園長ブタゴリラ☆ブログ

節分を前に~鬼が島幼稚園園長からの手紙~

今日で1月もお終いです。明日からは2月です。2月といえば、そうあの節分があります。怖がりの私としては昨年の悪夢というべき出来事が思い出されます。私が怖くて園を休んでいた3日の節分の日に鬼が島幼稚園園長の鬼が島太郎が子分達を連れて、一時とはいえ幼稚園を乗っ取られた出来事です。幸い園児や教職員の勇気と力で退治して追い出すことができたと後から聞きましたが、その事件を思い出すだけでも今でも震えがきます。興味のある方はHPのトップページの過去ログをご覧ください。
大変申し訳ありませんが、今年も幼稚園はお休みさせていただき、家で布団をかぶって寝ています。園児とスタッフに後を託したいと思います。私は「君子危うきに近寄らず」「危ない事は怪我のうち」「賢人は危きを見ず」「聖人は危きに寄らず」をモットーとしており、またストレスは身体にも良くないので、ご了解ください。

そういえば、今日ポストにあの鬼が島太郎から手紙が届いていたので、ブログを読んでくださっている皆さんにもご紹介します。これからご紹介する手紙はあまりにも文意も品のない内容や表現力も見られ、上品な香りが売り物の「園長ブタゴリラブログ」に取り上げるのに正直躊躇しましたが、まあ特別大サービスとして、全文を掲載します。

手紙の紹介(原文のまま)
「やいやい、ブタゴリラ園長、昨年は不覚をとったが、今年はそうはいかないぞ。まあお前のことだから、昨年同様今年も俺様が怖くて園を休むと思うが、本当に情けない奴だ。園長という園の最高責任者自ら休むという破廉恥な事がよくできるな。あきれて物が言えない。早く引退しろ。お前の代わりはたくさんいるぞ。例えば副園長兼音楽専任講師のKはどうだ。彼女はなかなか芯がありそうで、負けず嫌いで気骨もありそうだ、でも情にもろくて、スタッフの信頼も厚いと噂で聞いている。お前ははっきりいって軟弱でいつもへらへら笑っていて、園児達からも「ブタゴリラ」と呼ばれて馬鹿にされているそうだが、本当に見るだけで、うんざりだ。早く引退するように。

今年はたくさんの子分を連れて行くぞ。覚悟しておくように。昨年インフルエンザで罹った鬼が島消防署レスキュー隊の鬼も満を持して来るぞ。いつものメンバーに新人メンバーも加わり、実に賑やかだ。唯一の心残りは不動のメンバーの鬼ダルが野球の海外遠征のメンバーに選ばれ、南国で強化合宿して参加できないのが、残念だ。激励の電話をもらったのが、とても嬉しかった。今年は彼の分まで頑張るぞ。よいかくれぐれも覚悟しておくように。幼稚園はもらったぞ。フ・フ・フ・楽しみだ。あばよ。鬼が島幼稚園・園長・鬼が島太郎」

ご存知鬼が嫌いな柊、園庭に自生しているので保育室に飾ってね。
2006-09-01 24年度ヒイラギ、カプラ作品緑組 009 (800x535)
  1. 2013/01/31(木) 19:09:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽劇に向けて~学ぶこと~

昨日は保育参観1日目でした。天気も冬の澄み切った青空が広がりました。
黄組(4歳児・年中)は音楽劇のテーマにちなみ、大工さんが来園して、大工仕事の道具一式や実際の仕事を見せてもらったり、全員で鉋削りの実体験をさせてもらいました。大工さんが説明している時も、思っていた以上に興味深々に聞いていたようです。自分たちでテーマに沿って色々な形で調べたり経験することが、学ぶ力の芽を養うと確信しています。先生が「これをしなさい、あれをしなさい」と指示する形よりも、園児自らが興味や関心をもちながら学んでいくこと、特に幼児期は五感を使った実体験が大事ではないかと考えています。そんな学びの時間の一コマです。

様々な大工道具を用意してくださいました。
2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 004 (800x528)

道具の使い方を一つ一つ、わかりやすく話してくださいました。大工さんは園庭にあるツリーハウスや森のウッドデッキも作ってくれました。
2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 007 (800x535)

説明してもらった後、近くでそれぞれの道具を見て回りました。
2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 011 (800x514)

実際の仕事の様子を実演してもらいました。
2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 015 (800x522)

2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 022 (800x493)

2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 024 (800x512)


ひとりずつ鉋で木を削りました。削りくずをお土産に持って帰った子どももいたり、木くずの木の香を嗅いでいる子どももいました。実は削りくずを手で触ったり、香りをかぐことがとても大事な学びです。
2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 040 (800x466)

2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 032 (800x518)

最後に大工さんと一緒にクラス全員で記念写真を撮りました。唯一の心残りが風邪等で8名のお休みがいたことです。
今日の様子は写真にして、保育室に掲示してお休みした子ども達にも教えてあげたいと思います。
2006-08-30 24年度1月29日大工仕事林建築 044 (800x523)
  1. 2013/01/30(水) 09:57:23|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・雪遊び

昨日紹介しきれなかった雪遊びの続きです。この地域で降る雪は大概水分を含んだ「ぼたん雪」と称される雪が降ることが多いのですが、昨日の雪はスキー場のようなパウダースノーのようなさらさらとした、子どもたちが遊ぶにはもってこいのとても良い雪質でした。雪合戦用の投げ玉や雪だるまも固まりやすかったようです。山からそりすべりも楽しめました。
そんな様子の一コマです。

園庭に出て、一番初めにしたのは雪合戦でした。
2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 027 (800x500)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 034 (800x512)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 035 (800x507)

雪だるま作りも人気です。前述したように雪質が良いので、転がしながら雪玉が大きくなっていきます。
2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 068 (800x536)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 066 (800x533)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 096 (800x536)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 061 (800x533)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 094 (800x536)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 045 (800x536)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 049 (800x508)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 100 (800x522)

山から橇すべりも楽しみました。
2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 054 (800x517)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 065 (800x536)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 063 (800x522)

雪遊びをした後はのおやつはココアとビスケットです。食べた後は、降園までまた園庭で遊びました。
2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 090 (800x524)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 085 (800x494)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 086 (800x513)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 079 (800x533)

  1. 2013/01/29(火) 11:02:52|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪遊び

今日は思いがけない雪で自由登園にさせていただきました。20名の園児達が遊びに来てくれ、園庭で雪遊びをして楽しました。
2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 004 (800x511)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 003 (800x523)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 015 (800x520)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 014 (800x521)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 024 (800x516)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 040 (800x536)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 022 (800x521)

2006-08-29 24年度雪遊び25年1月28日 042 (800x506)
  1. 2013/01/28(月) 19:01:55|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕日

今日は北風が少し吹きましたが、園庭にいると北側に山を背負っているので、結構暖かです。夕方になるとさすがに冷えてきますが、温かなコーヒーを片手に、沈みゆく夕日に照らされる冬木立を見るのも楽しみです。
心静かに独り贅沢な時間が過ぎていきます。

2006-08-29 24年度園庭夕日 002 (800x521)
  1. 2013/01/27(日) 18:13:25|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・音楽劇発表会に向けて

3月の音楽劇に向けて学年ごとに準備が進んでいます。年長、年中組は自分たちでそれぞれのクラスごとにテーマについて学習をはじめているようです。年少組(3歳児)はさすがに調べることはしませんが、劇のあらすじや表現について先生と一緒に取り組んでいるようです。自分たちで感じたり思ったことを身体で表現していく芽生えを学んでいくことで、年中、年長組に進級した時の礎になれればと思います。
私は劇に関しては基本的に職員を信頼して任せています。もっとも劇に限らず保育に関しては全てですが。もちろん始めるに際に今年度は新しいスタッフも入ったので、劇のねらいや取り組みまた作り上げていく中で気を付けることを全員の中で話しましたが、始まった今は報告を受けたり、何かある時に相談にのるぐらいです。
できるだけ園児達やスタッフが劇に取り組みやすい環境や必要な人的物的な支援等を園長という立場でバックアップする事が大事だと思っています。
子どもの教育のためなら予算は出来る限り惜しまないので、遠慮なく話すように伝えています。
実際、今年度も劇に使うことも含めて舞台照明にひとつ新しい設備を取り入れます。2月上旬に工事を予定しています。
写真は年中の黄組の劇のテーマに鑑みて、昨日知人の大工さんと打ち合わせしているところです。
大工さんの都合もあり、来週火曜日保育参観と重なりますが、実際に来園してもらい、テーマについて授業のような形でお願いしてもらう予定です。どうせなら保育室に家を作ろうということで、盛り上がっています。

2006-08-26 25年度大工打ち合わせ 006 (800x536)
  1. 2013/01/26(土) 10:54:37|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パズルを楽しむ~年長保育室から~

昨日夜の天気予報ですと今日はもしかしたら積雪があるかもしれないとの予報でしたが、幸か不幸かみぞれのようでした。普段は朝、登園すると身支度を終えた子どもたちから、寒さをものとせず園庭に出て遊びますが、園庭もかなりぬかるんでいて、さすがに今日は室内遊びです。年長組に今週から出した新しいおもちゃが人気です。
フランスの木製パズル「La pomme ラ・ポム」で、色彩があざやかです。対象は年長組が良いようです。色々なパターンの組み合わせをはめ込んだり、シートを換えて隠れている青虫を探したりして、考えながら楽しみます。順次登園した子どもたちも興味新々です。このパズルに限らず、自分で考えたり、友達と言葉を交わしながら相談する時間を大事にしたいですね。外は寒くても、室内は温かなゆったりとした時間が流れ、実に楽しそうでした。

2006-08-25 知育玩具、すもう 027 (800x525)
  1. 2013/01/24(木) 17:20:09|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月誕生会

今日1月生まれ11人の誕生をお祝いしました。
プレゼントは緑組が作ってくれた「みどりぐみ にじいろ ぶんぶん こま」です。独楽を真ん中にして両側の凧糸をを引っ張ると、独楽が回ります。
お楽しみは、先生たちによるペープサートを使った十二支にちなんだ「十二支の始まり」です。猫がネズミに騙されて、十二支になれず、今でも鼠を見ると追いかける言い伝えにちなんだ物語です。

2006-08-23 24年度1月誕生会 006 (800x536)

2006-08-23 24年度1月誕生会 012 (800x523)
  1. 2013/01/22(火) 15:14:48|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽劇発表会に向けて~楽譜を作る~

3月に行われる音楽劇に向けて先週ぐらいから、本園の音楽専任講師のK先生が劇のエンディングの歌の楽譜を作り始めています。
年中、年長組は園児たちから出たテーマを基に劇のおおまかな骨格(あらすじ)を考えて、クラス担任が歌詞を書き、K先生がその歌詞にあわせて作曲していきます。過去の劇で使っている曲も全て園のオリジナルです。
楽譜は初めは手書きで書き、最終的に決まったらパソコンの音楽ソフトを使いながら楽譜を完成させます。担任はできた曲をすぐさま練習して弾けるようにしてから、園児たちに紹介します。曲ができてから短期間でマスターしなければならず、ある程度のピアノの力量も要求されます。
作曲は誰にも邪魔されない夜中が一番良いそうで、昨日も朝方まで一晩中ピアノに向かっていました。その期間中は昼夜が逆転するようで、私がもっぱら家事をします。学生時代は一人暮らしをしていたので、家事は嫌いではないのですが、洗濯の乾し方や食器洗いひとつにしても、それぞれの流儀があるので、ついつい自己流ですると後でお小言を受けます。一緒に生活してずいぶん月日はたつのですが、習慣はなかなか治らないものです。
子どもたちからは親父が作ると、自分の食べたい物を作り、酒の肴になる和食のおでん、煮物、焼魚、あら煮といった料理が多いとこぼしています。

本人は完成するまで、だいぶ神経をすり減らすようで、私ができることは、なんでも傾聴して余計な神経を使わせないようにするぐらいです。でも「内助の功」と書いて、このブログを見られたら、普段たいして何もしていないのにと、余計お叱りを受けそうなので、心の中に密かにしまっておきます。
また私が冗談半分に過去の音楽劇のオリジナル曲や劇の台本をまとめて「音楽劇・台本・CD付き」で販売すれば、反響あるかもしれないよと誘うと、鼻で笑っています。

子どもたちが歌いやすく、メッセージを伝えていけるような思い出に残る曲を目指しているようです。
IMG_0298.jpg
  1. 2013/01/20(日) 23:57:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

研修

今日は午前中、佐倉市私立幼稚園協会(佐倉市内の全私立幼稚園加盟)主催の研修会がS幼稚園であり、本務職員とともに出席しました。協会では例年、保護者向けの講演会と教員対象の研修を行っています。加盟園から約100人近くの教員と各園の理事長や園長が参加しました。
講師のH先生は幼児教育の第一人者で保育現場で20年近く先生をされていた経験もあり、話が具体的な実践例を交えながらユーモアあふれる、わかりやすい話は教員からも人気があります。私自身某大会の分科会の司会をした時にH先生が講師で、不慣れな司会を助けていただいたこともあります。幼稚園を愛するがゆえに、叱咤激励しながらもいつもエールを送り、経済至上主義でとかく政治に翻弄されやすく、肝心の子どもの利益をないがしろにしがちな教育行政にも一言もたれる方です。
今日の研修テーマの「保育を見直す」という中で、職員が見直すのももちろん良いが、それ以上に子どもの立場から見直す視点の大切さを力説されていました。

終了後、H先生は本園のN先生の大学時代の恩師でもあり、久し振りの再会に花が咲いたようです。会場園から園長達との昼食会会場のJR佐倉駅近くのレストランまでご一緒する途中、折角だからと本園に立ち寄ってくださり、ひとしきり園舎や園庭も見学してくださいました。木をふんだんに使った園舎や自然環境に恵まれた園庭を気に入ってくださったようです。

昼食会では養成校の学生側から見た幼稚園に対する認識や求人を出しても来ない実情等を教示してくださいました。教育現場は井戸の蛙になりがちなだけに、こうした研修の機会に参加できることはとてもありがたいことです。
  1. 2013/01/19(土) 23:58:51|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ