FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

大根掘り

先週、誕生会を挟んで2日間にわけて、園の畑で行った大根掘りの様子です。
初日は桃2組と緑組が第1陣で、年中2クラスが第2陣で行きました。
2日目は青組と桃1組でのペアで出かけました。
園児達にも抜けやすいように青首大根ではなく、甘みもあり食感も楽しめるホワイトスティック大根の種をまいて育てました。
子ども達でも容易に抜けて、独りで抜いた達成感もあるようです。ひとり2本ずつ持ち帰りました。
そんな2日間の様子です。初日の桃2組と緑組は撮影できずごめんなさい。
冬場は根菜類の美味しい季節です。畑とは別に園の菜園の冬野菜の収穫も間近です。
寒さも厳しくなりましたが、野菜をたくさんとることができる鍋料理やシチュー等で、冬の寒さと風邪に打ち勝ちたいものですね。

年中黄組と赤組の様子です。
DSC_1121 (800x535)

DSC_0924 (800x535)

DSC_0929 (800x535)

DSC_0930 (800x535)

DSC_0934 (800x535)

DSC_0937 (800x535)
DSC_0942 (800x535)

DSC_0944 (800x535)

DSC_0946 (800x535)

DSC_0948 (800x535)

DSC_0949 (800x535)

青組と桃1組
DSC_1088 (800x535)

DSC_1096 (800x535)

DSC_1093 (800x535)

DSC_1098 (800x535)

DSC_1109 (800x535)

DSC_1116 (800x535)

DSC_1105 (800x535)

DSC_1107 (800x535)

DSC_1117 (800x535)

DSC_1119 (800x535)

2日目の15日(金曜日)は昼食時に掘りたての大根で、園児に大根の味噌汁をふるまいました。
DSC_1128 (800x535)


  1. 2017/12/17(日) 17:53:45|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・あわてんぼうのサンタクロース

昨日の12月の誕生会の後、各保育室にサンタクロースがプレゼントを持ってきてくれました。クリスマスまではまだ日があるのに一足早く来園してくれたようです。
まさにあわてんぼうのサンタクロースですが、園児達は喜んでいたようです。少しびっくした子どもさんもいたようですが、最後にはプレゼントをもらって、笑顔になったようです。
そんな各クラスの様子の一コマです。サンタクロースが訪れたクラスの順番に掲載しています。露払いは私です。そうでないと園長がサンタクロースに化けていると誤解を招きやすいのです。実際に子どもたちから「園長先生だ」というので、私はここにいるよと、サンタさんと並ぶと、驚いていました。

黄組
DSC_0996 (800x535)

DSC_1000 (800x535)

DSC_1002 (800x535)

DSC_1005 (800x535)


赤組
DSC_1006 (800x535)

DSC_1010 (800x535)

DSC_1015 (800x535)

DSC_1017 (800x535)

DSC_1019 (800x535)

桃2組
DSC_1021 (800x535)

DSC_1022 (800x535)

DSC_1027 (800x535)

DSC_1028 (800x535)

DSC_1031 (800x535)

DSC_1034 (800x535)

桃1組
DSC_1040 (800x535)

DSC_1042 (800x535)

DSC_1044 (800x535)

DSC_1047 (800x535)

DSC_1056 (800x535)

DSC_1057 (800x535)

緑組
DSC_1058 (800x535)

DSC_1059 (800x535)

DSC_1060 (800x535)

DSC_1061 (800x535)

DSC_1063 (800x535)

DSC_1066 (800x535)

青組
DSC_1072 (800x535)

DSC_1073 (800x535)

DSC_1075 (800x535)

DSC_1079 (800x535)

DSC_1082 (800x535)

DSC_1084 (800x535)

サンタクロースさん、年少には可愛い柔らなプリスビ―、年中、年長には歌留多のプレゼントを持って来てくれて、どうもありがとうございました。これからクリスマまで忙しい毎日ですね。風邪をひかないように気をつけてくださいね。
トナカイさんにもよろしくお伝えください。また来年もお待ちしていますね。
DSC_1039 (800x535)

DSC_1037 (800x535)

DSC_1070 (800x535)
  1. 2017/12/15(金) 18:56:01|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月誕生会

今日は12月生まれの誕生を行いました。12月生まれ8名と11月の誕生会で欠席した4名の11月生まれ、合計12人の誕生をお祝いしました。
DSC_0957 (800x535)

皆でお祝いの歌「誕生日」を歌います。
DSC_0959 (800x535)

次に緑組が作ってくれたプレゼントを受けとります。
DSC_0962 (800x535)

DSC_0965 (800x535)

DSC_0967 (800x535)

プレゼント名は「みどりぐみ 夜にかがやく オーナメント」です。園庭に落ちている木の枝を使い、毛糸を巻き込みながら、クリスマスらしい飾りを散りばめました。クリスマスの時に飾ってくださいね。
DSC_0970 (800x535) (2)

誕生日のお楽しみは先生たちによるクリスマスの曲にちなんだ合奏です。
1曲目はトーンチャイムを使った曲「きよし この夜」
DSC_0972 (800x535)

DSC_0973 (800x535)

2曲目はミュージックベルとピアノによる「赤鼻のトナカイ」です。
DSC_0976 (800x535)

DSC_0978 (800x535)

最後はタンブリン、鈴、マラカスとピアノによる「あわてんぼうのサンタクロース」です。園児たちも一緒に歌いました。
DSC_0984 (800x535)

DSC_0986 (800x535)

DSC_0990 (800x535)

DSC_0994 (800x535)
  1. 2017/12/14(木) 23:04:38|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわてんぼうのサンタクロース来園

昨日子育て支援事業「のびのびすくすく」でペープサートを使った音楽劇「ブレーメンの音楽隊」を上演したのは昨日のブログでご紹介したとおりです。
昼食後、のびのびすくすくのスタッフが全園児にも再度音楽劇を上演してくれました。終了後、散会する時に突然舞台にあわてんぼうのサンタクロースが鈴の音とともに現れ、ペープサートの動物たちにも一足早いクリスマスプレゼントを届けてくれました。
あっという間の出来事で、園児達も声も出ないほど、茫然とサンタクロースを見つめていましたが、帰る間際に先生やサンタとしばし踊って楽しんだようです。私は職員室で応対中でしたが、サンタクロースの登場を聞いて、あわてて遊戯室に行きましたが、すでに立ち去った後でした。でも子どもたちが口々にサンタクロースが来たよと教えてくれました。S先生が音楽劇の記録用に撮影をしており、サンタクロースを一目見ることができ、嬉しく思います。

サンタクロースは子どもにしかプレゼントを持ってきてくれないといわれていますが、仮に大人になっても子ども心を持っている大人には、もしかしたら来てくれるかもしれないと信じ、私はベッドの脇に靴下をかけて毎年イブの日を心待ちにしています。「信じる者は救われる」どこかでよく聞く言葉ですが、イブの日まで毎晩呪文のように唱えては、家族から失笑されています。
愛のあるプレゼントが届いたあかつきには、このブログで大いに自慢したいと思います。(笑)

DSC_0903 (800x535)

DSC_0908 (800x535)

DSC_0910 (800x535)

DSC_0912 (800x535)

DSC_0918 (800x535)

DSC_0920 (800x535)

DSC_0921 (800x535)


  1. 2017/12/13(水) 09:11:16|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスを楽しむ~子育て支援事業「のびのびすくすく」~

毎月第週1週と第2週の火曜日に行う親子参加型の「のびのびすくすく」も今年最後の回は12月にちなんで今年1年間の煤払いをする意味で、新聞紙で箒を作り掃除をしてから、間もなく来るクリスマスをテーマにした内容を楽しみました。
子どもと一緒にクリスマスケーキを作り、踊って楽しみ、ケーキを食べて、食後はペープサートを使った音楽劇で楽しみました。
遊戯室を出て、今度は園庭の森のウッドデッキの傍のキウイ狩りを親子で楽しみました。
その後は園庭で自由に遊び、再び遊戯室に戻り、昼食を食べて解散です。
この事業は来年3月まで行いますが、平成30年度の子育て支援事業「のびのびすくすく」も開校を予定しています。春に募集を行う予定です。HP上でもご案内します。
親子で音楽や造形等を楽しみ、自然豊かな園庭で遊び、子育てをしているおかあさんやおとうさん同士で一緒に昼食を食べながらお互いの悩みを相談する場にしませんか。(昼食は自由参加)
詳細は園HPの子育て支援の項目をクリックしてくださいね。
今日はそんなのびのびすくすくのひと時を紹介します。

5月から始まり今日で7回目になります。顔なじみのおかあさんも増えてきたようです。

親子でクリスマスケーキを作ります。
DSC_0854 (800x535)

出来上がったケーキは前のテーブルに並べておきます。どれも美味しそうなケーキですね。
DSC_0856 (800x566)

DSC_0860 (800x535)

DSC_0865 (800x535)

食べる前に、クリスマスにちなんだダンスを親子で楽しみました。
DSC_0867 (800x535)

DSC_0869 (800x566)

踊った後は皆でケーキを食べました。大きな特製ろうそく(赤い紙で模したもの)を燃やし、全員で息を吹きかけ、火を消しました。
DSC_0875 (800x535)

ケーキを食べた後は、ペープサートを使った音楽劇「ブレーメンの音楽隊」で楽しみました。
DSC_0879 (800x535)

DSC_0882 (800x535)

DSC_0884 (800x535)

DSC_0888 (800x535)

DSC_0890 (800x535)

園庭の森のウッドデッキでキウイをとりました。実のついた枝から実をもぎ取ります。まだ固いので、追熟してから食べてくださいね。
DSC_0891 (800x535)

DSC_0894 (800x535)

DSC_0892 (800x535)

DSC_0899 (800x535)

DSC_0901 (800x535)
  1. 2017/12/12(火) 18:42:59|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キウイ

今日は小春日和の1日でした。暖かな日差しが園庭にふりそそぎ、葉をすっかり落とした落葉樹の影が園庭に伸びています。
さて先月収穫した約キウイ100個がリンゴで追熟して食べごろになり、今日の昼食時に皆で食後のデザートとして食べました。キウイアレルギーの子どもさんには、キウイの代わりに追熟に使ったリンゴをお出しました。
先週同様、明日の未就園児対象の子育て支援事業「のびのびすくすく」でも親子でキウイ狩りを楽しんでもらう予定です。
自然の恵みに感謝です。

DSC_0836 (800x535)

DSC_0839 (800x535)

キウイの効用
ビタミンCや食物繊維、たんぱく質、鉄など、17種類の栄養素*がどれくらい含まれるかを比較した「栄養素充足率スコア」で、キウイフルーツは果物の中でもトップクラス。日々の食事の栄養バランスを補うのにぴったりの果物。
*17栄養素ビタミン類:ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ミネラル類:カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、亜鉛、その他:タンパク質、食物繊維。

番外編
収穫したばかりのキウイです。
DSC_0776 (800x535)

今日各クラスに届けた時に一緒にキウイの実物も持っていくように話しました。実の表面等も手で触って欲しいと思います。
DSC_0750 (800x535)


  1. 2017/12/11(月) 18:28:42|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスに思う

昨日は私用で千葉市内の繁華街に買い物に出かけました。街は間もなく迎えるクリスマスにちなんで、クリスマスムード一色です。
イルミネーションが夜の街を彩り、百貨店の文具売り場には色々なクリスマスカードが飾られています。
本屋には例年のごとく、クリスマスにちなんだ絵本の特集コーナが設けられています。
子どもたちは無邪気にサンタクロースにプレゼントをお願いしているかもしれません。私も子どもたちが小さな頃はリクエストされた物をあらかじめ買い、子どもたちに見つからない場所に隠し(何度か自分で隠した場所を忘れてひと騒動ありましたが)、イブの夜に枕元に置き、朝方「サンタがプレゼントを持ってきてくれたよと」興奮気味に話す光景が今となっては懐かしい思い出です。
大学生になった今も「サンタさんが来て、プレゼントを持ってきてくれないかな」と話すので、「サンタクロースは信じている人にしか来ないよ」と答えると、「信じる、信じる、サンタクロースはおとうさまではなくて、本当にいるから。現金プレゼントが嬉しいな」と調子の良いことを話します。(笑)

クリスマスになると、私はいつも園にスクラップされている新聞の記事を読み返すとときがあります。その記事は児童文学者として著名な松岡享子さんが書かれた記事です。

要約すると「子どもたちはいつかはサンタクロースの存在に気づくかもしれないが、サンタクロースを信じ、心の中にひとたびサンタクロースを住まわせた子は、心の中にサンタクロースを収容する空間を作り上げる。サンタクロースその人は、いつかその子の心の外へ出て行ってしまうだろう。だが、サンタクロースが占めていた心の空間は、その子の中に残り、この空間がある限り、人は成長に従って、サンタクロースに代わる新しい住人をここに迎え入れることができる、この空間、収容能力、目に見えないもの信じるという心の動きが、人間の精神生活のあらゆる面で、どんなに重要かいうまでもない、のちにいちばん崇高なものを宿すかもしれぬ心の場所が、実は幼い日にサンタクロースを住まわせることによって作られるのだ。別にサンタクロースに限らない。魔法使いでも、妖精でも、鬼でも、ものいう動物等なんでもでかまわない。幼い心に、これらのふしぎの住める空間をたっぷりとってやりたい。近頃の子どもはこざかしく、科学的な知識をふりかざし、容易に「ふしぎ」を信じないといわれる。しかし本来子どもは不思議を信じたがっていると思う。図書館で空想物語に読みふけり、図書館員の語る昔話に聞き入るときの子どもたちの真面目な顔つきを見ていると、それがわかる(中略)
本当らしく見せかけることによってつくられる本当と、本当だと信じることによって生まれる本当を、子どもはそれなりに区別している。むしろ見えないものを信じることを恥じ、サンタクロースの話をするのは、子どもをだますことだというふうに考えるおとなが,子どもの心のふしぎの住むべき空間を、信じる能力をつぶしているのではないだろうか」という話です。

今年も幼稚園にあわてんぼうのサンタクロースがやってくるかもしれません。園児達と一緒に歓迎したいと思います。

DSC_0852 (800x535)

DSC_0784 (800x535)

DSC_0856 (800x535)


  1. 2017/12/10(日) 17:56:31|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大根

今日も真っ青に澄み切った雲ひとつない冬空ですが、寒さもだいぶ厳しくなってきました。
畑では大根がすくすくと育っています。
お知らせしたように、来週は大根掘りを予定しています。
1年中出回っている大根ですが、この時季の大根の味もまた格別です。どうぞお楽しみに。

DSC_0776 (800x535)
  1. 2017/12/09(土) 23:35:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山茶花

幼稚園では四季を通じて様々な花が咲きます。季節の節目のように「ああ、いつのまにかもう○○の花が咲いたのか」と日々の慌ただしさの中で、気づかされるときもあります。またもうそろそろ咲いても良いのに、恋人を待ち焦がれる思いのように、日々蕾を愛でる時もあります。
登降園の入り口のところにある山茶花が咲き始めています。
山茶花といえば「たきび」の歌を思い出す人もいるかもしれません。「さざんか、さざんか、咲いた道、たきびだ たきびだ 落ち葉だき・・」と歌に出てきます。
今はたきびもほとんど見かけることがなくなりました。
園でも以前は落ち葉を集めてたき火をする時もありましたが、近隣にも住宅がたち、また佐倉市環境保全条例でたき火も禁止されています。今は畑で掘ったさつま芋を焼くときだけ、*教育活動ということで近隣に迷惑をかけないように実施しています。たき火を使った焼き芋を今学期中に予定しています。
*焚き火で焼き芋をする場合は佐倉市環境保全条例の遵守も大事なことです。焚き火を使った焼き芋は学校教育法に規定される学校としての教育活動の一環として行ないます。

山茶花が咲くと、今年ものこりわずかで、いよいよ本格的な冬の到来かと季節を感じます。
登降園の折にでも、よろしければ子どもさんと一緒に愛でてみてください。

DSC_0811 (800x535)

DSC_0810 (800x535)
  1. 2017/12/08(金) 23:48:50|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観劇~おはなしきゃらばん佐倉、来園~

今日は「おはなしきゃらばん佐倉」の皆さんによる観劇を楽しみました。
やはり生の舞台を目の前で五感を通して見ることは、何にも代えがたい体験です。
毎年お願いしていますが、観客の子どもたちの声も上手く受けとめながら、劇の中に子どもたちを引き込んでいく演出と間の取り方はさすがです。劇の途中で何人かの子どもたちが怖がって泣いたり、先生が傍で寄り添って見ている子どもたちもいましたが、それも思い出のひとつになると思います。(節分の時の鬼もそうですが。)
園児達とスタッフで素敵な一時を共有することができました。

おなじみのテーマソングで幕開けです。
DSC_0780 (800x535)

DSC_0779 (800x535)

先ずは大型紙芝居から始まります。
DSC_0783 (800x514)

DSC_0784 (800x535)

次に絵本の読み聞かせをしてくださいました。
DSC_0788 (800x535) (2)

DSC_0791 (800x535)

人形劇「三まいのおふだ」の始まりです。*演出上フラッシュ撮影はしていなので、実物と色調が若干異なります。
DSC_0793 (800x535)

DSC_0798 (800x535)

DSC_0800 (800x535)

DSC_0805 (800x535)

DSC_0807 (800x535)

楽しかった時間はいつもながら、あっという間です。
DSC_0810 (800x535)

人形も見送ってくれました。今日はありがとうございました。
DSC_0814 (800x535)

DSC_0820 (800x535)

DSC_0815 (800x535)

DSC_0826 (800x565)

「おはなしきゃらばん佐倉」の活動や定期公演日程や演目など詳しいことを知りたい方は広報・佐倉・ホームページ(おはなしきゃらばん佐倉)で検索してみてくださいね。
  1. 2017/12/07(木) 17:28:02|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ