FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

音楽発表会に向けて

ここ数日は書類提出に追われたり出張で出かけたりとブログともご無沙汰で、オータムフェスタの様子もなかなかお伝えすることができません。
昨晩は夕食をともにしながら園長4人で平成27年度から変わる新制度についての情報交換をしました。保護者の皆さんが思っている以上に佐倉市内の私立幼稚園同士をはじめ、園長同士の横のつながりはあります。そういうつながりの中で良い情報や保育上参考になる話は伝えあうように心掛けています。自園もいつもオープンにしており、年間を通して色々な方が見学を含め来園されます。参考になるところがあれば、それを自分の園に持ち帰って園児達に伝えて、プラスになれば何よりです。公益性の高い学校法人(非課税、園地も固定資産税は免除)として社会(子ども)に利益を還元することは大事なことです。オータムフェスタも収支だけを見ればかなりの赤字ですが、子どもへのコンセプトに基づいた利益の還元として見れば許容範囲と思っています。理事会の理事の皆さんのご理解にも深謝しています。

各クラスとも12月の音楽発表会にむけて楽器のパート決めをしているようです。原則使う楽器を一通りさわり、自分が演奏したい楽器を選びます。年長になると自分たちで教室に置いてある楽器で自主練習に励む園児もいるようです。
いつもながら短時間の中で子どもたちが集中して練習きるように、プロの保育者として考えるように話しています。「演奏するのが楽しい、歌を歌うのが楽しい」先ずはその気持ちからスタートすることが大事です。それには演奏曲のアレンジや楽器のパートの編成も大事です。原曲を人数にあわせて使う楽器の種類や数を考慮しながら夏休み前から音楽講師を中心にかなり綿密にアレンジを含め練ってきたようです。そして11月上旬に年中と年長組を前にはじめて子どもたちの前で曲を披露しました。静かにじっと聴いてくれていたのが印象的です。
年少組は教室で披露しました。

学年ごとに楽器が違います。
2007-06-02 25年10月年中ミュージックベル、発表会 045 (800x536)

年長になると鍵盤ハーモニカが入ってきます。
2007-06-02 25年10月年中ミュージックベル、発表会 048 (800x513)

年中組のミュージックベル(ハンドベル)の練習風景・グループごとに分けて練習します。
黄組
2007-06-02 25年10月年中ミュージックベル、発表会 030 (800x508)

赤組
2007-06-02 25年10月年中ミュージックベル、発表会 016 (800x509)
  1. 2013/11/15(金) 16:40:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月誕生会

今日は11月生まれの友達12人の誕生を祝いました。
お楽しみはプロジェクターを使ったDVD[ジャックと豆の木」です。

皆で歌を歌って誕生をお祝いしているところです。
2007-06-14 25年度追加写真・11月誕生会 007 (800x536)

誕生日プレゼントを受け取ったところです。今月は青組が作ってくれました。
2007-06-14 25年度追加写真・11月誕生会 011 (800x535) (2)

園庭の秋の自然の恵みを使った太鼓です。「青組紙皿どんぐり どんどん だいこ」
2007-06-14 25年度追加写真・11月誕生会 018 (800x534)
  1. 2013/11/13(水) 19:18:24|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖飯器

朝夕は冷え込みが厳しくなりました。今日から暖飯器の登場です。全部で3台あり、職員室に鎮座しています。
真冬でも外遊びが盛んですが、冷えきった身体の強い味方はこの暖飯器です。
暖かな弁当は嬉しいものです。給食でも主食持参であれば暖かなご飯が食べられます。

弁当は年少は先生と子どもたちで、年中や年長はその日の組当番4人で教室から職員室まで運んできてくれます。迎えるのは園バス運転手のK先生です。
「○○組です、お弁当を持ってきました、お願いします」4人で挨拶を唱和します。
お昼近くになると暖飯器から時々良い匂いがする時があります。
弁当のお迎えは届けてくれた当番の子どもたちです。教室につくと当番が配ってくれます。
「そろそろ冬支度かな」そんな思いを感じさせてくれる園の風物詩のようなものです。

届けてくれた組当番と出迎えてくれるK先生。4人で箱を水平にして丁寧に運びます。大人のから見れば一見当たり前のようなことですが、皆で協力して中に入っている弁当を上手に運ぶことも大事な学びです。
2007-06-13 25年度11月誕生会、暖飯器 039 (800x522)

弁当を持ち運ぶ箱。
2007-06-13 25年度11月誕生会、暖飯器 044 (800x533)

かなりの高温で温めます。そのため金属製の容器が必要です。
2007-06-13 25年度11月誕生会、暖飯器 045 (800x536)
  1. 2013/11/12(火) 23:54:31|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・城南オータムフェスタ2013

昼間は暖かな1日でした。落葉樹の葉もだいぶ落ち始めています。紅葉は例年ですと11月下旬ですが、今年はどうでしょうか。銀杏の黄色く染まった葉や紅葉の赤く色づいた葉を愛でるのも楽しみです。
園が休みなので、植木屋さんに入ってもらい、園庭の隣家と隣接した落葉樹を少し伐採してもらったり、枯れた枝がないか等合わせて点検してもらいました。落葉樹の伐採は本来ですと葉を落とした休眠状態の冬期が良いのですが、葉が落ちるきる前に樋に葉が落ちないように留意しないと迷惑をかけてしまいます。もちろんこうした件で苦情を話されれたことは一度もありません。だからこそ、こちらが気をつけないといけいないと思います。
午後は植木屋さんとひとしきり園庭で木の話を教えてもらいました。
一昨日の喧騒が嘘のような静かな一日でした。

写真は園での反省会のあとの2次会での一時です。なかなか風情のある居酒屋で後ろのポスターがまたレトロで似合います。
この2次会で嬉しかったことがあります。それはひとりのおやじが昼間は都合でこれず、この飲み会だけに堂々と参加してくれたことです。良いですね、こうしたいつからでも大いに参加歓迎といった自由な風通しの良さが長続きする秘訣ではないでしょうか。
OBのおやじが今後の連絡のことを気にしていたら、ラインでやりとりもできるような話もちらほらしていました。
園が主導でどうこうはできませんが、おやじ同士で園(縁)を機会に良い形でつながってもらえれば嬉しいですね。おかあさんたちは子どもの活動等を通して、おつきいの輪も広がりますが、おやじは家と職場の往復で地域で
なかなか知り合いができにくいとお聞きします。定年退職したら会社の人ともどうしても疎遠になりがちです。地域で挨拶したり飲み友達ができるのも悪くないと思います。どうぞお気軽に。敷居は高くありませんので、参加されたことのない親父もよろしければぜひお仲間にどうぞ。お待ちしています。
2013-11-09 25年度オータムフェスタ11月9日 046 (800x531) (2)
  1. 2013/11/11(月) 18:50:37|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城南オータムフェスタ2013~子ども達に伝えたい遊びと文化~

皆さまのご協力で無事に終えることができました。運営に携わってくださったおやじの会のおやじ達をはじめ、ボランティアの学生さん、小学生たちに感謝いたします。天気予報とうらはらはに今にも雨が降り出しそうなどんよりとした曇り空で少し肌寒い陽気でしたが、そうした天気を吹き飛ばすかのような子ども達の熱気が感じられるひときでした。ほとんどの商品が売れ、また今日の授業参観のあったS小学校の生徒たちも終了ぎりぎりですが遊びに来てくれました。中にはランドセルを背負ったまま、園に直行して駆けつけてくれた子ども達もいたようです。
詳細は後日改めて掲載したいと思いますが、今日は運営のボランティアをしてくださった皆さんをご紹介します。
肌寒い中、一日どうもありがとうございました。

劇を演じてくれた学生さんと指導教官の先生
2007-06-10 25年度オータムフェスタ201311月9日 169 (800x536)

運営のボランティアをしてくださった学生さん達
2007-06-11 25年度オータムフェスタ201311月9日 003 (800x516)

おやじの会のおやじとスタッフ
2007-06-11 25年度オータムフェスタ201311月9日 004 (800x520)
  1. 2013/11/09(土) 19:25:32|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城南オータムフェスタ2013~子ども達に伝えたい遊びと文化~明日に迫る

今日は明日のフェスタの準備のために午前保育にさせていただき、午後から職員で準備に取り掛かりました。
いよいよ明日を待つばかりです。明日の天気予報は晴れ、最高気温は15度で北風が少し吹くとの天気予報ですので、今日より少し肌寒いかもしれません。ちなみに今日の日中の最高気温20度です。温かな服装でお出かけください。でも雨天でないだけでもありがたいです。
今年もおやじの会のおやじ10人(現役5名OB5名)と小学生スタッフ10名、学生20名の皆さんがこのフェスタの運営にかかわってくれます。職員を入れると約60名で運営します。
またワークショップを材料費の実費だけでボランティアでしてくださるアトリエ「そうわくーす」奥津さん、アトリエ「マシュマロ」の大森さん、毎年習志野市から来てくださるフェスタの華を彩ってくださる「風船友の会」の4名の皆さん、、マジシャン齋藤さん、「Photo Fes~この日、この時、この場所で あなたがいる幸せを写します。」を企画したフォトクリエイト社の皆さんにも感謝します。ひとりではできないことも皆で力をあわせればできることを子ども達が感じてもらえればありがたいです。今年はあいにく学区内のS小学校が授業参観と重なってしまったのが残念です。

この時代だからこそ人間同士が会話を楽しみながら遊べる文化を次世代の子ども達へ伝えたいという思いと、少子化で地域の子ども集団が成り立ちにくい中、園児を中心におやじから小学生や幼稚園児また小さい子どもまで様々な年齢が集い、それぞれに楽しいひと時を過ごせてもらえたら何よりです。

電子ゲームも否定はしませんが、あらかじめ作られたプログラムではなく、人間同士で会話を楽しみながら、正解があるような、ないような、混沌とした人間味が感じられるもので時には楽しみたいものです。マニュアルだけの正解がひとつしかない遊びの世界から時には離れたいものです。子ども心に気の良いおっちゃん(おじさん)やおにいさんやおねえさんがいて、楽しく遊ばせてもらったな、そんな原体験を持つ子ども達が大人になったら次世代に同じ事をしてくれるかもしれません。そんな花が咲いてくれたら、企画した私としては望外の喜びです。皆様の来園を心からお待ちしています。

2007-06-10 平成25年度11月8日オータムフェスタ準備 015 (800x490)

2007-06-10 平成25年度11月8日オータムフェスタ準備 008 (800x534)

2007-06-10 平成25年度11月8日オータムフェスタ準備 001 (800x535)

2007-06-10 平成25年度11月8日オータムフェスタ準備 017 (800x460)

2007-06-10 平成25年度11月8日オータムフェスタ準備 020 (800x533)
  1. 2013/11/08(金) 18:04:09|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続々・オータムフェスタに向けて

久しぶりのブログになりました。日々の保育の中で子ども達の園生活を通してお伝えしたいし、写真も撮影しているのですが、どうしても色々な仕事に追われてついついブログをにとりくめる時間がなくてと言い訳します。
5日(火)は年長組で佐倉消防署見学、昨日6日(水)は天気に恵まれず3度目の正直で行えた青組、赤組、桃2組の芋ほり遠足の記事も掲載予定ですが。
ここ連日は明後日9日(土)に行われる「城南オータムフェスタ2013」の準備に追われています。
ただ私は理事長兼園長なので、まだ自分で仕事の段取りや時間の融通を都合つけられるので面でありがたいし、極端な話夜中まで仕事をして、その分通常より少し遅めに出勤することも可能ですが、普通の勤めている方は厳しい面があり、過労死という言葉は人ごとでないと思います。同窓会等でそうした苦労話を聞くときもあります。
お互い心身の健康には気をつけたいものです。

今日も知人の方からフェスタにむけてスタッフに差し入れと心温まる激励のお手紙をいただきました。昨年子どもさんと来園して楽しんでくださったようです。嬉しく何度も読み返しました。ありがたいことです。このところ連日、夜遅いので、余計心に染みます。
もちろんフェスタの準備以外にも園の運営と絡めた少し大きな仕事の計画の準備にも取り組んでいます。
まだ具体的にお話できる段階ではないのですが、うまくいったらこのブログでも報告したいと思います。
10月から運動会、芋取り遠足、平成26年度入園受付、フェスタ、音楽発表会と続きますが、スタッフには日々の忙しさが園児達の保育には影響しないようには細心の注意をして気をつけるように話しています。
保育者は心の余裕がないと絶対に良い保育はできないと思います。時には子どもに言動等で伝わらないとも限りません。
フェスタの運営人数もほぼ出揃い、明日は午後から割り振りや準備にかかります。おやじの会のおやじや学生また小学生のお手伝いを含めおよそ60名近くのスタッフで運営を行います。
後は天気を祈るだけです。
  1. 2013/11/07(木) 19:54:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・オータムフェスタ2013に向けて

昨日のブログでお話ししたように昨日と今日の2日間で射的の台と新しい企画に向けての試作品を名人たちで作っていただきました。おもちゃ遊びも名人ですが、造作も名人級で皆さん実に器用で思っていた以上に素晴らしい企画の試作品ができました。
子ども達の喜ぶ姿を見たくてという思いで造作してくれた様子です。
奇しくも試作品完成日の11月3日は「文化の日」、フェスタのテーマも「子ども達に伝えたい遊びと文化」です。人間同士で会話を楽しめ、無限の遊び方ができる遊びの文化にふさわしいおもちゃをどうもありがとうございました。

3日(日)の作業の様子から。

先ずは射的の台作りの様子です。
2013-11-03 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 003 (800x531)

完成しました。景品を置く台がふえ、射的遊びがより楽しくなると思います。折り畳み式なので、収納も簡単です。
2013-11-03 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 006 (800x529)

試作品に向けて取り掛かります。明日は1日かけて本格的に作ります。
2013-11-03 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 007 (800x506)

2013-11-03 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 009 (800x530)


4日(月)の作業風景から。

午前中はホームセンターの作業場を借りて、何ヶ所か造作をしてから、園で作業にかかりました。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 003 (800x510)

ベースになる木製品の台に部品の寸法を測りながら設計図をかきこみます。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 014 (800x505)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 018 (800x582)

一番難しい部分のばねの取り付け
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 021 (800x572)

名人たちも頭を悩まします。でも発射するためのばねの出来具合が、このおもちゃの命運を握っているといっても過言ではありません。それだけに試行錯誤しながら、慎重に位置決めや取り付けを行います。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 022 (800x579)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 023 (800x571)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 026 (800x600)

ばねの取り付ける位置が決まり、固定する作業を行います。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 027 (800x554)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 030 (800x587)

発射するばねの取り付けも無事に完成。出来具合を確かめます。
いつのまにか日も暗くなってきました。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 031 (800x594)

今度は「くぎ打ち」があります。くぎの間隔や角度も大事な要素です。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 032 (800x600)

いつの間にかあたりは暗くなりましたが、時間を忘れて作業に没頭しています。あと少しで完成です。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 034 (800x600)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 035 (800x600)

精密な細かい作業が続きます。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 038 (800x579)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 040 (800x600)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 043 (800x535)

釘がずれないように、糸を張り巡らし、丁寧に慎重にくぎを打っていきます。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 047 (800x578)


2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 048 (800x600)

2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 050 (800x600)

ようやく完成しました。おやじ達には懐かしい「コリントゲーム」です。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 054 (800x589)

3人の名人の力作です。今年は試作品ですが、子ども達の反応が良ければ、来年以降に本格的に考えているようです。
2013-11-04 25年度11月2、3、4日オータムフェスタ作成 058 (800x586)
  1. 2013/11/04(月) 23:51:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オータムフェスタ2013に向けて

今日は昨日とうって変わって、気持ちの良い秋晴れの1日です。気分転換に園庭で秋の日ざしを浴びながら、野鳥のさえずりに癒されます。
昨日2日(土)は午前中から「城南オータムフェスタ2013」の玩具や駄菓子等の買出しに毎年「昔遊びコーナー」を担当してくれるめんこ、こま、ベーゴマの自称名人3人とともに毎年お世話になっている錦糸町のエンドウ商店にお邪魔しました。昨年は名人の1人が九州地方に転勤したために参加できず、またもう一人の名人もいまだ静岡県に単身赴任中ですが、今日は買い出しということで来てくれ、フェスタ当日も万難を排して来てくれるとのことです。久しぶりに3人の名人が揃い踏みして、皆で意気揚々と買い物に行きました。
昨年は九州に単身赴任で欠席した名人は自称フェミニストであり、今年は昨年の分を取り戻すべく女の子向けの光物を中心に買い付けに専心し、今年のフェスタは是非女の子にもたくさん来園して欲しいようです。なんだかプロマイドも購入したようです。
私は駄菓子屋やビンゴの商品を主に選び、名人達は昔遊びコーナーや射的の景品を選びました。約2時間近く熱心に真剣に子どもたちが喜びそうなものを選びました。駄菓子も1品を除いて全て30円以下で主に10円、20円が中心です。
夕方園に戻り、皆で当日に備えて仕分けをしました。
その後はつれあい公認(全員愛妻家でありまた園関係者の1名は恐妻家で行先場所、時間、誰と行くのかを話しての許可制:本人談:心配して思いやってくれる愛情として受け取り、いつも感謝しています)のもと、夕方から早速4人で居酒屋で作戦会議を開きました。酒場ではアルコールの力もあり非常にまじめな昨年の反省を踏まえながらの話になり、有意義な時間になりました。
射的コーナーの充実ということで明日、明後日の連休を使って射的の景品を置く台を作成することで話しがまとまりました。
来年度に向けて新しい企画の話でも大いに盛り上がりました。明日はその射的の景品を置く台作りと新しい企画のための試作品作りをすることでまとまりました。

ちなみにこのおやじの会はとてもゆるやかで、実態があってないような自由な規則に縛られない良さがあります。
どの時間からでも誰でも遊びに飲みに来ても良いのが、この会の風通しの良さだと思います。自称会員(中には永久会員を自称している方もいらっしゃいますが)も自園の保護者以外の方もたくさいます。「子どもが楽しいから自分も楽しい。自分が楽しいから、子どもも楽しいだろう 幼稚園(子ども)のために一肌脱ごう」というゆるぎないコンセプトだけです。そのコンセプトの趣旨をご理解されていれば誰でも歓迎です。和気藹々とした雰囲気の中で行うことが大事で、反省もしますがそれはあくまでもその行事に関することだけであり、それ以外のことはご法度です。ちなみに3人の名人は卒園児の保護者ではありませんが、前述したコンセプトを理解され、楽しいから参加するというとても嬉しい動機で毎年来てくださいます。

後は天気だけが心配ですが、昨年は暖かな秋日和の中でいままでにない最高の人出で賑わいました。今年も保育を学ぶ学生さん18名ほどボランティアできてくれる予定です。また小学生の手伝いも募集していますので、よろしれば参加してくださいね。唯一心残りなのは学区内のS小学校が授業参観と重なってしまったようです。
今年も「子ども達に伝えたい遊びと文化」のテーマをもとに、人と人が出会い、笑顔があふれ、秋の1日を園の紅葉を背景に楽しんでもらえるように準備に全力を尽くしています。誰でも気軽に参加できますので、遊びにお出かけください。心からお待ちしています。

店内で真剣に目利きする名人たち。子ども達に関わることだけに妥協はしません。
2013-11-02 25年度11月2日フェスタ買い出し、準備 001 (800x517)

2013-11-02 25年度11月2日フェスタ買い出し、準備 005 (800x531)

2013-11-02 25年度11月2日フェスタ買い出し、準備 008 (800x520)

お店の家族の皆さんと一緒に恒例の記念撮影です。今年もお世話になりました。
店内では様々な玩具や駄菓子を売っています。卸問屋のため個数はまとまった数からになりますが、とても良心的なお店です。お店は家族経営で雰囲気も店主の人柄が反映されます。
錦糸町の北口(スカイツリー側)から徒歩2分です。
2013-11-02 25年度11月2日フェスタ買い出し、準備 009 (800x531)
  1. 2013/11/03(日) 15:15:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成26年度入園受付

昨日は平成26年度の新入園児願書受付日でした。初めてご縁をいただく方、兄弟で続いてきてくださる方、久しぶりにお目にかかれた方、それこそ何十年ぶりに今度は父親や母親として我が子を入園させくださった方等色々な方にお目にかかることができ、嬉しく懐かしい1日でした。
2度の入園説明会の時も感じましたが、皆さんとても熱心に聞いてくださり、入園されるされないは別として、我が子の入園に際し真剣に熟慮して考えられている姿勢に敬意を表します。
中には遠方や園バスが回れない地域の方からも熱心にお声をかけていただきとてもうれしく、自宅近くまで園バスが来るとか給食が日々あるとかといったような利便性だけではなく小園の教育内容で選んでいただけたことに深謝し、本来ならそういう教育熱心な方にも是非ご縁をいただきたい気持ちはやまやまです。
でも子どもの最善の利益を考えると、ごめんなさいと頭を下げることしか術はありません。
なんといっても日々通園するのは子どもです。
少子化でどの園も園児募集にしのぎを削る中、何故そこまでこだわるのかといぶかしげに思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし園長としてやはり子どもの側に立ってあげたいと思います。何故なら幼稚園入園は一般的には子どもが選ぶのではなく親が選ぶため、子どもには選択権がありません。家庭ではできない園(集団)でしか出来ない時間をできるかぎり確保してあげたい思いがあります。
その一線を崩すと経営のためならなんでもありになる自分にも不安があります。そして教育をだしに、子どもの教育のためにとってつけたようなもっともらしい理由で自分(園)を弁護してしまうのではないかと思います。
理事長としては失格かも知れませんが、子ども達を裏切るわけにはいきません。

でも実は子どもには大人が思ってる以上に園を選ぶ力はあると思います。直感力や雰囲気を五感で見抜く力も相当なものです。極端な話ですが、入園を考えている複数の園でそれぞれ1日をその園のカリキュラムに近い形で過ごさせてあげ、園庭で十分遊ばせてあげた後で、どの園にもう一度遊びに行きたいかと聞くことも選択する際にひとつ考慮しても良いのでと思います。幼稚園側もそうしたことを配慮できるようなシステムに変えるべきだと思います。
園にとっても一番大事な人(子ども)が選んでくれるのは悪い話ではないと思います。

説明会の席上申し上げたように、幼稚園は同じ学校教育法また文部科学省の管轄でありながら、小学校と違い教育内容は全く違います。それだけに良く見ていただき、親が入園するのではなく、我が子が入園し通園するという視点で選ばれると子どもはとても幸せであるとご説明させていただきました。
無駄な時間や子どもの教育のうえであまり意味のない教育時間は2年ないし3年間の中で1日たとえわずか10分間でも入園から卒園までに換算すれば膨大な時間のロスです。
園バスに1時間とか乗車したらどうかなと思います。佐倉と東京まで毎日通勤するようなものです。
体育指導もそうですが、待っている時間が長すぎたり体操服の着替えの時間もどうかなと常々疑問に思っています。幼稚園教育を考える時に実は小学校教育指導要領を読むと幼稚園での教育が良く見てきます。小学校は教科としてねらいや目標を詳細に書いてあるので、体育、国語、算数、理科、社会、音楽等どの学年で何を学ぶかを示しています。親として幼稚園の次は小学校ですので色々な面で心配するのは当然です。そうした不安や思いにも幼稚園側がきちんとお答えすることは当然だと思います。そうしながら園と保護者で子どもを真ん中に手を携えながら、子どもの成長を育めるようにしていきたいものです。

昨日願書受付をさせていただき、今度は11月16日に面接や入園料納付等の入園手続きを行います。それまでまたしばらく猶予があります。もう一度本当にこの園で良かったのか考えることができる時間です。
幼児教育は保護者と園との信頼関係がなければとてもできる仕事ではありません。
初めての社会生活に本園を選んでくださった思いを大事にする意味でもこれからも子どもに寄り添い、最善の利益の追求に努めたいと思います。
入園に応募してくださった方にスタッフを代表してお礼申し上げます。

今週からホール入口のところにブリオ社の汽車セットを出しました。相変わらず人気があります。良質なおもちゃは子ども達の興味や関心を育みます。
2007-06-02 25年10月年中ミュージックベル、発表会 002 (800x533) (2)



  1. 2013/11/02(土) 11:09:42|
  2. 幼児教育への思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ