FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

アスレチックブリッジをリニューアルしました

今日の天気は雪か雨か、前夜から色々な場合に備えて準備していました。大人は降雪にならずほっとしているかもしれませんが、子ども達は残念がっている子が多かったように思います。私も正直園児達と雪遊びをしたかった方ですね。

さて先週15日金曜日にアスレチックブリッジを新しく作り替え、お披露目をしました。施工は佐倉市岩富の林建築さんにお願いしました。林さんは以前森のウッドデッキをおやじの会で作る時にプロの目から監修していただいたり、ツリーハウスを設計から独力で作りあげたり、保育室の床の無垢材交換等実績があります。子ども達の遊び心を理解してくれる確かな腕を持つ職人さんで、園でも色々とお世話になっています。
今回も塗装する前に檜の白木の感触を子どもたちに五感で感じて欲しいという思いで披露を提案してくれました。ただ白木のままですと、腐りやすいので一昨日塗装をしました。

木製遊具はFRPやモルタルに比べて設置場所や使用頻度にもよりますが、耐久年数ははるかに短く、コスト面だけを考えると、高価ですが、単なるお金だけでは得られない木のぬくもりや感触は代えがたいものがあります。また廃棄する際の地球環境の負荷を考えた時にはるかに優しい遊具です。
ご承知のように木は腐り、土に帰ります。またリサイクルも可能です。今回役目を終えたアスレチックブリッジの一部分の檜の木材は腐らず傷みもないので、一本橋と二本橋の園児達が遊べるアスレチックに作り直してくれました。
完成したあかつきにはこのブログでもご紹介できたらと思います。

クラスごとに渡り始めをしたようです。
DSC_1183 (800x534)

白木の感触を手触り(肌)で感じて欲しい。
DSC_1157 (800x534) (2)

DSC_1132 (800x534)

DSC_1136 (800x534)

新しい遊び場もほぼ完成しました。詳細はまた改めてご紹介したいと思います。
DSC_1147 (800x534)

DSC_1148 (800x534)

  1. 2016/01/18(月) 17:17:55|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月遊び

今日の朝はこの冬一番の冷え込みのようでした、池も凍りました。
園庭では凧揚げ、独楽回しまた羽子板に興じている子どもたちもいます。子どもたちに誘われて独楽回しをしましたが、すっかり腕も鈍り、何度も失敗してしまい、ようやく数回できただけでした。ショックを隠し切れません。しばらく練習に励まないとはいけません。

園庭も冬化粧になりました。
DSC_1060 (800x534)

DSC_1076 (800x534)

DSC_1064 (800x534)

DSC_1080 (800x534)

凧揚げも人気があります。
正月の凧揚げ風景も今は見かけることが少なくなりました。

DSC_1086 (800x534)

DSC_1097 (800x534)

DSC_1090 (800x534)

DSC_1113 (800x534)

DSC_1109 (800x534)

DSC_1096 (800x534)

夢中になりすぎて、木の枝に引っかかることもたまにあります。
DSC_1089 (800x534)

DSC_1091 (800x534)

郷土が誇る珍しい凧を飾っています。
DSC_1115 (800x534)


独楽で遊ぶ
DSC_1066 (800x534)

DSC_1102 (800x534)

DSC_1104 (800x534)

DSC_1100 (800x534)

羽子板での応酬は園児達には少し難しい、でも追羽根をつく音が響きます。
DSC_1087 (800x534) (2)

  1. 2016/01/13(水) 18:20:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人式に思う

昨日、今日と成人式に出席する晴れ着姿の女性達を目にします。屈託なく嬉しそうに友人達と連れ立って談笑しながら歩いている姿がまぶしいぐらいです。おめでたい風景を見れるのは嬉しいことです。
以前ブログに書きましたが、私の成人式は今でも走馬灯のように思い出せますが、華やかさに程遠い日の出来事でした。当時は未来に希望が見いだせず、何をしてよいのか、悶々としていた覚えがあります。
当日はスーツが用意できず、よれよれの染みだらけのスラックスにジャッケットをはおり、同じ下宿の友人と記念撮影に訪れた写真館の人が、こっそり私に「代金はまけておくから、貧しさに負けないで頑張るんだよ」と話してくれたセリフがいまだに心に残ります。遠方ゆえ卒業してからかの地を一度訪れて以来、かれこれ30年以上もご無沙汰です。いつかはと思いながらもいまだに行けません。
当時の国立大学は今と違い、私立大学に比べ学費もかなり安く、2 倍以上の開きがあったように記憶しています。年間14万4千円で入学年度で金額が決まり、スライド制ではなく卒業するまで据え置きでした。
実際に周囲には苦学生もたくさんいました。でも若い時の貧乏はそんなに苦になりません。年をとってからの方がある意味辛いかもしれません。過日60歳を前に共済組合から年金の将来の支給額の想定金額の試算表が送付されてきましたが、予想以上に少なく、年金だけでは大変だと実感したばかりです。少子高齢化の問題は本当に色々なところに影響しているようです。
それはそれとして、次世代(若い人々)が安心して生活できる豊かな社会に引き継ぐのが私達大人世代の役目だと思います。
それぞれが無理のない範囲で身近なことから出来ることから始めることが大事なように思います。
一歩を踏みだして歩かないと、考えて立ちどまっているだけでは何も生まれません。

若者たちに良い意味で期待したいと思います。
二十歳になった皆さん、成人おめでとうございます。心からお祝いいたします。

今日は1日園で仕事をしていました。午前中はタイヤの移動の立会いもしましたが、推定200キロぐらいとのことです。
P1000227 (800x600)

P1000234 (800x600)

新しい遊び場も塗装が終わり、屋根をかければほぼ完成です。
P1000236 (800x600)
  1. 2016/01/11(月) 17:51:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人さんたちの手仕事

3連休の初日、園ではふたつの工事が進行中です。
普段ですと野鳥の声が聞こえますが、今日は材木を切断したり穴をあけたりする音が響きます。
職人さんたちの手仕事にはいつ見てもほれぼれしますし、尊敬します。
冬休みに出かけた古都も職人が尊敬され、価値を認めている人が多い街のようです。そのため色々な分野で手仕事の良さが息づいています。そうした工房を覗くのも楽しみです。私が愛用している鞄も帆布を使ったものですが、長年愛用しても丈夫ですし、こわれても直しが可能です。
新しい遊び場とアスレチックブリッジのリニューアルが楽しみです。明後日月曜日はタイヤの移動をクレーンを使って行うため立ち会う予定です。
園児達がどんな風にして遊ぶのかを想像するだけで、胸が躍ります。

塗装中です。
DSC_1045 (800x534)

鎖をつけるために穴を開けています。
DSC_1050 (800x534)
  1. 2016/01/09(土) 18:26:22|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3学期始業の日

今日から第3学期の始まりです。4月から小学校入学の年長組にとっては3月末まで3か月間のあっという間の最後の園生活です。
朝の挨拶は皆で「あけましてあめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と交わしました。
お正月遊びとして園庭では独楽回し、羽子板や凧揚げを楽しんだり、室内では歌留多やすごろくも出しています。
今は凧揚げを見かけることも少なくなりました。正月遊びを皆で楽しみたいと思います。

アスレチックブリッジもだいぶ傷み、新しく作ります。側で大工さんの手仕事を見ていると、檜の匂いが漂ってきます。
DSC_1033 (800x534)
  1. 2016/01/08(金) 17:48:32|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事始め

今日からスタッフも皆揃い、仕事始めです。私も昨日までの3日間遅めの冬休みを取りました。世間は4日から仕事始めが多いようです。
正月三が日は毎日のウサギの餌やり等もあり、仕事をしていましたが、メールを開けても広告ぐらいでしたが、3日ぶりに開けるとものすごい数のメールで、読むだけでもそれなりの時間もかかり、改めてネット社会の凄まじさを実感しています。

休みはつれあいとふたりで出かけました。出かけても、仕事や研修を兼ねる事が多く、今回も2月末の音楽劇の資料蒐集や園見学も兼ねています。
また行く先々で幼稚園や保育園を見つけると、予定変更して見たがるのが私の悪い癖です。

「あなたはこうして一生頭から仕事のことが離れず、なんの趣味もなく人生の楽しみも知らずに死んでいく、むなしい生き方ね」と言われていますが、仕事というよりも、楽しみな時間と思うことのほうが多く、むしろサラリーマンの方のほうがある意味大変だと思います。
日々成長していく園児達の姿を四季折々の中でみれることはとても楽しいものです。
最近の学校は保護者等の対応のストレスから体調を崩す先生が多いと話題になっていますが、私の場合は「幼稚園の主役は子どもであり、スタッフでも保護者でもない」という揺るぎない思いがあるので、それを基準に考えると、ストレスもあまり感じません。

写真は行く先々で撮影した写真です。音楽劇に係る資料やお面を購入できたのも大きな収穫でした。

仕事始めとはいえ、街は松が明けるまでは正月の装いが随所に見られました。
P1000042 (800x600)

こうした地下鉄の広告を目ざとく見つけ、写真を撮影する人とは他人のふりをしていたい(つれあい談)
P1000064 (800x533)

自分への戒めとして
P1000065 (800x533)

昔は子ども達は周囲の社会(大人)からはこうした気持ちでみられ、育てられました。だからこそ他人の子どもでも叱り、親も素直に感謝し、受け入れていました。
P1000089 (800x533)
P1000090 (800x533)

私の好きな水琴窟、一時は園児たちにも聞かせたいと思い、考えましたが、本格的なものになるとさすがに手が出せません。残念。
P1000131 (800x533)

良い汗をかきました。
P1000145 (800x533)

途中で食べた和菓子も美味でした。本日中にお召し上がりくださいとのこと、防腐剤も保存料も使いません。
P1000136 (800x533)

街なかの子ども達の様子を見学しました。昔はお寺の境内が幼稚園や保育園の園庭でした。
P1000166 (800x533)

神社の境内には近くの幼稚園の年長組で制作した今年の干支にちなんだ造形作品が展示されていました。
P1000036 (800x600)

今年は暖かなお正月でした。春のような陽気です。
P1000211 (800x533)
  1. 2016/01/07(木) 23:41:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初詣

今日(日付は過ぎてしまいましたが)で正月休みも終了、明日からは仕事始めという方も多いと思います。
今日はつれあいと例年参拝するふたつの神社に初詣に行きました。善男善女で賑わっていました。
地元の神社では卒園生や在園生の何組かのご家族にも新年早々お会いし、嬉しいひと時になりました。
私も明日4日から6日まで3日間ブログもお休みさせていただき、遅めの冬休みをとる予定です。5日以降は職員が交代で日直に来ています。なお全員による仕事始めは7日になります。
連日の暖かさも天気予報によると明日までで、明後日からは平年並みの冬の陽気に戻るようです。どうか風邪等に気をつけてお過ごしください。

市原市にあるT神社のご神木ですが、夫婦の和合の樹だそうで、ふたりで思わず真剣に見入ってしまいました。
常日頃の夫婦仲が露呈してしまいます。(苦笑)
P1000009 (600x800)

P1000008 (800x600)

地元のM神社は年々参拝客が多く集まり、正月三が日は時間によっては参拝するのに順番に並ぶほどの人気なようです。
P1000025 (800x600)

  1. 2016/01/04(月) 00:58:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

集う

連日、冬とは思えない暖かな陽気が続きます。正月三が日はさすがに幼稚園にはウサギの餌やりと見回りに行くぐらいです。
今日はつれあいの実家に集まりました。つれあいは三姉妹男一人の4人兄弟の長女です。皆仲が良く、1年の中で盆暮れには必ず集まります。偶然子ども達も一男一女で、義父母も4家族孫8人が集まるのでご機嫌な様子です。
大人はお酒を飲みながら、よもや話に興じたりするのも楽しみです。
従妹も上は社会人から下は小学生まで年齢は幅ひろいのですが、久しぶりの再会が楽しみな様子で、仲良くお正月遊び等に興じています。またお年玉をもらえるのも楽しみのようです。学年ごとに額も決まり、成人した時でお終いです。
そんな子どもたちの様子を毎年見ながら、改めて「子どもは子どもの中で育つ」という思いを強く持ちます。
ご承知のように少子化で地域の中で子ども集団が消滅しかかっているため、幼稚園の役割は益々大事になってくると思います。
今年も集団の中で子どもが育ち学ぶことができる環境を大事にしていきたいと思います。

冬の澄み切った青空に冬木立が映えます。
DSC_0990 (800x534)



  1. 2016/01/02(土) 22:44:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迎春

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては良き年をお迎えになったこととお喜び申し上げます。
今年の冬は暖冬の陽気で今日も暖かな1日でした。昨年実母が亡くなり、今年は喪中のため例年ですと四苦八苦しがちな年賀状作成もなく、心なしかゆったりとした正月を迎えました。
園の郵便ポストにも在園生、卒園生またご家族の皆さんからたくさんんの年賀状をいただき、どうもありがとうございました。

昨年から新制度が始まりました。千葉県内の私立幼稚園に移行した園はわずかで全国的にもかなり少ないほうです。また佐倉市内には私立幼稚園が10園ありますが、現時点で移行した園はまだありません。
但し遅かれ早かれいずれは、ほとんどの幼稚園で有名大学の附属幼稚園以外は新制度に移行せざる得ないと予測しています。もちろん新制度の中にも色々なやり方があります。これから先、否が応でも少子化が進む中で、生き残りをかけてそれぞれの園が模索していかなくてはなりません。
私も昨年も時間の許す限り保育園や認定こども園を見学させてもらい、またそれに係る研修にも参加してきました。1月下旬にも研修を予定しています。
ただ幼稚園という子ども達にとっては恵まれた環境の中で従事しているだけに、あくまでも子どもの最善の利益にたちながら、柔軟に対応していけるように、これからも教職員とともに研鑽していきたいと思います。
最後になりましたが、このブログを読んでくださっている皆さまにおかれましても、今年が素敵な素晴らしい1年になりますように祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

「園長ブタゴリラブログ」もできる限り日々掲載できるように頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

家族の新年の挨拶は昨年12 月7日付のブログでご紹介した永山克雄氏の絵付けの琉球ガラスのコップで乾杯しました。
DSC_0999 (800x534)

  1. 2016/01/01(金) 22:16:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽はまた昇る

日付は過ぎてしまいましたが、今日で2015年も終わろうとしています。
この1年間「園長ブタゴリラ・ブログ」を読んでくださったりコメントをお寄せくださった皆さんに心から感謝申し上げます。
今年度は例年にもましてたくさんのコメントをお寄せくださり、ありがとうございました。
今年も色々な出来事特に行事等で掲載できなかったり、多忙を理由に毎日更新できなかったこともあり申し訳ありませんでした。また自分の独りよがりや思いばかりが強すぎた記事や長々と書いてしまい、もっと簡潔に的を得た文章にならなかったり誤字や脱字も随所に見られ、恥ずかしい限りです。後から読み返しながら、あわてて修正したり、何かの折に気づいたりすることもありました。この場をお借りして改めてお詫び申し上げます。

家族からは帰宅してから作成することも多々あり時にはひんしゅくをかったり、ある意味熱心な読者でもありました。
またYさんをはじめとして何人もの方から、ご教示いただいたことも温かなエールと深謝しています。

すでに2016年が始まりましたが、このブログを読んでくださっている皆様におかれましても、心身の健康に留意されて、どうか良き年をお迎えくださいますよう心から祈念して、この1年間のブログへのお礼のご挨拶とさせていただきます。
来年も「園長ブタゴリラ」を続けていきますので、ご愛読いただけたら幸いです。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSC_0976 (800x534)
  1. 2016/01/01(金) 00:03:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ