FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

お互いさま

新入園児にとっては今週日曜日の入園式から始まって約1週間園生活を送りました。家庭とは違う環境での生活に見た目以上に心身とも疲れている場合がありますので、この週末はゆっくり休ませてあげるとよろしいかもしれません。木曜日からは在園生も登園し、園バスで降りた後は新入園児の手をつないで教室の前まで連れて行ってあげたりしてくれています。日常のちょっとした中で年下への思いやりを見せてくれています。

遊具指導もまだ全てやり終えていないので、年長組はしばらくは園庭では遊べません。全部の遊具指導を終える来週半ばぐらいから一緒に遊びます。やはり新入園児の3歳児にとっては年長組のお兄さんお姉さんはもちろん本人たちにはそうした気がなくても、圧倒される存在と感じる時があるかもしれません。そうしたことも考慮して、遊具指導期間中は遠慮してもらっています。自分たちが新入園児の時もそうしてもらったので、お互い様です。
今は「お互い様」ということの意味を説明する時が難しい時代になったように思える時があります。
「自分がしてもらったから今度はどうぞ、お互い様です」心に余裕ある言葉が交わせたいものです。

年長が昨年秋に植えたチューリップが満開、年長組で切花にして持ち帰っています。園庭も春満開です。
DSC04476.jpg
  1. 2013/04/13(土) 23:57:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊具で遊ぶ

昨日、今日の2日間は園庭の遊具指導を行いました。幼稚園には色々な遊具がありますが、それぞれに約束があります。安全な使い方や自分ひとりだけでなく皆で使うものだから自分勝手にすると、友達も困ります。園生活は集団生活でもあるので本園はこうしたこともとても重視しています。
そのために遊具を一つ一つを説明しながら、その後すぐにその場で実際に遊ぶことで約束事を学んでいきます。すべては経験を通して学んでいきます。また幼児の特性からして、いくつもの遊具を一遍に説明してもとても覚えることはできません。大人でも難しいと思います。少しずつ丁寧にきちんと指導するために、例年1週間近くかけて園庭の遊具の使い方を話します。写真は昨日、今日の2日間のそうした様子です。明日からは在園生も登園してきます。お兄さんお姉さんぶりを発揮する様子を見るのも楽しみです。

滑り台の約束事を話します。
2006-11-08 25年度2日目4月8日遊具指導、小学生来園 001 (800x518)

2006-11-08 25年度2日目4月8日遊具指導、小学生来園 009 (800x533)

靴を脱ぐときはきちんとかかとを揃え、並べて脱ぎます。こうした事もとても大事です。家庭でもされていると思いますが、大人(両親)が揃て脱がないと、子どもは覚えませんし、やりません。大人(両親)を真似て育ちます。
2006-11-08 25年度2日目4月8日遊具指導、小学生来園 010 (800x446)

池のメダカも姿を見せ始めました。
2006-11-08 25年度2日目4月8日遊具指導、小学生来園 015 (800x514)

2006-11-08 25年度2日目4月8日遊具指導、小学生来園 019 (800x527)

2006-11-08 25年度2日目4月8日遊具指導、小学生来園 020 (800x534)

2006-11-08 25年度2日目4月8日遊具指導、小学生来園 021 (800x494)

2006-11-09 25年4月10日遊具、1年生 001 (800x535)

2006-11-09 25年4月10日遊具、1年生 016 (800x503)

2006-11-09 25年4月10日遊具、1年生 020 (800x519)

2006-11-09 25年4月10日遊具、1年生 018 (800x535)
  1. 2013/04/10(水) 23:59:20|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

園生活が始まりました

昨日の入園式を終え、今日は保護者と離れての初めての園生活です。在園生はお休みなので、年長組の先生も含めてスタッフ総出で迎えました。
今日は園庭には出ないで、トイレや園舎内の探検や水道の使い方の指導をしたり、保育室の所持品の整理整頓も伝えていきます。また曲に合わせてダンスも楽しんだようです。3歳児はもちろん個人差はありますが、気にしないでください。
私も1便(赤リボン)のバスにも添乗しましたが、おかあさんと離れるのが寂しい園児さんもいます。特に3歳児は無理もありません。入園に向けてのガイダンスでもお話ししたように、全ては時間が解決します。ただ家庭の対応により時間がかかる場合もあります。そうならないように、子どもさんが帰ってきたら幼稚園のことは保護者から聞かない、子どもさんが話したら手を休めて聞いてあげるのは良いのですが、しつこく聞かないようにしましょう。「明日は泣かないで幼稚園に行こうね。ママ(おかあさん)と約束してね」、「泣いたら、もう幼稚園に行けなくなるわよ」「もう幼稚園生でしょ」「あなたが泣くと、ママ(おあかさん)も悲しいわ」こうした言葉は禁句です。また生活リズムを整え、早寝早起きをして今日の疲れを残さないようにしましょう。
保護者の方がどっしり構えていれば、子どもさんも安心して園に行く気持ちを持てます。保護者が不安になると子どもさんも不安になり、子ども心におかあさんを置いて自分が園に行くと、家に残したおかあさんが心配で園に行く事を渋りがちになります。
心配なことがありましたら、ご遠慮なくクラス担任までご連絡ください。
写真はそんな今日の一コマです。

桃組1組の様子から
手遊びを楽しむ
2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 003 (800x536)

ダンスを楽しむ
2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 017 (800x536)

2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 015 (800x518)

桃2組の様子から
ダンスを楽しむ
2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 008 (800x532) (2)


2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 005 (800x536)

年中組の水道指導の様子から
2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 023 (800x527)

2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 031 (800x536)

降園のバスコースの帰りの様子。1日目とは思えないくらい上手にできていました。
2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 036 (800x523)

帰りの時の挨拶の様子
2006-11-07 25年度4月8日新入園児1日目 035 (800x534)
  1. 2013/04/08(月) 23:45:47|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成25年度第49回入園式

風が強かったものの、天気も晴れてくれました。天に感謝。誕生から慈しんで手塩に育てた家庭から初めての社会に本園を選んでくださった保護者の皆さんの思いを忘れることなく、子どもの最善の利益を第一に考え、時流におもねることなく、でもしなやかに柔軟に、時には愚直に王道を歩みたいと思います。家庭でできることは家庭で、塾や課外でできることはそちらで、学校でしかできない学びを大切にしながら向き合って行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2006-11-06 25年度入園式 002 (800x535)
  1. 2013/04/07(日) 23:56:41|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の嵐

このブログを書きながら、外では雨が降り、風が唸りながら吹き荒れています。急速に発達した低気圧がこれから関東地方を襲うと天気予報で報じています。くれぐれも土砂災害や強風による飛散物の落下、側溝の増水等にご注意ください。明日の入園式の天気も心配ですが、せめて雨もしくは風どちらかだけも収まってくれたらと思います。お祝いであるハレの入園式に着飾って来園してくださるだけに、天気の回復を祈っていますが。
桜も今夜の風雨でどうやら散り終えてしまいそうです。春風にひらひらと舞い落ちながら散る風情も情緒があり、名残惜しい余韻を楽しんでいたのですが、今年は残念なことになりそうです。
  1. 2013/04/06(土) 23:53:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新学期始まる

昨日から新学期が始まりました。今日も春の陽光が園庭にふりそそぎ、春らしいのどかなひと時が過ぎていきます。木々も芽吹き始めて、これから落葉樹も若葉を生い茂らせ、園児たちに日陰をつくってくれることでしょう。自然の息吹をより感じられるこの季節、戸外遊びもより楽しめると思います。
園児たちも新しい保育室と先生との出会いがあり、またひとつお兄さんお姉さんになった気持ちを隠さずに、誇らしげに私にも真新しい組の名札を見せてくれます。
そんな2日間でした。明日は土曜日で園もお休みし、日曜日は入園式を迎えます。天気だけが心配で、発達した低気圧が通り、台風なみの暴風雨になるかもしれないとの予報と聞くと、自然の範疇とはいえ、なんとかならないものかと天を仰ぎます。

いつもの光景が広がります。
2006-11-04 25年度4月園庭風景、めだか 002 (800x536)

隠れた人気のスポットの堆肥場で何か発見したようです。
2006-11-04 25年度4月園庭風景、めだか 010 (800x535)

まもなく若葉が生い茂り、日差しを遮る、素敵な緑のカーテンで覆われます。
2006-11-04 25年度4月園庭風景、めだか 009 (800x522)
  1. 2013/04/05(金) 23:40:37|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幼稚園冥利

今日は子育て支援事業「のびのびすくすく」の優先受付(在園生、卒園生、今年度新入園児の子どもさん対象)を行いました。あいにくの足元の悪い天気にもかかわらず、申し込みにいらしてくださりありがたいことと感謝しています。中には私が現役の頃に一緒に遊んだ園児が素敵なお母さんとしてご自身の我が子の申し込みに見えられ、幾分面影が残るお顔を見ながら、当時の様子が思い浮かびました。今は理事長兼園長になり、どうしてもデスクワークが多く(特にパソコンが普及してから余計事務仕事が増えました)園児達と遊ぶ時間が限られてしまいますが、当時はいち教師でしたので、とにかく園児と遊ぶ時間がたくさんありました。幼稚園時代が楽しかったですという話を聞くと、本当に幼稚園冥利につきます。またご自身の幼稚園時代の写真や誕生カードを持参したお母さんもいらして、今でも大事に持っている話を聞くとありがたいなとつくづく思います。
卒園以来久しぶりにお会いして、元気で小学校に通学している話や卒園した後に2番目が誕生して申し込みに来ました等たくさんの嬉しい話しを聞かせていただいたひと時でした。
明日は一般の方の受付ですが、本園に関心がある方誰もが参加できるようにと願っていますが、どうしても受け入れ人数にも限界もあるので、程よい人数になればと祈っているのですが。

2006-11-03 25年度桜 005 (800x535)
  1. 2013/04/03(水) 23:58:34|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やるな若者

先日春の景色を見に出かけましたが、乗り物の中でも鉄道好きな私としては久しぶりに路面電車に乗れただけでも満足でした。昼下がりのまばらな乗客を乗せながら、路地から時折満開の桜が顔を覗かせる春色の風情の中、ゆっくりと車体をきしませながら走ります。私は運転席前方に陣取りながら、ぼんやりと景色を眺めていました。

とある駅で車椅子に乗った方がホームで待ち、付き添いの人と乗車しようとした時のことです。ホームと電車の間に隙間があるので、運転士(兼車掌)さんが備え付けの差渡しの台を置き、付き添いの人が車椅子を押して車内にはいろうとした時のことです。付き添いの人も年配気味でさし渡す台がホームの位置の関係で少し傾斜があるため車椅子が押しにくそうでした。運転士さんはさし渡す台を万が一に備えて外れないように押さえていて動きが取れません。私が見かねて手助けに行こうとした時に、丁度ドアー付近に座っていた若い女性がさっと近づき、さりげなく付き添いの人に声を掛け、手を貸してあげました。車椅子が車内に無事に入ると、すぐに付き添いの人に自分が座っていたドアーのすぐ脇の席を譲りました。ほんの一瞬の出来事でしたが、とても自然体ですごく好感が持てました。一見当たり前のことと言われてしまえば、確かにそれまでですが、何故かうまく言葉で説明ができないのですが、「やるな若者」と一言声をかけたくなる出来事でした。
心で思っていても実行するのにほんの少し勇気を必要とする時がありますが、当たり前のようにさりげなくする思いやりに脱帽です。

P1100096.jpg



  1. 2013/04/02(火) 23:46:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ