_0360 (800x535)

DSC_0363 (800x535)

DSC_0366 (800x535)

DSC_0369 (800x535)

DSC_0348 (800x535) (2)

DSC_0385 (800x535)

DSC_0376 (800x535)

DSC_0374 (800x535)

甲板で記念撮影をしました。
DSC_0405 (800x535)

DSC_0409 (800x535)

昼食は天気はよかったのですが、強風のためにバス車内で食べました。
昼食後は、船の科学館別館でも楽しみました。
DSC_0441 (800x535)

必ずマナーや約束事は入館する前に園児達に伝えます。入館してから静かにしなさいとか約束事を伝えても、園児たちは困ります。最初に話して、守れない子どもは館外に出すことが、園児をひとりの人間(人格者)として尊重するうえで大事です。子どもといえども公共の場ではきちんと紳士でいることが大事ですし、他の見学者の迷惑にかけないようにすることがマナーです。
けじめをきちんとつけることも園外保育では大切なことです。
DSC_0424 (800x535)

園児達は事前に船について色々と本などで学んでいるために、興味関心を持って見ている子どもが多かったようです。
毎年、音楽劇のために年長組は様々な博物館や資料館に行くのですが、事前に予約すると中には、幼稚園が見学に来て、騒いだりして大丈夫かなと不安や心配される館やスタッフもいらっしゃるのも事実です。でも実際に行って見学すると、皆さん口々に「幼稚園生とは思えないぐらいに、静かに熱心に見たりまた質問もするんですね」と驚かれます。中には「小学生よりもよほどマナーがいいですし、熱心に勉強していくんですね。普段から幼稚園でも相当勉強しているんですね」と驚かれることもしばしばです。
私はそのたびに「本園は勉強の時間を大事にしています、園に来ると帰るまでが、子どもたちのための勉強の時間です。子ども達自らが勉強することを教育方針に掲げている幼稚園ですから」とお答えしています。
すると、大体の方がひとしきり感心されます。たまに笑いがこぼれる方もいます。そういう方とは不思議と会話がはずみ、学ぶことへの思いを交わすときもあります。本当に日本でも早く親受けだけや見た目のだけの幼児教育から、遊びと勉強の表裏一体の学びを理解して欲しいと、こうした会話を交わすたびに痛切に思います。
改めて幼児教育のエビデンスの大事さをつくづく感じます。
DSC_0430 (800x535)

DSC_0436 (800x535)

DSC_0429 (800x535)

DSC_0437 (800x535)

別館での見学を終えた後、隣接する潮風公園で約30分ぐらいですが、芝生広場でボールを使ったり、友達と鬼ごっこや等思い思いに遊びました。(事前に東京都の公園管理事務所に使用申請許可済み)
往路は渋滞して約1時間半ぐらいかかりましたが、復路は約70分ぐらいの快適な高速道路の旅でした。半数ぐらいの園児たちが寝入っていたようです。
DSC_0469 (800x535)

DSC_0446 (800x535)

DSC_0451 (800x535)

DSC_0452 (800x535)

DSC_0455 (800x535)

DSC_0458 (800x535)

DSC_0464 (800x535)
  1. 2018/02/16(金) 21:48:25|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おじさんの日帰りローカル鉄道の旅

3連休初日に今週15日(木)に緑組が園外保育に行く千葉県立中央博物館大多喜城分館の下見に再度独りで行きました。すでにクラス担任と候補地下見の際に行っており、団体申し込みも終えて、行くばかりです。
今回は園児達を連れて城内の展示物を説明する際段取りを確認に行きました。また鉄道好きな私としては、以前乗車したこともあるいずみ鉄道に久しぶりに乗りたい思いと大多喜の街をぶらぶらと歩いて、街の雰囲気を知りたい思いもありました。
先ずはJR東日本鉄道で佐倉から千葉駅で外房線で外房線乗り換えて大原までいき、始発駅の大原駅でいすみ鉄道に乗車してデンタルサポート大多喜まで行き、その後上総中野で小湊鉄道に乗り換えて、終点五井まで房総半島を鉄道で横断する計画です。

大原駅からいすみ鉄道に乗車します。
いすみ鉄道のコンセプトです。
CIMG4230 (800x600)

急行「夷隅」2両編成です。昭和レトロ満載のキハ28です。
CIMG4208 (800x600)

CIMG4210 (800x600)

CIMG4216 (800x600)

先頭車両
CIMG4223 (800x600)

急行券の切符の硬券が懐かしいですね。車内チャイムも泣かせます。
CIMG4209 (800x600)

CIMG4211 (800x600)

いすみ鉄道はムーミン列車と呼ばれるムーミンのラッピングの車両が走行しています。また途中で車窓からムーミン達が見える場所もあります、国吉駅にはムーミンショップが併設されています。
CIMG4222 (800x600)

CIMG4219 (800x600)

CIMG4214 (800x600)

デンタルサポート大多喜駅で下車して、大多喜の街並みを歩きながら大多喜城を目指しました。
大多喜は房総の小江戸と呼ばれ、房総半島の要衝の地である城下町でした。城は徳川四天王の一人本タ忠勝が1590年(天正18年)に築城しました。
駅構内に本多忠勝の像が鎮座しています。
CIMG4232 (800x600)

CIMG4255 (800x600)

CIMG4267 (800x600)

駅を出て2、3分歩くと、私設の房総中央鉄道館があります。鉄道マニアにはたまらない内容です。ジオラマや鉄道関連のグッズも販売していました。貴重な資料もたくさん展示しています。
CIMG4248 (800x600)

CIMG4240 (800x600)

CIMG4245 (800x600)

CIMG4241 (800x600)

CIMG4237 (800x600)

街並みをぶらぶらと歩きながら、昼食をとり、喫茶店で一息入れました。
渡辺家住宅(国指定重要文化財)江戸時代後期1849年(嘉永2年)に建築された町屋。
CIMG4251 (800x600)

CIMG4253 (800x600) (2)

大多喜城では園児たちにお城と展示物の説明をいかにわかりやすく、興味を持てるようにするかを考えながら、じっくり下見をしました。
CIMG4261 (800x600)

CIMG4271 (800x600)

城内ではいつの間にか紅梅が咲き始めていました。寒い日々の中も春の足音が聞こえてきています。普段忙しない生活をしていると、こうしたひと時が貴重です。一人旅ならではの嬉しい時間です。
CIMG4268 (800x600)

全ての予定を終え、大多喜駅から上総中野まで行き、そこでいすみ鉄道に乗り換えて五井を目指します。夕暮れが迫る中、車中で少しばかり地酒と名物のどら焼きを肴に房総の里山風景を眺めていました。これがあるから鉄道の旅はやめられません。
途中で鉄道写真を撮影する人たちを見かけたり、親子で鉄道の旅を楽しんだり、私のようにおじさん独り旅の方も見かけました。
さる方は鉄道よりも車が好きなので、こうした時間は理解できないようです。
本当にすべてにおいて、とことん趣向が合わない人はそうそういません。子ども達からは「何故結婚したのかわからない」と問われると、お互いに「ボランティア」と自分を棚に上げて言い合っています。でも子ども達からはさる方の言葉に信憑性があるようです。「おとうさんでも結婚できるんだ」と何故か希望の灯のように揶揄されています。
CIMG4257 (800x600) (2)

CIMG4275 (800x600)

上総中野駅で小湊鉄道に乗り換えます。
CIMG4286 (800x600)

自動販売機にも本多忠勝がいました。
CIMG4282 (800x600)

トイレがこの地の名産である筍をかたどっていました。
CIMG4281 (800x600)

小湊鉄道もまたのどかな里山風景の中を走ります。
CIMG4287 (800x600)

CIMG4289 (800x600)

CIMG4291 (800x600)

CIMG4292 (800x600)

五井駅に着いたときはすっかり夜の帳が降りていました。
緑組の園児達との大多喜城分館での園外保育が楽しみです。
  1. 2018/02/12(月) 23:49:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

避難訓練

昨日9日(金)に佐倉消防署のご協力のもと、火事が園舎内台所付近から出火したという想定のもとで避難訓練を行いました。前回は園児が各保育室に担任といる時に火災報知器の非常ベルを鳴らしましたが、今回は園庭で園児たちが思い思いに自由遊びをしている時に実施しました。
避難訓練計画の手順に従い、スタッフも動いたのですが、いくつか失敗(計画通りにいかないこと)があったのも事実です。初期消火をする人、消防署に通報する人、各保育室に取り残された園児がいないか確認する人の見直しにもつながりました。改めて訓練の大切さを学びました。
ありがたいことに公園に隣接しているので、万が一園舎が火災になっても、火の粉の危険からさけたり消火活動の際にも安全な場所に避難できる立地はありがたいです。また平屋建て、各保育室の前が園庭に出入りできる昇降口があるので、素早い避難が可能です。煙にまかれたり吸う危険もへります。園の火元になる普段火を使うガスコンロや湯沸かし器がある台所は職員室の奥なので、万が一出火しても職員室にいるスタッフがすぐにわかります。
避難訓練後の職員会議でも今日の訓練の反省点を各自で共有し、次の避難訓練で生かすように再確認しました。
立ち会ってくださった4人の消防署員の皆さんにもお世話になりました。ありがとうございました。

麦田公園に避難し、各担任が人数を確認し、逃げ遅れた園児がいないかどうか確認します。もちろん職員室のスタッフが別に逃げ遅れた園児がいないかトイレを含めすべての部屋を見回ります。
私は集まった園児にいつものように「命はお金で買えないので、何も持たないので逃げるように、お店で物はお金で買えるけど、命はどのお店にも売っていない」と話しました。
DSC_0260 (800x535)

園庭に戻り、署員の方から火事の際の避難のやり方について、話していただきました。
「おかしも」
お 押さない
か 駆けない
し しゃべらない
も 戻らない
も 持たない
DSC_0262 (800x535)

DSC_0278 (800x535)

またスタッフが消火器を持って消火訓練を行いました。
DSC_0270 (800x535)

DSC_0271 (800x535)

DSC_0272 (800x535)

ご厚意で駐車場に駐車している消防車を見学させてもらい、園児たちも大喜びでした。今回は年長組は秋に佐倉消防署に見学に行ったので、年中2クラスが見学させてもらいました。
若い署員の方が子どもたちにわかりやすく言葉で、丁寧に説明してくださいました。ありがとうございました。
子ども達も普段はなかなか普段近くで見れない消防車に大喜びでした。
DSC_0289 (800x535)

DSC_0284 (800x535)

DSC_0294 (800x535)

クラスごとに記念撮影をしました。保育室にも飾る予定です。
DSC_0296 (800x535)

DSC_0300 (800x535)

  1. 2018/02/10(土) 23:04:07|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽劇発表会に向けて

音楽劇に向けてテーマも決まり、役割が決まってきたクラスもあるようです。
来週年長組は劇のテーマの学びを深めるために校外学習に行きます。
青組は船の科学館、緑組は千葉県立中央博物館大多喜城分館です。
また学ぶ意欲にこたえるために、できうる限りテーマに沿った絵本や書物を購入しています。後はテーマにちなんだお菓子の発見もとても大事です。(実は園長が食べたいのではという声もちらほら聞こえてきますが)
音楽劇に関しての園長としての仕事は園児達に「知」と「食」に満足してもらえる環境作りぐらいでしょうか。
「勉強する楽しさ」をこの劇を通して身につけることで、次につなげて欲しいと思います。

園児達は飽きることなく、繰り返しそれぞれの子どもなりに活用しているようです。年中組や年少組も絵本等を購入しています。

緑組
DSC_0266 (800x523)

青組
DSC_0260 (800x535)


  1. 2018/02/08(木) 20:07:32|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月誕生会

今日は2月生まれ人の12人の誕生を皆でお祝いしました。

園児達が一人ずつ入場して、壇上にあがります。
司会の先生が壁面の説明で、2月ということで節分の説明にちなんだ壁面の話をした途端、誕生月の園児達も皆一斉に振り返って見ていました。先日の節分を思い出します。
DSC_0304 (800x535)

皆でたんじょうびの歌を歌い、お祝いします。
DSC_0309 (800x535)

歌の次は年長組によるプレゼントです。緑組が最後のプレゼントを作りました。
DSC_0313 (800x535)

DSC_0317 (800x535)

緑組のS先生がプレゼントについて説明してくれました。
DSC_0320 (800x535)

実際に使い方を見せてくれました。
DSC_0323 (800x535)

嬉しそうにプレゼントを見ています。
DSC_0324 (800x535)

プレゼント名は「みどりくみ おにはそと ゲーム」です。
2月の節分にちなんで作りました。鬼を壁などに飾り、豆を模した玉を鬼の口の中に入れられるかどうかを競うゲームです。何個豆を入れたか、競い合っても良いかもしれませんね。
DSC_0326 (800x535)

お楽しみはDVDによるアニメ映画「日本昔話~力太郎~」です。
DSC_0329 (800x503)

DSC_0331 (800x535)
  1. 2018/02/07(水) 19:32:44|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒園記念品お披露目会

昨年12月に今年卒園する年長組保護者全員の方から園で役立ててくださいと、ご寄付をいただきました。(その時の記事は昨年12月6日付ブログに掲載)スタッフ一同で熟慮のすえ、大型積み木を買わせていただきました。
先日届きましたので、今日の午前中遊戯室で全園児の前で、そのお披露目会を行いました。
写真はK先生が撮影しました。

紅白のリボンをかけて、私から、昔からおめでたいことや嬉しい時には「紅」「白」の色でお祝いする意を紅白のリボンを例えに話しました。
DSC_0266 (800x535) (2)

リボンのテープカットは今日が2月なので、年長組の2月生まれ5人の園児にお願いしました。
DSC_0267 (800x535)

代表の友達と一緒にテープカットをしました。
DSC_0270 (800x535)

テープカットをして幕をとると、記念品が現れ、園児達からも拍手がおこります。
DSC_0273 (800x535)

年長組から順番に見ていきました。
DSC_0279 (800x535)

DSC_0298 (800x535) (2)

DSC_0288 (800x535)

木目が美しい積み木で、ごっこ遊び等色々な遊びに使えます。家庭では遊べない、幼稚園ならではのおもちゃで楽しんでもらいたいと思います。
ナチュラルな自然素材を中心とした温かみのある木製品を主に選びながら、こうした教具(おもちゃ)で園児たちが遊び楽しみながら、心身の成長を育んでもらいたいと思います。
ご寄付をいただいた記念品は末永く大事に使わせていただきます。この場をお借りして改めて皆様の善意に心から深謝申し上げます。
DSC_0302 (800x535)
  1. 2018/02/06(火) 23:44:45|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

立春大吉

今日は立春ですね。季節が冬から春になったその日のことを指すようです。節分は豆まきをしてして鬼を払い福を呼ぶ行事と思われていますが、本来節分は季節の区切りとされ、それを季節を分けるという意味で「節分」と呼んでいたようです。
節分とは、春を迎え新しい一年の始まりの前に邪気を払うための行事だそうです。
そして新しい一年を迎える立春にはその一年がいい年であるようにと願いを込めて、「立春大吉」と言う言葉を掲げるようです。
その意をこめて、このブログを読んでくださるっている皆さまにも、1年の始まりにあたり良い年になる願いをこめて、「立春大吉」と表題を掲げさせていただきました。本当に誰もがお互いに良い年にしたいものです。

園児達が昨年秋に植えたチューリップの球根がいつの間にか芽を出していました。
DSC_0261 (800x535)

午後からは音楽劇の件で、千葉市の猪鼻城に独りで下見に行きました。
CIMG4170 (800x600)
  1. 2018/02/04(日) 20:47:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分

園長です。
昨日のブログでお伝えした通り、今日は午前中はお休みをいただき、午後から出勤して、年長組保護者対象の親子関係検査説明から勤務に入りました。園庭には豆が散乱しており、園児達が奮戦した様子が伺えます。
スタッフの話によると、今年もまた鬼ヶ島から鬼ヶ島太郎と子分達5名が園を乗っ取りにやってきたとのことです。当初7名との情報でしたが、子分の1名が直前に体調を崩してしまい、太郎以下6名の鬼がやって来ました。最初こそ乗っ取られて、鬼ヶ島幼稚園になったようですが、園児達とスタッフの勇気ある行動で無事に園を取り戻したようです。
顛末については機会あれば、このブログで改めて紹介したいと思います。
スタッフのK先生が密かに必死の思いで撮影した今日の節分風景の写真があります。
今日は鬼ヶ島太郎と5匹の子分たちを紹介しましょう。特に太郎は今年入園したばかりの可愛い年少組3歳児の園児達にあの独特の声を出しながら、何度も襲いかかり、散々泣かせていったようです。私は話を聞いて怒り心頭、本当に許せない鬼です。子どもたちがどんなに怖い思いをしたか、保護者の皆さんもさぞご心配したこととおもいます。お気持ちに心から共感いたします。
また園長としての責任も感じています。来年の節分に向けて、スタッフと鬼対策を練りたいと思います。ご寛容を願います。

DSC_0209 (800x535)

DSC_0208 (800x535)

DSC_0207 (800x535)
  1. 2018/02/03(土) 19:42:42|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分を前に

今日は朝方から雪がちらつきましたが、登園のみ園バスを一時間遅れで運行し、平常の全日保育を行いました。前夜から大バスはチェーンを履かせ、またワゴン車はスタッドレスタイヤにしてあり、今日のような状況にも備えていました。湿雪で道路に積もらないことも考慮しました。先日の大雪でも運行は可能でしたが、普段雪道に慣れていない車によるもらい事故や渋滞による遅延のこともあり、園バス送迎は取りやめさせていただきました。

さて明日2月3日は節分ですね。例年と同じように園児達に「明日は幼稚園に鬼が来るかもしれません。鬼が怖いので明日は幼稚園を休みます。園長先生はいないけど、皆で頑張って豆を投げて、鬼たちをやっつけてくださいね」と話しました。
実際に園児の中には明日の鬼が怖くて、すでに幼稚園を休む欠席の連絡をいただいているようです。
私も、子どもたちが怖いといって小さな胸を痛めるまでに怖がらせるあの極悪非道の鬼ヶ島太郎には強い憤りを感じます。
鬼ヶ島からの情報によると、今年は土曜日ということもあり、鬼ヶ島歴史史上最大の7匹の鬼たちが佐倉城南幼稚園乗っ取りにやってくるそうです。
毎年来ては最後に退散してしまう鬼たちですが、今年は人数も揃え、かなり気合を入れて、虎視眈々とねらい、太郎と子分達でやる気満々で来園するようです。
園児達とスタッフの健闘を自宅の布団の中から祈ります。

森のウッドデッキ付近にひいらぎが自生しています。葉は鬼が嫌いなようです。よかったら使ってみてくださいね。
DSC_0110 (800x535)
  1. 2018/02/02(金) 12:54:24|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分~一足早く「のびのびすくすく」で節分を楽しみました~

2月3日の節分より一足早く、子育て支援事業「のびのびすくすく」で第1週、第2週合同で節分行事を楽しみました。
幼稚園のツリーハウスが鬼の棲家となり、2匹の鬼が姿を現しました。「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら、豆を投げて鬼を追い払ったようです。そのあとは園庭のあちらこちらに隠れている鬼を探すスタンプラリーを親子で楽しんでくれたようです。
私が見る限り今日の鬼はとてもかわいく愛らしい鬼達でした。クラスの子ども達も鬼の姿に気づいて、廊下から豆まきの様子を見つつ、未就園の子どもたちを応援していたようです。

余談ながら、2月3日の節分当日に鬼ヶ島から毎年城南幼稚園を乗っ取りにやってくる鬼が島太郎とその仲間は今日の鬼とは違います。
今日のような可愛い癒しの鬼とは様子からして別人です。私は毎年節分の日は鬼が怖くて、園を休ませていただいているので、正直どういう鬼達かわからないことだらけですが、スタッフの話によると園児達を恐がらせ泣かすことを生きがいとする極悪非道の鬼達のようです。
そうした事情を何も知らない年少組のひとりの園児が「幼稚園の節分の時もあの鬼さんがくるのかなあ、嬉しい」と話していたようです。そうした言葉を聞くと、何とも言えない複雑な気分になります。

今日の節分の様子です。
鬼の棲家となったツリーハウスから登場です。
DSC_0080 (800x535)

「鬼は外、福は内」鬼に豆を投げつけます。
DSC_0094 (800x535)

DSC_0098 (800x535)

DSC_0096 (800x535)

DSC_0084 (800x535)

DSC_0083 (800x535)

「さようなら」鬼ヶ島に帰るようです。
DSC_0104 (800x535)
  1. 2018/02/01(木) 15:18:18|
  2. ブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ