FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

2月誕生会

昨夜からの低気圧の接近で天候が危ぶまれていましたが、積雪にならず誕生会をすることができ、ほっとしています。
ただ路面凍結の影響でスリップした車の事故を見かけました。園バスも朝のお迎えは、道路事情の関係で遅れて運行したようです。寒い中、お待たせして申し訳ありませんでした。

さて今日は表題の通り、2月生まれの園児たち16人の誕生をお祝いしました。
皆で歌を歌って祝福します。
DSC01769 (800x536)

緑組の友達がプレゼントを作ってくれました。
DSC01772 (800x536)

緑組のU先生が遊び方の説明をしてくれました。
DSC01775 (800x536)

プレゼント名は「緑組キラキラロケット」です。
DSC01780 (800x536)

お楽しみはDVD鑑賞で「一寸法師」です。
  1. 2015/02/06(金) 13:22:28|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

園外保育~青組・国立歴史民俗博物館見学~

あいにくの天気でしたが、年長青組で市内にある国立歴史民俗博物館に劇の題材「漁師と農民」の生活や道具を学ぶために午前中見学に訪れました。自分たちで劇を作る過程の中で、実物等を見ることで「学び」が深まったり、セリフを考える上で参考になることもあると思います。約1時間半ぐらい、第4展示室の民俗の展示を見学しました。映像や単眼鏡も置いてあり、随所に展示物に興味や関心を持てる工夫が見られます。
子ども達も飽きることなく熱心に見ていました。特に漁師が実際に漁をする映像(カツオ漁)を繰り返し見ていた園児達もいました。来館する前に図鑑や本等で調べてはいましたが、やはり実物を間近で見ると違うようです。
今日の学びを劇にいかし、また博物館そのものに愛着を持って欲しいと願っています。
狭義の勉強ではなく、調べたり学ぶことの楽しさを音楽劇の過程で知ってもらたら何よりです。来週も複数のクラスで園外保育として学びに行く予定です。

フラシュ撮影が禁止されているので、画像が暗いですがご了解ください。
漁師が漁をするビデオを見ました。
P1070794 (800x600)

P1070797 (800x600)

P1070799 (800x600)
 
P1070801 (800x600)

P1070803 (800x600)

皆で最後に記念撮影をしました。
P1070809 (800x600)

  1. 2015/02/05(木) 16:13:22|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分

一昨日のブログ「節分を前に」でもお伝えしましたが、やはり今年も鬼が島幼稚園の園長・鬼が島太郎が人間界に新しく鬼が島幼稚園を作ろうと、佐倉城南幼稚園を乗っ取りに子分の鬼達3匹を引き連れてやってきたようです。
昨日節分の日の佐倉城南幼稚園の園児やスタッフと鬼達の戦いの様子です。

幼稚園もいつのまにか鬼たちに占領されたようだ。
鬼ヶ島幼稚園のイメージカラーの虎模様の布が翻ります。
P1070660 (800x600)

P1070634 (800x600)

鬼ヶ島幼稚園の園章だ。鬼がシンボルだ。
P1070653 (800x600)

P1070662 (800x600)

P1070650 (800x600)

P1070663 (800x600)

園バスも鬼たちにとられ、鬼バスになってしまったようだ。
鬼バスの天井には虎の皮を剥いだ敷物を貼り、窓も鬼の絵を貼り、鬼バスらしいデコレーションだ。「どうだ、すごいだろう」鬼バスになり、ご満悦な鬼たちだ。
2525号(ワゴン車)は鬼ヶ島太郎自らが、乗り込んで、園児達を迎えに行ったが、その姿を見て泣いた子ども(年少)も何人かいたようだが、意に介さず、泣きじゃくる園児を自ら抱き上げてバスに乗せたようだ。
P1070737 (800x600)

P1070735 (800x600)

P1070657 (800x600)

鬼ヶ島幼稚園の教育方針は徹底したスパルタ教育だ。棍棒を武器に厳しくしつけをするのが特徴だ。子どもたち自らが考え、体験をしながら学びながら自立や自律を育む教育よりも、先生(学校)や親から言われたことだけを守り、自分で考えさせるよりも言われたことだけをする人間に教育することが目標だ。今の親のニーズを考えた教育をすることで、子どもよりも入園決定権を持つ親に迎合するのが特長だ。幼稚園の都合を優先し、園児達の最善の利益は後回しだ。園バスも時間がどれだけかかろうとも、できるかぎり自宅前まで送迎し、生活道路など無視し、乗車時間も1時間でもOKだ。親ができるだけ楽にできる教育というよりもサービスと割り切りる姿勢が何より大事だ。将来よりも今が大事であり、土台は無視して、子どもの将来の禍根など全く気にしない。

鬼ヶ島幼稚園・園長の鬼ヶ島太郎(向かって右から2番目)と子分3匹たちだ。
P1070711 (800x600)

集まりの時に、太郎が佐倉城南幼稚園の園長は逃げて、今日から鬼ヶ島幼稚園になったことを宣言します。
朝の体操も厳しく指導します。鬼たちがふざけてやっている子どもがいないか、見回ります。ふざけている園児には有無を言わさず、棍棒でお尻を叩きます。恐怖心が子どもたちを支配するので、誰もが鬼達の前ではいうことを聞きます。
見た目や短期間では一番成果があります。但し大人になった時に自分で判断できずに困りますし、自立や自律は育ちません。こうしたやり方は教育ではなく調教と言います。でも親から見たら、見た目は素晴らしいので、教育と勘違いする親もたくさんいます。一番犠牲になるのは肝心の子ども達です。
P1070641 (800x600) (2)

P1070643 (800x600)

P1070644 (800x600)

P1070645 (800x600) (2)

P1070648 (800x600)

鬼たちに幼稚園を乗っ取られた先生たちは遊戯室で反撃を試みます。最初は捕まって万事休すかと思われましたが、見守る子どもたちの声援に勇気づけられて、豆の力もあり、園舎を取り戻すことができました。
P1070676 (800x600)

P1070685 (800x600)

P1070687 (800x600)

豆をぶつけ、鬼達を退治します。
P1070689 (800x597)

P1070693 (800x568)

佐倉城南幼稚園の先生たちの思わぬ反撃に鬼達も不覚を取ったようです。
園舎を追い出された鬼たちはツリーハウスに陣取り、園庭を舞台に最後の戦いに挑みます。今度は園児達も自分たちで作った枡に豆を入れて、勇気を出して鬼達と一戦を交えます。戦う前に、保育室でも年の数にひとつ足して、豆を食べて力をつけてきたようです。
P1070697 (800x600)

P1070698 (800x600)

P1070701 (800x600)

P1070703 (800x600)

P1070705 (800x600)

P1070706 (800x600)

子ども達の勇気と力に負けてしまった鬼たちは、負けたことを伝え、鬼ヶ島に戻りました。でも来年2016年2月3日の節分にはまたふたたび来ると宣言し、鬼ヶ島に戻りました。
P1070709 (800x600)

P1070708 (800x600)

来年こそはリベンジするぞ、肩を組み再起を誓う鬼太郎や子分の鬼達だ。
P1070712 (800x600)

鬼たちは鬼ヶ島に戻ったようです。またいつもの佐倉城南幼稚園に戻りました。
念のため鬼が来ないように、各保育室の入り口にも柊の葉とイワシの頭を飾りました。
P1070637 (600x800)

鬼達が去った後は、たくさん福が来るようにとお多福さんに登場してもらいました。
DSC01714 (800x536)
  1. 2015/02/04(水) 10:18:56|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分を前に

今日は2月2日、明日は2月3日そうあの節分がやってきます。職員室にいると、時折教室から「鬼は外、福は内・・。」と節分の歌が聞こえてきます。私もつられて「ぱらっ ぱらっ 豆の音 鬼はこっそり逃げてゆく」と歌いながら、気分も高揚します。特に最後の「鬼はこっそり逃げてゆく」という歌詞を歌うと、溜飲がさがる思いで繰り返し謳っています。でもふと我に返ると、1年前の悪夢が蘇ります。2月3日、2月25日のブログ参照

今年は平日で鬼が島の鬼達も仕事等諸々に忙しいので、今年は1匹も来ないであろうと喜んでいたら、噂によると鬼が4匹も来るそうです。中には有給休暇を早々ととり、今日に備えていると聞いています。
そういう話を聞くと、明日は申し訳ありませんが、鬼が怖いので、お休みさせていただきます。
でも副園長、主任をはじめスタッフ達は勇気がありますので、子ども達とともに鬼たちに立ち向かってくれることでしょう。

私は休みをとり、家で布団をかぶって寝かせていただきます。
子ども達頑張ってね、布団の中から応援しています。
ひとつ良い事を教えます。森のウッドデッキのところに鬼が嫌いなひいらぎがあるので、良かったら使ってくださいね。

P1070633 (800x600)


  1. 2015/02/02(月) 17:41:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追悼

戦乱で一番被害を受けるのは本来そうしたこととは無縁の子どもや女性達です。
そうした弱い立場の人々の声を代弁し、窮状を精力的に伝えてきたフリージャーナリストの方の無念の死に対し、心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

P1070615 (800x600)


  1. 2015/02/01(日) 23:50:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入園説明会

今日(日付は昨日)の午前中は来年度平成27年度の新入園児対象の入園説明会を行いました。
慈しんだ家庭から初めての社会生活に本園を選んでくださった思いに感謝しています。本来であれば入園希望者全員をお引き受けするところですが、受け入れ体制とキャパシティの問題で希望者全員をお引き受けできなかったことが心残りです。今後はそうしたことがないように、より研鑽を積みたいと思います。お許しください。

説明会では3年保育、2年保育それぞれ分かれて子どもさんの入園に際し、「入園のしおり」を基に具体的な事をお話しました。入園当初は幼稚園の環境に慣れることが一番大事です。それには生活リズムを作る、すなわち早寝早起きが大事です。
今は子どもの生活が夜型になる傾向です。それは幼児期の心身にとって決して好ましいとは言えません。それぞれ家庭の事情があるにせよ、早く寝かせてあげるに越したことはありません。
またどうしても忘れ物が見受けられるので、所持品には全て記名をして欲しいとお願いしました。物を大事にするということは大切なことです。また入園当初は保護者と別れがたくなるので、そうした際の家庭での対応についてお話ししました。
およそ1時間、皆さん熱心に聞いてくださり、感謝し申し上げます。図書の貸し出しの件から絵本の素晴らしさについても言及させていただきました。

終わりに、幼稚園の目的は子どもの最善の利益すなわち子どもの健やかな心身の成長であり、幼稚園はそのための教育施設すなわち学校であり、その目的のためにだけ存在していることをお話させていただきました。
今度は4月12日(日)の入園式で会えることを楽しみにしています。

子どもたちが色々な氷作りを楽しむために前の日から戸外の机に並べておきます。
P1070606 (800x600)
  1. 2015/02/01(日) 01:36:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ