FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

もうすぐ冬休み

今日で1日保育も終了です。明日は第2学期終業の日です。明後日からは子どもたちにとっては楽しみな冬休みです。園児達は保育室の引き出しや靴箱の掃除を絞った雑巾で掃除していました。
昨日公演したクリスマスコンサートも2日連続で演奏してくれましたが、レパートリーも増え、昨日の「サンタが街にやってくる」以外に「きよしこの夜」「あわてんぼうのサンタクロース」の2曲が加わりました。伴奏も先生によるキーボードです。
忍者も姿を見せ、関心を持つ子どもも多いので急遽忍者に関わる絵本や図鑑を購入しました。こういう急場に注文しても翌日に届くのがインターネットの利点かもしれません。
子どもたちが興味や関心を持った時にできる限り学べる環境を考えてあげることは保育者の大事な役目です。

午前と午後の2回に分けて演奏しました。
2006-07-20 24年度続・クリスマスコンサート 008 (800x507)

2006-07-20 続々クリスマスコンサート、忍者絵本 006 (800x497)

午前の部は立ち見がでるほど人気がありました。
2006-07-20 24年度続・クリスマスコンサート 032 (800x518)

忍者の図鑑を急遽購入しました。他にも何冊か注文中です。
2006-07-20 続々クリスマスコンサート、忍者絵本 009 (800x533)
  1. 2012/12/19(水) 23:51:08|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスコンサート

年長組の有志でミュージックベル(ハンドベル)だけを使ったコンサートを楽しみました。
昨日何人かの子どもたちから話が出て、登園して急遽今日やろうかという話になり、飾りつけをしたり自分たちでコンサートのためのポスターを描いて貼ったり、チケットを色画用紙で作ったりと各自で役割をきめてしていたようです。自分達で段取りをしながら、難なくこなしていくところが年長組の凄みでしょか。

演奏曲は「サンタが街にやってくる」です。初めての曲で練習はしていませんが、先日の音楽発表でベルは誰もが練習しているので、慣れたものです。楽譜を見ながら上手に演奏していました。観客からもアンコールの掛け声がかかり、満足そうな様子です。もしかしたら明日もあるかもしれません。自分達で考えながら、自立する姿は、見守る私としても嬉しいものです。ひとりひとりが成長している様子を実感します。

登園してから、コンサートに向けて飾り付けをしたり、ポスターを作って掲示して、他の園児に知らせたり自分たちでお客が来てくれるにはどうしたら良いか考えながら工夫していたようです。

2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 003 (800x535)

お手製のポスター
2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 021 (508x800)

2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 032 (500x800)

午前中のコンサートが始まりました。
2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 007 (800x536)

お客さんもたくさん来てくれたようです。
2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 012 (800x536) (2)

2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 014 (800x510)

2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 020 (800x535)

こちらは午後の部のコンサート、メンバーも多少変わりました。
2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 027 (800x534)

楽譜を前に出し、園児達は楽譜を見ながら演奏しました。今日は急遽ということもあり伴奏はテープでしたが、明日は職員がキーボードを出して伴奏をする予定です。
2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 026 (800x502)

年少の観客も多かったようです。
2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 025 (800x536)

2006-07-19 24年ベルクリスマスコンサート 036 (800x495)
  1. 2012/12/18(火) 17:36:49|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍者出現

先週はあわてんぼうのサンタクロースが来園してくれましたが、今日は忍者黒装束と白装束に身を包んだふたり忍者が現れたようです。園舎全体を使い、ダイナミックに青組と赤組の子どもたちと何やら修業(?)や戦いごっこ(?)を行っていたようです。時折忍者と園児達が疾走したり、忍術を使ったり化けたりと楽しそうに表現していた姿が印象的です。
来園される皆さんも、もしかしたら忍者が現れたり、手裏剣が飛び交うかもしれません。気を付けて来園してください。しばらく忍者の出入りがあるようです。

2006-07-18 24年度12月劇遊び忍者青・赤 001 (800x531)

2006-07-18 24年度12月劇遊び忍者青・赤 009 (800x513)

2006-07-18 24年度12月劇遊び忍者青・赤 014 (800x535)

2006-07-18 24年度12月劇遊び忍者青・赤 018 (800x532)

2006-07-18 24年度12月劇遊び忍者青・赤 026 (800x535)
  1. 2012/12/17(月) 17:04:58|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は小春日和の陽だまりが嬉しい陽気でした。先週ぐらいから厳しい寒さの到来とともに氷作りが流行っています。今日も園庭の片隅にそれぞれ思い思いの容器に水を入れたり、落ち葉を入れたり、使った絵の具を入れてみたりとそれぞれ材料を吟味して工夫を凝らしながら、置いてありました。時折、出来立ての美味しそうな氷を見せにきてくれます。
子ども達は「凍る」「凍らない」といったこのような遊びを通しても、天気(気象)を学んでいるようです。
明日の朝の冷え込みはどうでしょうか。しばらく氷作りは続くようです。

2006-07-18 24年12月16日冬木立 013 (800x536)

  1. 2012/12/16(日) 17:11:28|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山茶花

幼稚園には時季にあわせて色々な花が咲きます。花が少ないこの季節に趣を添えてくれます。
厳しい寒さの中で、可憐にでも凛とした感じが惹かれます。
毎年決まった時季に咲く花達を見ながら、今年も無事に咲いてくれた愛おしさと時の経つ速さに愕然とする思いです。冬の静かな時間が過ぎていきます。

2006-07-16 24年度園庭山茶花 005 (800x536)
  1. 2012/12/15(土) 10:03:25|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわてんぼうのサンタクロース来園

昨日、誕生会の後にサンタクロースがプレゼントを持って来園してくれました。クリスマスまでまだ少し時がありますが、一足早く来てくれました。まさしく「あわてんぼうのサンタクロース」ですね。
学年(年齢)にあわせてプレゼントもそれぞれに選んでくれたようです。
プレゼントを手渡した後は、鈴の音とともに、そりに乗って次の良い子が待っているところへ出かけたようです。園児達からは誤解(先生がサンタクロースに化けている)されないように男性職員の私とバスの運転手さん達は全員でサンタクロースの露払いを務めました。
まもなくクリスマス、このブログを読んだくださっている皆さんにも温かな楽しいクリスマスを迎えてくださいね。

あわてんぼうのサンタクロース近影
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 019 (536x800)

桃2組
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 028 (800x521)

2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 021 (800x533) (2)

桃1組
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 031 (800x534)

2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 039 (800x535)


緑組
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 040 (800x521)

2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 044 (800x521)

青組
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 045 (800x535)

2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 049 (800x525)

黄組
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 052 (800x502)

2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 056 (800x498)

赤組
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 059 (800x533)

2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 064 (800x522)

園庭に出て、空のはるか彼方にそりに乗っていくサンタクロースを見送ったようです。
来年もお待ちしています。
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 074 (800x535)

あわてんぼうのサンタクロースさん、来年もまた来てくださいね。待っています。
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 065 (800x535)
  1. 2012/12/14(金) 11:52:26|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月誕生会

今日は12月生まれ19人の誕生をお祝いしました。
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 010 (800x536)

誕生日プレゼントは青組が作ってくれた「あおくみ きらきら クリスマス くつした」です。
フェルトを使い、模様は毛糸で編みこみ、飾りはスパンコールやモールで飾りつけました。もうすぐクリスマス、
自分のお気に入りのものを入れてくださいね。
2006-07-14 24年12月12月誕生会、サンタ、手をつなごう 015 (800x533)

お楽しみは先生たちによるとブラックライトを使った手あそび歌遊びです。
  1. 2012/12/13(木) 22:00:47|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霜解け

このところ寒い日が続き、園庭で霜解けを楽しむ子どもたちを見かけるようになりました。
先日、園庭の芝生化はいかがですかと業者の方がお見えになりましたが、私は基本的に園庭は「土」と思っています。もちろん土(本当は色々な土がありますが、とりあえずは関東ローム層の赤土)、砂、芝生とどこか一部に園児が実体験できることが理想ですが、そうでなければ「土」にこだわっていきたいものです。
霜解けもそうですが、土は園児達に無限の学びを与えてくれますし、気象条件を通して自然の様々な事象を見せ、学ばせてくれます。
土の表面が乾いて風が吹けば砂埃(土埃)になります。砂埃の対処を学ぶのも大事な経験です。また砂埃に対処して水を撒くことで埃が抑えれ、砂埃にならない事を知ることも大事な学びです。水たまりも子どもには楽しいものです。長靴でどこまで入れるかどきどきしながら入るのも面白い学びです。乾いた土、湿った土、霜解けに代表されるようなどろどろの土、季節や気象条件に応じて色々な顔をみせてくれます。そうした環境を子ども達がその場で実体験を通して学び、状況に応じた対処を学ぶことも科学的な目(知的好奇心)を育みます。
また植物の繁殖や様々な昆虫、地面に穴を掘って生活する虫たちの観察の醍醐味もあります。
保育者は幼児期の環境構成を考える時に基本をきちんと見極めてあげることも大事なことです。
大地にしっかりと手足をつけていけるような教育をこれから大事にしていきたいと思います。

滑らないように、転ばないように、深みに入らないように。
2006-07-12 24年度水実験、霜解け、12月誕生会青組 004 (800x492)

2006-07-12 24年度水実験、霜解け、12月誕生会青組 025 (800x512)

ごっこ遊びがひろがります。
2006-07-12 24年度水実験、霜解け、12月誕生会青組 014 (800x523)

料理のレシピがひろがります。
2006-07-12 24年度水実験、霜解け、12月誕生会青組 016 (800x536)

  1. 2012/12/12(水) 09:55:27|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Face Book

先週金曜日に園の緊急連絡のメール配信を管理してくれている会社のFさんが関西から来園されました。何度かお見えになったことがあり、メディア情報に疎い私に時々刺激的な話をしてくれます。今日の訪問のお題は表題の通りです。
私も名前ぐらいは知っていて、友人達でも使っていたり、知人の園長達からも勧められる時があります。
ただ言い訳になりますが、このブログを書くだけでも精一杯な中、これ以上はとてもとても時間的に無理があるので未だに生返事ばかりです。
今回は個人ではなく園としてFacebookをやりませんかという提案です。実際に活用している幼稚園のHPを見たり、教えていただいた全国の園のHPも一通り見ましたが、確かにすごいです。福岡県にあるH幼稚園のHPを見ると、ここまで情報を公開しているのか脱帽してしまいます。保護者として大事な我が子の入園に際し、色々な情報を知りたいと思うのはある意味当たり前だと思います。内容を公開し理解してもらうことについては、一般的に民間企業のほうが学校よりはるかに進んでいますし、お客(保護者)の心をつかむ術は長けているのは自明です。そういう観点からも先ほどの前述した幼稚園は実に上手くFacebookを含めHPを使いこなしているなと感じます。まして保育を勉強している学生にも園と双方向で情報をやり取りしていることには良し悪しは別にして驚くばかりです。就職活動にFacebookをツールに使い、それが効果を上げているような話を聞くと、人材確保に苦労している幼稚園にとっては嬉しいまたありがたいことかもしれません。

今後進化していくであろう情報化社会の中で色々な情報を知ることは大事なことだと思います。後はそうした情報を社会に、学生に、保護者それぞれの立場で取捨選択しながら考えていくことが大事ではないでしょうか。特に保護者向けは子どもたちとも密接にかかわるだけに細心の注意が必要だと思います。
このブログでもお気づきと思いますが、タイムリーに見せる内容、園児から伝えてほしい内容、親に想像してほしい内容等私なりに考えながら、作っているつもりです。以前も少し触れましたが、なんでも見えたり知れば良いと思ってしまうと、携帯電話と同じで、情報がないと(知らないと)不安を募るばかりになりがちです。

人間の欲求は際限なく貪欲になりがちです。上手く情報と付き合っていかないと、かえってその情報に縛られて身動きが取れなくなりがちです。気を付けましょう。私もこのブログでは詩情ある想像できる写真と記事をと思いながら、未熟で思うようにいきませんが、懲りずにお付き合いいただければ嬉しいです。
「Facebook」今すぐにはしませんが、温めておきたいと思います。

幼児教育に熱い思いのある明るい方で、園の持っている教育力を情報ツールで良くすることで、社会に発信して頑張っている園をもっと皆に知ってもらいたいという幼児教育応援団のような方です。証券会社を辞め、関西を拠点に全国の幼稚園や保育園を持ち前の行動力で駆け回っています。
本人了解のもと、熱い思いの一端をご覧ください。
2006-07-09 24年12月7日木製板遊び、フェイスブック 006 (800x505)

2006-07-09 24年12月7日木製板遊び、フェイスブック 005 (800x486)

2006-07-09 24年12月7日木製板遊び、フェイスブック 011 (800x523)
  1. 2012/12/10(月) 17:31:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘年会

師走になり、今年もあとわずか、月日の速さは誰もが実感していることと思います。行く年を惜しむかのように忘年会が毎年のことながら巷では繰り広げられているようです。もっとも不況のせいもあり、家飲みと称して家で飲む人も増え、飲食店にとっても厳しい時世と聞いています。
私も外に飲みに行くことはそうそう多くなく、仕事上のつきあいも最小限にしています。どちらかというと個人で研修の帰り等にふらりと知らない街で家族経営の地元で長く根付いているような昔堅気の居酒屋で飲むことのほうが多く、独りでふらりと入っていけるような感じが好きです。夏場は鞄に手拭いを忍ばせているので、街の風呂屋で一汗流してから、暖簾をくぐる楽しみも捨てがたいものがあります。
幼稚園のスタッフとは忘年会は特になく、1年に2回、年度の始まりの4月に1度、新しいスタッフが入れば歓迎会を行い、後は年度末の3月末に退職者がいれば送別会いない場合は1年間お疲れ様といった意味合いの集まりをするぐらいです。

昨日は大学時代の部活動のOBの集まり(忘年会)が都内であり、参加しました。卒業後、関東地区に在住しているOBの部員で1年に一度総会と忘年会をしています。年齢も様々で大学時代は重なっていないのですが、和気藹々の居心地の良い集まりです。今年の6月に後輩が明治神宮で開催された全国大学選抜選手権に出場した時も激励会を開いたりと、できる範囲で大学の部活動も応援していくこともOB会として大切な役割です。
先月偶然この会のまとめ役のT氏が成田山の菊花展見学の帰りに夕方ですが園に立ち寄って下さり、今日の会合でも園の環境の良さを皆に紹介してくださっていました。氏は子ども好きなので、今度は是非園児たちのいるときに遊びに来て欲しいと願っています。

総合大学のため様々な学部出身が集まるため、色々な話しを聞かせてもらうのも楽しみです。
そういえば私たちの頃は1年でもコンパと称して飲酒も多少黙認されていましたが、今は20歳からと法律に従い、道場でもコンパはできず学生食堂でするようになったようです。昔は当たり前のようにあった一気飲みや洗面用の洗い桶で飲んだり、潰れるまで飲ませるといったこともなくなったことと思います。野蛮からスマートに時代とともに学生の気質や生活が変わっていくのも時代の流れかもしれません。
席上、園のHPとブログのことも出たので、集まりをアップします。

人形町にあるちゃんこ料理屋で行いました。毎回お馴染みの場所です。
IMG_0233.jpg

皆さん了解のもと、掲載します。気持ちは大学時代の青春の気持ちそのままです。
IMG_0235.jpg

T氏が過日11月中旬に訪問してくださった時に居合わせた職員との記念撮影です。
2006-06-17 24年11月谷川、壁面修復、年長屋外 003 (800x534)

場所を変えて、近くの居酒屋でつれあいを交えて3人で子育て談義等よもや話を楽しみました。氏のふたりの子どもさんも成人され社会人として立派に働いている話を聞くと、私の二人の子どもはまだまだこれからなので、参考になります。それなりの子どもの成長に楽しみも多いが、先は長いと時々実感します。まして今年はダブル受験なので、模擬試験結果を見るたびに本人達自身の問題とはいえ、暗澹な憂鬱な日々が続きます。
もっともどこを目指そうがどういう道に進もうかは当の本人たちのことなので、自主性に任せ求められた場合のみ、多少のアドバイスはしますが、後はできるだけ自分達で考えて進路を決めてと話しています。親がするわけでもないし、自立しないと困ります。受験だからと親子で一丸となって乗り切るようなことは、私にはできないし、求められても正直困ります。「自分のことは自分でやる、親は見守る」のが我が家の流儀です。
IMG_0654 (2) (620x394)
  1. 2012/12/09(日) 22:29:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ