FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

震災を忘れない

今日は23年前に6,434人が犠牲になられた1995年の阪神大震災がありました。
日々忙しく過ぎていく中で、どうしても忘れがちになります。「備えあれば憂いなし」の言葉でありませんが、いつ起こるかわからない震災に備えることは、子どもの命を預かる仕事としては当然のことです。万が一の時に保護者の皆さんにとって一番心配なのは我が子の安否の情報だと思います。
園も子どもさんの安全確保後は、次にそうした情報を伝えることが優先事項です。携帯電話が通話不能になった場合に備えて、インターネットによる園HPの掲示板の活用やメール配信システムまた園バス情報位置システムも大事です。
また園と園児の自宅の間の経路を知ることも必要です。入園時にご自宅の地図提出をお願いしていますが、実際に足で現地確認しないと地図上だけですと、わかりづらい時があります。
経路の途中で、道路の規模、橋を通るのか、踏切は、公園は、避難場所等そうした様子を知ることで、万が一の震災の際に何かの事情で送迎や待機する際の大事な情報になります。私は幼稚園から佐倉に住んでいるので、旧佐倉市内なら細かい路地まで知り尽くしていますし、園児の自宅の大体の場所はわかります。但し初めての地域の場合は必ず自分の目でその場所を確認します。園バスのコースも私が作成するのは、震災時を想定して、どういう地域から来ているのかまた園からの経路の確認の意味もあります。園長として震災時に情報を出す最高責任者として、スタッフに任せるわけにはいきません。そういう点でも今の規模ぐらいがちょうど良く、園児数が200人以下でないと、とても細かく把握するのは無理だと思います。

4月に担任が家庭訪問として訪問させていただくのは、前述した震災時の対応に際しての自宅確認もあります。
今はライフスタイルが変わり、家庭訪問をする園は少なくなってきたようです。育児や家事また仕事にとお忙しい中、ご協力いただいていますが、万が一に備えてのことです。家庭訪問へのご理解をお願いします。
以前神戸市にある阪神・淡路大震災記念「人と防災未来センター」を見学したことがありますが、とても勉強になりました。遠方ですが、何かそちら方面に行く機会があれば、見学をお奨めします。

DSC_0027 (800x535) (2)

  1. 2018/01/17(水) 22:50:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午後から真っ青に澄み切った青空に虹がかかりました。丁度徒歩送迎のお迎えの時間とも重なり、親子で見られた方も多かったと思います。
「きれい」「虹だ」言葉で表現する子どもたちもいます。そんな中、ひとりの園児がじっと黙ったまま虹を見つめていました。
とかく教師は教えたがったり感想を求めがちです。
「どうだった」「きれいだった」「楽しかった」等々お節介な面や自分の価値観の押し付けまた子どもが黙っていると、その気持ちを確かめたがる傾向があります。
感動(表現)の仕方は人それぞれ違うものです。そうした気持ちを察して受け止めてあげる心は保育者にはとても大事なことです。
先ずは子どものありのままの気持ちを素直に受け止めるあげるおおらかさ(共感)を持ちたいものです。

DSC_0032 (800x535)
  1. 2018/01/16(火) 19:34:13|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

組当番

年長組が今日から組当番として、各クラスに先生役をしに行きます。
体操後は、自己紹介をして皆から質問の受け答えがあります。
小学校入学を控え、人前に立って、自分のクラスだけではなく、他のクラスの友達の前で受け答えができる機会を経験します。
小学校に進学したら、自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞く経験はとても大事なことです。3月まで組当番を行いますが、3、4回は経験できると思います。

朝の体操の時に、先生に代わって園児達の前に立って整列の指導を行います。
DSC_0051 (800x535)

朝の体操終了後は、各クラスごとに園児達からの質問に答えます。「どんな食べ物が好きですか」「どんな遊びが好きですか」等色々な質問が飛び交います。
DSC_0069 (800x535)

青組
DSC_0055 (800x535)

黄組
DSC_0057 (800x535)

桃2組
DSC_0068 (800x535) (2)

赤組
DSC_0062 (800x535) (2)

桃1組
DSC_0063 (800x535)

緑組
DSC_0060 (800x535)



  1. 2018/01/15(月) 18:50:02|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センター試験に思う

昨日、今日と2日間にわたってセンター試験が行われました。受験生にとってはいよいよ大学受験のシーズンの始まりですね。
私も昨日、今日と新聞で問題用紙を見ても、理科や数学の問題はさっぱりわからず、知識は忘却の彼方で我ながら学力のなさに愕然としています。でもムーミンに係る問題が出題されたのは微笑ましいですね。個人的には愛読する白土三平氏のカムイ伝や手塚治氏の作品が出るのも一興かなと思います。

私はセンター試験の前身かつての国公立大学共通第1次学力試験の第1回目を受験したことがあります。現役の時は国公立は1期校、2期校に分かれていた最後の試験制度の時代でした。そのため、現役で合格しないと新しい制度の試験になるということで、現役合格が叫ばれていましたが、国立大学1期校、2期校ともに不合格で、あえなく浪人しました。(単に勉強する努力が足りなかった自業自得です)
翌年は初めて実施する5教科7科目のマークシート方式で行い、国公立は1校しか受験できず、共通1次試験の配点と2次試験の配点を案分して決めるという難しい選択だったように記憶しています。教科書レベルの問題を出題するとはいえ、文系の私立大学の受験科目は大体が3科目で、必修受験科目は英語、国語で後は社会、理科、数学のひとつを選択科目にする大学が多かったようです。そういう状況の中で、共通1次試験のために社会と理科の4科目を万遍なく勉強するのはそれなりに大変だった記憶があります。共通1次試験会場は千葉大学で、寒くて雪がちらついていたような思い出があります。結果的には共通1次の結果の得点を考慮して、2浪はさすがにできないという背水の陣をひいただけに、大学の偏差値を下げて(今思えば変な話ですが、当時は偏差値至上主義のような思いがあったのも事実です)合格可能性が高い大学を志望し、無事合格して事なきを得ました。

今も昔も受験はそれなりに大変なことだと思いますが、どの大学を選びかはやはり自分が将来どういう学問を学び、どういう仕事につきたいかという思いを踏まえて、その目的にあう施設や教授陣等を考慮しながら選択するのが一番良いように思います。
以前は偏差値至上主義で偏差値が高いのが良い大学という価値で判断する変な時代もあったようですが、今はどうでしょうか。
社会人として働くようになると、出身大学はあまり意味をなさないのは、幼児教育の仕事に限ってはいえば全くその通りです。本園も様々な4年制また短期大学や専門学校を出て幼稚園教諭の資格を取得して働いていますが、決め手は人柄とその仕事への熱意また日々勉学する気持ち次第です。
そういう意味でも自分が好きな将来めざしたい仕事を決めて、次の学校(大学や専門学校)を選択するのが一番良いように思います。

「学び」はどんな仕事でも一生続きます。それだけに大学入学はあくまでもスタートで、それで人生が約束されたわけではありません。就職もしかりです。仮に第一希望の大学に合格しなくても、そことは縁がなく、むしろ入学した大学とご縁をいただいたと前向きに歩んでほしいと願っています。
インフルエンザも流行っています。体調管理を万全にして、ベストを尽くしてくださいね。

土日は園で一人静かに過ごしていました。
冬の柔らかな日差しが園庭にそそぎ、光陰の世界を作ってくれます。仕事の合間にそうした世界に溶け込むのも楽しみです。

DSC_0043 (800x535)

DSC_0045 (800x535)

DSC_0048 (800x535)

DSC_0049 (800x535)

DSC_0029 (800x535)
  1. 2018/01/14(日) 23:56:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知能検査

今日から年長組青組から財団法人田中教育研究所編「TK式幼児用田中B式知能検査」を使った知能検査をはじめました。青組が終わり次第、緑組も実施する予定です。この結果については今学期に予定している保護者対象に実施する親子関係テスト(親と子どもの関わりを客観的にデータにして見る)の結果とあわせながら、該当の保護者にお伝えする予定です。
私が各教室に出向いて3人~7人のグループにわけて約40~50分ぐらいかけて検査をしていきます。
知能検査は知能を測定するということもさることながら、小学校教育の教科学習とは違う幼児期に学ぶ力をどの程度身に着けているかを調べ、あわせて本園の教育カリキュラムの見直しの資料としても活用しています。

検査は対象者が幼児ということで非言語式で読字力や書字力を必要とはしていません。ただ実際は年長になると文字を読んだり書くことはできますし、本園でも字や数のワークを使います。また2学期からは靴箱やロッカーの氏名は漢字表記にしています。但しあくまでも興味や関心を持たせることがねらいです。テストの内容は大きく学習場面と生活場面の2領域に分かれています。それは幼児知能の主要側面と考えられているからです。
また園児が小学校進学にあたり、姿勢良く人の話を聞けるか、私(園長)が話す内容をきちんと理解しているか、また課題に対する取り組みの意識や態度についても観察します。
普段保育室で園児たちとこうした形でのやり取りがないだけに、園児達も最初は幾分緊張気味でしたが、やり終えた後に子ども達に感想を聞くと、楽しかった、面白かった、またやりたいといった話をしてくれる子ども達がほとんどでした。
さすがに場をわきまえているようで、「園長ブタゴリラ」と話す子どもも、もちろんいません。

このブログでも何度か触れましたが「教育のやり方に絶対」ということはありませんが、「頭が良いとはどういうことか」「知能指数が高い」「幼児期の勉強方法」といった親として当然関心が高いキーワードについて、毎年こうしたテストを行い、耳に入ってくる卒園生の進路を聞くと全く関連がないかというと、「ないと」といったらうそになりますが、全てではないと思います。
確かにこうしたテストの結果として、クラスで例年何人かは知能指数が高い子どもはいますし、幅があるのも事実です。でもそれとこれから生きていくうえで、それがどうかかわりがあるかといったことになると難しい問題です。
いくら知能指数が高くても、人の気持ちや他人とのかかわり方ができないと社会の中で社会人として生きていくのは難しい面があります。また良く誤解されがちですが、「頭が良い」ことと「学校の成績が良いこと」は別問題です。成績は頭(知能)よりもその子どもの勉強への努力次第だと思います。すなわち小学校、中学校までの勉強(成績)は勉強量によると断言しても良いと思います。もちろん個人により要領や記憶に個人差がありますが、それは努力次第でカバーできる範囲ではないでしょうか。高校ぐらいまではいかに勉強したかどうかだと思います。
私事ながら、私の子どもが「成績が悪いのは頭がわるいから」と話した時に、「頭が悪いのではなく、たんに勉強する時間が少なく遊んでばかりいて、授業の予習復習をしなければ、当然成績は振るわないのは自明の理であり、成績が悪いのは当然で自分の頭の良し悪しにしてはいけない、成績は努力次第である」と話したことがあります。学校の成績はあくまでもその子どもの努力次第(勉強量)のように思います。
大学入学までならどの子どもも平等ですし、するかしないかだけの問題です。もちろん要領が良い子どもや記憶力が良い等個人差はあると思いますが、努力で補える面が大きいと思います。
では幼児期に必要な学力は何かはいつも話すように下記の箇所を是非ご一読ください。
簡潔でわかりやすいと思います。

「幼稚園教育要領」の中の「幼稚園教育の基本」文部科学省HPから検索できます。本園HPのリンクにあります。

今日は青組7名で行いました。
DSC_0156 (800x535)

DSC_0163 (800x535)
  1. 2018/01/12(金) 16:57:24|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人の手仕事

昨日、今日の2日間このツリーハウスを作ってくれた大工さんが補修工事で来てくれています。
園児達が時々作業の様子を見に来ます。中には飽きずに長時間眺めている子ども達もみかけます。
私も園児達の安全が確保され、施工業者さんも工事をするうえで支障なければ、できうる限りこうした工事を含めた職人技を見せあげたいと思っています。
今は手仕事を見る機会も限られています。時々大工さんが仕事の手を休めて、見学している子ども達と会話をしてくれたり、木屑をもらって遊びにしたりする微笑ましい光景も好きです。
また自分たちが常日頃生活している園環境や今日のような遊具が人手を介して直していくことを知るの大切なことだと思います。
また色々な仕事があるのを知る良い機会になります。

園オリジナルのツリーハウスです。耐久性と造作を考慮し、総檜で作られた贅沢な遊具です。
DSC_0179 (800x535) (2)

DSC_0163 (800x535)

檜の木屑を嗅がせてもらうと、子どもによって反応が様々です。大人が嗅ぐ檜の香りとは少し違うようです。
DSC_0171 (800x535)

DSC_0172 (800x535)

職員室で檜の香りを楽しんでいました。入室した年長組の女児に嗅いでもらったところ、臭くていやだといわれました。子どもは正直ですね。
DSC_0177 (800x535)

DSC_0178 (800x535)
  1. 2018/01/11(木) 17:51:15|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水場

今日も冬晴れの1日です。園庭では春夏秋冬1年を通していつものように滝と川と砂場の複合遊具には子どもたちが群がっています。
まるでアフリカのサバンナの水場に集まる動物たちの群れのようです。
もっとも人間も広義では生物(動物)です。この寒さの中でも何人かは裸足になっています。もっとも夏などはそれこそカバのように水たまりの中にパンツで一枚になり全身を浸して暑さから逃れている子ども達も時折見かけけます。夏の暑さから身を守る術、まさに生きる力を学ぶ子どもたちを見ながら、遊びと学び(生きる力)の相関性を改めて感じます。

サバンナの動物たち同様、園の水場でも時には色々な思いからけんかになるときもあるようです。でもけんかはある意味この幼児期は大事な学びです。保護者の方はけんかといじめを混同されがちで、心配されますが、全く別物です。
基本幼児期にいじめはありません。ただし園の教育方針が成果のみにとらわれ、子どもたちに無理強いさせたり競争意識満載の過程を無視した結果を求めるだけの保育をすると、必然的に子ども達が友達をそうした偏った視点でみて、その子どものできない面だけを見て、できないやつはだめな子どもとしていじめるという温床ができます。
競争意識は大事ですし、生きていくうえで必要ですが、要はやり方であり塩梅です。それ以上に一番大事なことはどの子どもにも必ずよい面や得意なものがあります。それを園生活の中で子ども同士が認め理解しあえる保育を行い、得意分野を発揮できる環境が大切です。虫捕り、泥団子つくり、鬼ごっこが上手、面白い遊びを知っている、字を知っている、数の数え方が上手等その価値はみな同じです。大人の価値観で評価することではありません。

水場でのけんかは子ども同士で解決していきます。サバンナですと力関係で決まり時には命のやり取りになります。
人間は言葉を介して解決することができるのが特徴ですし、それを学ぶのが幼児期の大事な学びです。
但し長引くのは親が介入した時です。
子ども同士はけんかをしても、園で仲直りしても、家で「○○ともう遊んではいけません」なんて子どもに話したら、当の子どもたちが困ります。子どもは遊びたくない子どもとはわざわざ遊びません。
保護者は園での様子がわからないので、子どもの話すことを信じるのも親として無理もありませんが、園に話して事情を聴いてもらえればありがたいです。
常々話すように、幼児期は人間関係を学ぶ大切な時期です。


DSC_0011 (800x535)

DSC_1145 (800x535)

DSC_1138 (800x535)

DSC_1133 (800x566)
  1. 2018/01/10(水) 23:52:24|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3学期始業の日

今日から第3学期が始まりました。皆で園庭に集まり、2名の仲間になった友達を紹介しました。
私からは第2学期終業の日に話した三つの約束を冬休み中に守れたかどうか聞くと、はいと元気なこえがあちからこちらから聞こえてきました。
園庭が昨夜の雨の名残でぬかるんでいるために、室内で朝の体操をしました。
その後はクラスごとに活動をしていたようです。園内もお正月にちなんだ飾りを出し、歌留多、双六、独楽、凧揚げ、羽子板等日本の伝統の正月遊びを出して、園児達も楽しんでいたようです。
今日は暖かな冬とは思えない陽気で、凧揚げや羽子板を楽しむ子どもたちの中には汗ばむ子どもたちもいたようです。

DSC_1088 (800x535)

先月までのクリスマスからお正月飾りへと時は廻ります。
DSC_1092 (800x535)

DSC_0006 (800x535)

DSC_1095 (800x535)

DSC_1096 (800x535)

園庭では凧あげに疾走する子どもたちで賑やかです。
DSC_1103 (800x535)

DSC_1109 (800x535)

追羽根の音もどことなく優雅に聞こえてきます。
DSC_1107 (800x535)

日当たりの良い廊下では先生と一緒に歌留多を楽しんでいました。
DSC_1111 (800x535) (2)

DSC_1100 (800x535)

年長組になると自分たちで双六を楽しみます。
DSC_1124 (800x535)

独楽を紐で上手に回せる子どもはちょっとしたヒーロです。
DSC_1122 (800x535)

DSC_1129 (800x535)
  1. 2018/01/09(火) 19:20:42|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝・成人の日

先ずは成人になられた皆さんに心からお祝い申し上げます。
これからも心身の健康に留意されて、心豊かな生活を送れられるようにお祈りします。

あいにくの天気でしたが、佐倉市でも佐倉市民音楽ホールで3部に分けて成人式を行ったようです。街角でも晴れ着や真新しいスーツに身を包んだ新成人を見かけました。
当の本人たちもさることながら、誕生から慈しみ育てながら、20才として大人の仲間入りをした今日の日を迎えられました新成人の保護者の皆さんにとってもさぞお喜びのことと思います。特に女手や男手独りで育てあげられた方はより感慨深いものがあると推察いたします。心からお祝い申し上げます。

今日の日は保護者としても子育ての節目のひとつになったことと思います。
親としてはこれからは本人たちが大人としての立ち振る舞いと自覚を持ちながら、各自が自律心と自立心をもって生きていくのを見守るようにシフトしていくのが親の役目かもしれません。今までの子どもの保護者から、今度はひとりの大人として見守る、大人同士の形のようなものでしょうか。

成人を迎えられた皆さんはこれからの長い人生の中で時には迷ったり悩んだり、またすがったり頼ったりする時もあるかもしれません、でも最後は自分で決断しながら、自らが切り開いていかなくてはなりません。何故なら自分の人生です。
そんな皆さんにすこしだけ人生の先輩の私から次のメッセージを送ります。

「とかく目に見えるだけの価値のある物に目を向けがちですし、その価値も否定はしません。でも目には見えない大事な価値あるものにも留意してください。それが、もしかしたら皆さんが生きていくうえで困ったり悩んだりした時に助けてくれたり、役に立つこともあるかもしれません。成人おめでとうございます。」

この冬休みを利用して、神社にお札を返しに行きました。
その神社には付属幼稚園が併設されており、毎年園児達がその年の干支にちなんだ干支をちぎり絵で作成し、飾ります。その絵を見るのも楽しみです。
CIMG4050 (800x600)

ある方は色々なお寺に行くたびに、こうした掲示板を目ざとく見つけては、私によく読んで、身を正すように話します。
CIMG4061 (800x600)

成人の日にちなんだ写真を掲載します。

おみくじを結ぶ場所に南天が植えられています。
南天は「難を転ずる」にちなんだ縁起ものです。
「艱難汝を玉にす」「若いうちの苦労はお金を出しても買え」ということわざもあるので、おみくじも遊び心でみるのが、よろしいかもしれません。
CIMG4095 (800x600)

CIMG4130 (800x600)

これからの長い人生の中で悩む気持ちも多々あると思います。若いうちは悟りはまだまだ早いです。大いに悩むのも若さの特権です。
CIMG4079 (800x600)

CIMG4113 (800x600)

CIMG4118 (800x600)

CIMG4116 (800x600)

座る位置で見る風景も変わります。若いうちは幅広い視点で外界を見たいものです。
CIMG4099 (800x600)

お酒も二十歳からですね。私も少しだけ嗜みますが、お酒は自分の適量を知ることも大事ですし、人に迷惑をかけないマナーも身につけたいものです。こればかりは経験しながら学ぶしかないですね。一気飲みは健康面からもやめましょう。お酒を飲む時間は折角なので、楽しい時間にしたいものです。それには飲む場所と同席する相手も大切です。
CIMG4044 (800x600)
  1. 2018/01/08(月) 14:09:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬休み

ブログも今日から冬休みをいただき、第3学期始業の日から開始する予定です。昨日からウィンターくまキッズ(預かり保育)が始まりました。昨日は3名、今日は5名の予定です。
昨日、今日と日直がいるので、園にはいかず、私用で過ごしました。もちろん何かあった時のために園とは連絡はとれるようにしてあります。
園児たちにとっても残り少ない冬休みを風邪や事故に気をつけて、楽しく過ごして欲しいと願っています。
来週9日に元気な顔で会えることを楽しみにしています。
  1. 2018/01/05(金) 10:12:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ