FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

土粘土と遊ぶ

久しぶりのブログになりました。
昨日は底冷えのする寒い1日でしたが、自由遊びの時に滝の水を出して嬉々と遊んでいる園児達の姿を見ながら、寒中修行でもいかがでしょうかと思わず声をかけたくなります。
今日は昨日とうって変わって日ざしもあり、日中の気温も幾分あがるようです。ぬけるような青空がまぶしいくらいです。
ご紹介する記事は先週⒑日(金)に年長2クラスが土粘土を体験した様子です。
この企画は千葉明徳短期大学「明徳あそぼうカー」の土粘土プログラムで実現しました。
車に土粘土300kgを積んで担当の先生と運転手役の先生二人が来園してくださり、学生さんのサポートとともに土粘土を子どもたちに体験してもらう取り組みです。常日頃から忙しい保育現場ではなかなかこうしたダイナミックな企画はできません。保育でも粘土は使いますが、机上で油粘土、紙粘土や小麦粉粘土を手先で使うのが一般的です。今回は自然素材の土粘土(陶芸用土粘土)を身体を使って丸ごと楽しむものです。土粘土は本園の園庭でも園児達が地面を掘りながら見つけては遊びに取り入れ楽しんでいますが、微々たる量です。
それでは早速ご紹介したいと思います。

当日午前9時過ぎに正面玄関に現れた1台のワゴン車、車のボデイにペイントされた絵柄が目を惹きます。車はマニアにとっては貴重な垂涎な車だそうです。車に疎くて名称は忘れてしまいました、ごめんなさい。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 003 (800x483)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 104 (800x536)

遊戯室に広大なシートが敷かれ、300kgの土粘土が次々に運ばれます。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 006 (800x511)

準備が整い、園児たちが集まり、早速始まります。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 008 (800x517)

講師のH先生は大学では児童文化がご専門ですが、美術、造形や工芸を含めた子どもの遊びを広い視野で見つめながら、保育の中にある有形向けの文化について研究されています。今回初めてお会いしましたが、情熱的な方で子どもの遊びの文化を大事にされていて、子どもを大人の従属者として捉えれるのではなく、尊重している姿に敬意を表します。
日本の美術教育でありがちな出来栄えだけの評価ではなく、その過程をとても大事にされています。今の幼児教育のあり方について意見を交わしたりまたイタリアのレジョ・エミリアの美術教育についての話でも盛り上がりました。今回の学びでも子どもたちと同じ視線に立たれ、いつのまにか子どもたちの中に入り、ともに楽しみながら温かな目で子どもたちの活動をさりげなくほめ、意欲を引き出す接し方に私も魅了されました。

はじめに園児ひとりに2,5㎏の土粘土の塊を渡します。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 011 (800x521)

固い土粘土を身体を使って柔らかくするところから始まります。こうした事を通して素材とかかわりながら、自然素材の特性を五感で実感します。秤を持ってきてくださったので、子ども達の前で実際に測り確かめさせます。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 012 (800x534)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 015 (800x535)

素材について子ども達にも投げかけていました。子ども達が不思議に思うことや感じたことを聞き出したりしながら、興味や関心を持たせていく事も大事です。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 016 (800x535)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 019 (800x516)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 015 (800x535)

後方にはサポートしてくれる学生さん達や卒園記念アルバムの取材で来園してくれたカメラマンの保護者の方もいらっやいます。知人の園長先生も見学に来てくれ、大変興味を持たれ、自園でもやりたいと話していました。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 022 (800x494)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 023 (800x512)

土粘土と楽しむ様子
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 025 (800x512)

最初に手渡された細長い筒状の土粘土を四角い形にしてサイコロ状に形成します。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 027 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 034 (800x522)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 036 (800x515)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 040 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 042 (800x523)

思い思いに楽しんでいました。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 044 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 047 (800x506)

今度は自分たちで自由に形を変えて遊びます。伸ばしたり広げたりと土粘土の特性を楽しむように身体全体を使って親しみます。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 048 (800x519)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 050 (800x534)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 051 (800x536)

最初に手渡された筒状の固まった土粘土も広げて伸ばした土粘土も、形状を変えても重さは変わらないことを秤を使って確かめます。こうした経験も科学的な目を広げる大事な学びです。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 053 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 055 (800x533)

素材と親しんだ後は思い思いに色々な作品作りに取り組みます。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 075 (800x536)

また一人2本(5㎏)に増やし、色々な造形物を作っていきま。最初から2本とも渡さないところが大事です。先ずは土粘土そのものの素材と十分親しむことが、後の学びを展開するうえで大事です。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 074 (800x535)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 075 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 080 (800x536)

友達と共同で作品を作り上げていく子どもたちもいました。約2時間近く楽しませてもらいました。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 081 (800x513)

様々な作品です。冒頭話したように出来映えもさることながら、その過程が大事です。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 086 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 087 (800x521)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 089 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 090 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 092 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 093 (800x536)

2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 094 (800x536)

最後に子ども達からお礼に先月の音楽発表会で歌ったゆずの「スマイル」を歌いました。
2007-08-11 25年1月10日年長陶芸用土粘土 098 (800x525)

自然素材の土粘土(陶芸用土粘土)は日本のどこにもありますが、こうした形で子ども達が親しみ、取り組める経験はそうそうありません。自戒を含めて保育者はともすればとかく小手先だけの保育をしがちです。でも時にはこのように五感を使い全身で取り組める保育プログラムに目を向けることが大事だと、今日の保育活動を見ながら改めて思いました。幼児期からそうした経験を積み重ねることで、手先を使って器用に日本が誇れる四季の美意識を生かした様々な美術工芸作品が生まれる素地になると思います。
以前は子ども達の生活の中に「遊びの文化」があり、知らず知らずのうちに五感を使って遊びの中で無理なく自然と育むことができました。
現在はご承知のようにそうしたことはできにくいのが現状です。だからこそ幼稚園や保育園での教育が以前にもまして重要であり、幼児期に育める学びを精査しながら、考えていく事が大切です。
土粘土に限らず、家庭ではできない幼児の体験プログラムを用意した体験型の博物館も増えています。
幼児期に自らが考えながら様々な経験を通して学べることの大事さを見つめていきたいと思います。

プログラム終了後は大学の先生二人と私と副園長と知人の園長先生5人で食事をしながら、今日のプログラムの総括や幼児教育等で盛り上がりました。
来年以降も機会があれば是非継続をお願いしたいと考えています。今日は1日どうもありがとうございました。
  1. 2014/01/16(木) 09:07:44|
  2. 幼児が学ぶ大切なもの~事例から~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬芽

厳しい寒さが続きます。冬木立の園庭で冬芽が春を待っています。

2007-08-13 25年度一月冬木 003 (800x512)
  1. 2014/01/12(日) 00:01:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月遊び

今日はあいにくの雨模様、園児たちは思い思いに室内で正月遊びを楽しんでいたようです。


2007-08-10 25年度1月9日正月遊び 018 (800x521)

2007-08-10 25年度1月9日正月遊び 007 (800x534)

2007-08-10 25年度1月9日正月遊び 023 (800x487)
  1. 2014/01/10(金) 00:01:03|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3学期始業の日

今日から第3学期が始まりました。朝の集まりで皆で新年の挨拶を交わしました。園庭で整列した園児達に第2学期終業の日に約束したことを冬休み中守れたかどうか聞きましたが、元気の良い「はい」といった声が聞こえてきました。家の手伝いはこれからも続けて欲しいことを話しました。

園庭では正月遊びとして、凧上げや羽子板やこま遊びを室内では歌留多、すごろくや百人一首をだして遊び始めました。
凧揚げも形や材質の違う様々な種類の凧を用意したので、思い思いに凧揚げに挑戦しているようです。時折聞こえる追羽根の音も正月遊びに趣を添えてくれます。
寒さに負けずに遊ぶ子ども達の姿を見ながら、2014年の新しい幕開けにふさわしい門出と見守りました。
「子どもとともに」今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2007-08-09 25年度第3学期始業の日 007 (800x535)

2007-08-09 25年度第3学期始業の日 013 (800x533)
  1. 2014/01/08(水) 17:49:00|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初詣

正月休みを利用して、副園長と一緒に幼稚園見学をしてきました。園児達はいませんが施設等参考にさせていただくこともたくさんあります。そのついでといったら不謹慎と神様に怒られるかもしれませんが、初詣もしてきました。
たくさんの善男善女がいて、参道の露店も賑わっています。
私はもっぱらオ―タムフェスタで参考になるものはないかと露店巡りを楽しんでいました。つれあいはおみくじが好きで、参詣した神社に行くたびに、楽しんでいました。某神社でおみくじの箱を振って、出てきたくじ棒の番号札でおみくじをもらうのですが、それぞれ別の箱を振り、何故か偶然出てきた番号が「22」番と同じでした。その瞬間いやだと思わず声を上げ、巫女さんの失笑を買ったようです。「正月早々本当に縁起が悪いは あなたのせいよ」とおかんむりです。長く連れ添っている実態をさらけ出してしまった正月の一コマでした。

何時の時代も神社仏閣はそれぞれの思いを求める人々をひきよせ、癒すものかもしれません。
境内にたたずんで、参拝する人々を眺めながら、中には所作から敬虔な気持ちが滲みでている人を見かけると、私には後光を発しているようでついつい拝みたくなります。
帰途、以前から一度訪れてみたかった鞄屋も立ち寄れ、久しぶりに休みを満喫しました。明日は第3学期始業の日、園児達に久しぶりに会えるのも楽しみです。

2014-01-04 26年1月消防 006 (800x589)

2014-01-05 26年1月消防 021 (800x600)

年長組の園児達が作成した今年の干支にちなんだ共同制作。某神社に飾られていました。
2014-01-04 26年1月消防 033 (800x528)

スマートボールも魅力的です。
2014-01-05 26年1月消防 016 (800x577)

弓矢遊びも楽しいかもしれません。露店ではありませんが、某施設で見かけました。
2014-01-05 26年1月消防 028 (640x480)

質の良い安価ではないが、一生ものを買い求める人で賑わっていた鞄屋さん。修繕も可能な限りしてくれます。
2014-01-04 26年1月消防 027 (800x599)
  1. 2014/01/07(火) 23:20:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコンの功罪

正月3が日も穏やかな天候で、初詣には絶好の天気でした。私も昨日はつれあいの実家に集まり、賑やかに新年を祝いました。子どもたちも大学生から小学生まで8人が集まり、お年玉をもらい従妹同士で久しぶりの再会を楽しんでいたようです。大人は健康から子どもの学校まで話題も多岐にわたり、親族ということもあり気兼ねなく会話を楽しめました。

正月といえば年賀状があります。今年も園の郵便ポストにはたくさん年賀状が入っていて嬉しく思います。中には懐かしい卒園児からの賀状もあり、元気でいる便りを読むと嬉しくなります。例年公私とも住所や文面はパソコンで印刷し、必ず一言添え書きを書いていますが、暮れからパソコンの調子が悪く、しかも自宅と幼稚園の2台ともプリンターが不調で、元旦には印刷ができなくなってしまいました。機械はその通りの手順でしないとうんともすんとも動いてくれません。その融通のなさが人間との大きな違いです。(当たり前のことかもしれませんが)

パソコンは不得手ですがそうもいっておられず、マニュアルやヘルプを見ながら長時間格闘したり時にはやさしい言葉をかけたり祈ったりと色々と手を変えて試したのですが、どうにもだめでした。よりによって2台ともと、運が悪い時は重なるものです。仕方なく手書きで住所や場合により文面も書きはじめましたが、とても時間がかかりました。私は自他ともに認める悪筆ですが、せめて住所だけは配達の人が困らないようにそれなりに書くので余計時間がかかります。

今さらながらパソコンの利便性といざとなった時の想定を考える良い経験になりました。考えてみれば少し前までは手書きで書くのが普通でした。だからこそ人を選んで、1年間の思いを込めて書いていたことでしょう。私もそうですが、今はパソコンがあるので、誰でもといったら語弊があるかもしれませんが、以前より送る人も多くなってきたかもしれません。それが一概に悪いことではありませんが、印刷だけの味気ない賀状も目にする一因かもしれません。賀状にはそれぞれ使う人によって意味合いが違うのでなんともいえませんが、私は心を手渡すと思っています。普段はメールも使いますが、基本的には手紙が好きです。悪筆のくせにそれを恥とも思わず、わりとこまめに出すほうです。外出時には手紙とペンと切手を忍ばせ、空いた時間に喫茶店などで相手を思い浮かべながら手紙を書くのが好きです。一番楽しいのは恋文ですが、さすがに既婚者ですし、以前は何百枚と書いたことがあるのでこの先もないと思います。
娘がその手紙を見たがり、つれあいにせがむのですがさすがに見せていないようです。
当時はパソコンもなく、せっせと書いていましたが、若さゆえできたかもしれません。結婚式当日も速達で届けたほどはまっていました。
今は年賀状だけでも青色吐息になりかねません。

明日から8日の第3学期始業の日までこのブログもお休みさせていただきます。子ども達も残り少ない冬休みを楽しんでくださいね。

写真は以前ご紹介した1月⒛日(月)に行われる子育て講演会「親が変われば子がかわる」佐倉市私立幼稚園協会主催・佐倉市教育委員会後援。入場無料、事前申し込み不要、どなたでもお聞きになれます。会場は佐倉市市民音楽ホール、時間は午前10時30分~午後12時。たくさんのご参加をお待ちしています。
暮れにJR佐倉駅の通路にある掲示板に掲示しました。
2014-01-02 26年ポスター 002 (800x600)

2014-01-02 26年ポスター 005 (800x591)
  1. 2014/01/03(金) 20:06:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迎春

新年明けましておめでとうございます。皆様にはおかれましては良き年をお迎えになられたこととお喜び申しあげます。
今日は暖かな陽気で初詣等外出には絶好の陽気でした。
ご承知のように子ども・子育て関連3法が成立し、平成27年4月から幼稚園はそれぞれ方向を選択しなくてはなりません。
ただどのような制度になろうとも、子どもの最善の利益にたちながら、柔軟に対応していけるように、教職員とともに研鑽していきたいと思います。
ブログを読んだくださっている皆さまにおかれましても、素敵な1年になりますように祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

私も今日から5日間のお休みをいただき、園にはウサギの餌やりと見回りに行くぐらです。
子どもたちも大きくなり、家族全員が揃うのも元旦ぐらいで、例年どおりハレの場として1年に一度重箱を出して、正月用の器に盛り付け、家族皆が健康で1年を迎えられたことへの感謝を分かち合い、雑煮とともに新年を祝いました。もちろん正月の迎え方はそれぞれの家の流儀があるので、それぞれ自由だと思います。その家の流儀を子ども達が経験して学び、次に伝えていくと思います。
私(我が家)は、時代の変遷の中でも、和のお節料理の食材それぞれに込められた意味と昔からのハレの場のやり方を子ども達が知り、受け継いでもらいたいと思っています。日常の食事でも「食べる」ということは人間にとって、とても大事なことだと思います。食材を作ってくれた人への感謝と命あるものを食べて生きていくという意味は、残さず食べることが最大の供養ということを子ども達に知ってもらいたいと考えています。
  1. 2014/01/01(水) 22:50:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ