FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

年長遠足~その2~

公園に荷物を置き、クラスごとに記念撮影を終えると遊具のある公園で遊びます。ローラー滑り台はお昼を食べてからです。

龍の道と呼ばれる吊り橋を通っていきます。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 060 (800x536)

色々なアスレチックで楽しみました。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 061 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 062 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 063 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 065 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 067 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 068 (800x536)

ひとしきり遊び、芝生の広場に戻って昼食です。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 071 (800x536)

いつものようにお互いの顔が見えるように輪になって弁当を食べます。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 075 (800x536)

昼食後は恒例のお菓子屋さんの始まりです。園バスの運転手さんふたりがお店番です。
年長なのでお店のルールもよくわかっています。色々なお菓子を交換したりして楽しんでいたようです。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 081 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 084 (800x536)
  1. 2012/05/20(日) 15:35:13|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年長遠足~その1~

5月17日(木)に行った年長組2クラスの遠足の様子です。目的地は成田市にある坂田ヶ池総合公園です。JR佐倉駅からJR成田駅で乗り換え下総松崎で下車し公園まで徒歩で約30分の行程です。幼稚園に集まりJR佐倉駅に向かいます。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 003 (800x536)

駅に到着しました。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 005 (800x536)

改札口で駅員さんに挨拶しながらプラットホームに向かいます。電車を乗るにも色々な人々が働いていることを知るのも社会勉強です。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 007 (800x536)

年中の時もそうでしたが、園児達から道路やプラットーホームにある黄色の視覚障害者誘導用ブロックについて聞かれます。園児の中には黄色のブロックより外に出てはいけない印と思っている子どもたちも何人かいました。
遠足に行くと色々興味を示します。とても大事なことです。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 011 (800x536)

電車の到着をきちんと整列して待ちます。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 018 (800x536)

車内では他の人もいる公共の場なので、騒いだり大声でしゃべらないで静かにすること、話す時は小声で話すことを前もって話します。もちろん各ドアーには職員が立って見守ります。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 028 (800x536)

成田駅に到着し、乗り換えをします。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 022 (800x536)

成田駅構内で他の通行の人に邪魔にならないようにきちんと整列して待ちます。
しかしながら、視覚障害者誘導用ブロックをわずかな時間とはいえ、うっかりふさいでしまい、待っている間に利用する人がいないか、気をつけてみていましたが、反省すべき点です。あえてこの写真を掲載しました。職員全体で反省点として来年度以降につなげなくてはいけません。園児達にも大事な通路として、聞かれたときに話したはずなのですが。本当恥ずかしいことです。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 024 (800x536)

下総松崎駅に到着しました。駅でハイカーのお年寄りの方々声をかけられました。こうしたちょっとした色々な人達とのふれあいも遠足の醍醐味です。歩くと色々なものが見えてきます。車ですとそういうわけにはいきません。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 031 (800x536)

駅員さんにお礼の挨拶をします。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 034 (800x536)

改札口を出るとK先生が防犯カメラの上にツバメの巣を発見して、教えてくれました。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 038 (536x800)

雛が4羽いて、間もなく巣立ちのようです。母親が何度も餌を運ぶようです。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 036 (800x536)

親鳥です。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 121 (800x536)


出発直前にアリの行列を発見し、早速観察します。園児達はこういう自然観察は素早く得意です。遠足で出かけると虫探しは必ずつきものです。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 046 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 042 (800x536)

坂田ヶ池総合公園まで一路約30分かけて歩きます。子ども同士は原則二人で手をつなぎあいながら歩きます。
往路は緩やかな登りです。気持ちの良い五月晴れの中、新緑を見ながら、のどかな田園風景の中をのんびりと歩くのは楽しいものです。
2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 049 (800x536)

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 051 (800x536)
  1. 2012/05/20(日) 13:39:32|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年少組遠足延期

昨日の年少組の遠足がまたしても延期になりました。とても残念です。明け方までの雨で足場が悪いことが予想されるためと天気が不安定で昼頃からにわか前または雷雨との予想があったためです。案の定昼過ぎに一時にわか雨になり、やはり中止してよかった胸をなでおろしていました。
行事の是非は毎回のことながら頭を悩ましますが、最近はインターネット等で雨雲の動きがレーダーで時間ごとに予想されたりして以前に比べずいぶん予想しやすくなったように思います。もちろん天気は自然現象で急変することもありますので、とにかく無理はしないようにすること、万が一に備え、対処できるように下見を十分しておくことをしています。一昨日の年長遠足でも午後から大気が不安定になるかもしれないということで、念のため坂田ヶ池公園に園バス3台を待機させておきました。

特に下見は当たり前ですが、昨年と同じ場所でも引率人数が違えばスタッフも違いますので、園児と同じ経路で歩く道の確認から急に雨等が降ってきた場合の避難場所や対応をかなり細かくシュミレーションするように話しています。
また公園でのスタッフの配置等もかなり細やかにシフトを作っています。時々他園の遠足と重なることもありますが、今は公園のトイレに手を洗う石鹸を置いていない場所が多く、本園の場合は下見の際確認して、置いていないと必ずポンプ式の石鹸を持参しますが、いままで持参した園を見たことがありません。保護者が知ったらびっくりするでしょうし、実際衛生上困ると思います。

もちろん本園も至らないことや見落としがあるかもしれないので、ビデオを持参して要所を記録して、後日見直すようにしています。命を預かる仕事だけに細心の注意が必要です。観光バス等で親子遠足のような形にしてしまえば、ある意味楽は楽ですが、それでは幼稚園という場での「遠足」の意味が薄らぎかねませんので、そこはこだわっていきたいと思っています。

年少の遠足が来週火曜日に延期になったので、年少2クラスで遊戯室でクラスごとに音楽遊び(リトミック)を楽しみました。音楽の専任講師のK先生のピアノの音を聞き分けて動きます。

桃1組の様子
DSC07626桃12

DSC07635桃16

DSC07638桃13

桃2組の様子
DSC07650桃24

DSC07652桃21

DSC07653桃28

DSC07655桃29
  1. 2012/05/19(土) 23:49:36|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年長遠足

昨日は年中、今日は年長、明日は一昨日雨で順延した年少組が遠足を予定しています。
今日の年長組の遠足の様子は週末にお知らせしたいと思います。
今日は昨日よりも暑い陽気に感じました。園から徒歩で約15分歩いてJR佐倉駅に着き、佐倉駅から成田駅で電車を乗り換え、下総松崎駅で下車し、駅から約30分歩いて目的地の坂田が池総合公園に着きました。公園ではアスレチックやローラー滑り台で遊び、往路と同じように電車を乗り継いで園に戻りました。さすがに年長になるとだいぶ自立の芽が芽生えてきたようです。「遠足」という言葉の意味を大事にしながら、家ではできない学びを遠足の中でもこれからも考えていきたいと思います。

2006-01-01 年長遠足24年度5月17日 003 (800x536)
  1. 2012/05/17(木) 18:16:24|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年中組遠足~上座総合公園~

昨日は五月晴れというよりも初夏の陽気でしたが、年中赤組、黄組2クラスの春の遠足を無事に行うことができました。思っていたほど暑さもなかう、新緑の中、さわやかな薫風が心地よい1日でした。

京成佐倉駅に集合し、京成電車でユーカリが丘駅まで乗車します。駅から園児の足で上座総合公園まで約40分ぐらいです。駅員の方に「おはようございます」「お願いします」と挨拶しながら、改札口を通り抜けます。こうした挨拶も社会の場での大切なマナーです。
2006-01-01 233 (800x536)

電車が来るまで、順番に並んで待ちます。順序良く乗降する経験も大事なことです。自家用車では経験できません。
2006-01-01 237 (800x536)

2006-01-01 238 (800x536)


電車の中で公共の場でのマナーや社会性を学びます。
2006-01-01 251 (800x536)

2006-01-01 243 (800x536)

2006-01-01 242 (800x536) (3)

窓から景色を見るときは必ず靴を脱いで、揃えてみます。電車に乗車していると、時々靴を履いたまま窓を見ている子どもさんを見かけます。こうしたマナーを教えることは親(大人)の義務です。子どもが大人になった時に困ります。習慣づけたいものです。
2006-01-01 247 (800x536)

ユーカリが丘駅に到着しました。これから目的地まで歩きます。
2006-01-01 257 (800x536)

畑もあり、農作物の名前の質疑応答もしました。
2006-01-01 24年度遠足年 268 (800x536)

クラスごとに記念撮影をしてから、さっそく公園で遊びます。
2006-01-01 295 (800x536)

2006-01-01 283 (800x536)

2006-01-01 281 (800x536)

2006-01-01 287 (800x536)

ひとしきり思い思いに遊んだ後は、クラスごとに輪になり、お弁当の時間です。
お互いの顔が見えるように、輪になります。
2006-01-01 300 (800x536)

2006-01-01 301 (800x536)

昼食後はおやつの時間です。恒例のおやつ屋も開店します。おやつの物々交換です。「ひとつならひとつ、ふたつならふたつ」と数を数えます。真剣に交換するおやつを選んでいました。
2006-01-01 306 (800x536)

2006-01-01 24年度遠足年 313 (800x536)

午後からは石の滑り台がある交通公園で遊びました。滑り台は見た目以上に、実際に滑ってみると、見た目以上に迫力があります。子ども達からも人気がありました。
2006-01-01 320 (800x536)


2006-01-01 327 (800x536)

2006-01-01 330 (800x536)

帰途、声をかけられました。遠足で歩いていると色々な人から声をかけられます。こうした人ととの出会いも遠足の中で良い経験です。車ですとなかなか経験しにくいと思います。
2006-01-01 334 (800x536)

ユーカリが丘駅から電車に乗り、京成佐倉駅まで乗車しました。駅に保護者の方が迎えに来てくれて、解散しました。
2006-01-01 342 (800x536)

2006-01-01 345 (800x536)

2006-01-01 346 (800x536)
  1. 2012/05/17(木) 18:00:36|
  2. 園外保育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物を大切にすること~園児達が日々使うものだからこそ~

園児達が幼稚園で生活していく中で様々なものを使いながら、時にはその物の使い方を覚えたりしていくことがあります。そうした中で時には破損したり壊れたりすることもないとは言えません。また現在新しいプロジェクトととして、木製の建具(ドアー)を使った改築工事をしています。園児には安全面また教育上支障がなければできるだけこうした修繕工事等を見ることで自分たちの園生活の変化を感じて欲しいと願っています。

先週金曜日に屋外で使っている木製の机を直しに大工さんが来園してくれました。机そのものを処分して、新しく同じような木製の机やFRP製の机を購入することもできましたが、あえて補修することでまた使えることや木製の良さを園児に知って欲しい思いでお願いしました。
今は100円ショップに代表されるように安価な使い捨てで済ますことができる時代です。(もっとも私も100円ショップも使いますし、明らかな消耗品など利便性や商品数の多さは目を見張る時があります)
ただ良いものを長く使うことで、かえって長い目で見ると安くなる本当の意味でのお値打ちのものが、評価されにくくなってきた時代のように感じる時があります。
幼児期だからこそ物の本質に触れることはとても大事なことだと思います。

幸い本園の場合はありがたいことに建築関係を含めおつきあいの長い方が多く、また園の教育方針を理解してくれる方ばりなので、安心して任せられます。皆さんある意味こだわりをお持ちの方ばかりです。逆に理解や関心がない方ですと私も躊躇してしまいます。また私自身色々な現場をお願いする中で教えてもらうことがたくさんあり、それが教育の場で活かされることも多々あります。
初めての方とは話をすれば全てとは言いませんが、幼児教育への情熱(思い)があるかどうかわかりますし、それが園での仕事のできばえにも左右されないともいえません。
もちろん学校法人としてコストも否定しませんが、やはり子どものためにという心意気のある人が私は好きです。

今回机を直してくれた大工さんもツリーハウスや森のウッドデッキの製作をはじめ保育室の床の無垢材への張替え等お世話になっています。今回も園児達に見せながら修理して欲しいとの願いに心良く対応してくださいました。深謝するばかりです。

作業中、何時も誰かが見学していたようです。
DSC07336大工1

新しく部材を組み合わせ直りました。塗装してまた園児達のままごと遊び等の格好な場になります。
2006-01-01 217 (800x536)

削ってあまった木のくずが格好のままごと遊びの材料になります。大工さんも良く知っていて、集めてくれていました。
DSC07340大工26
  1. 2012/05/14(月) 16:21:15|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母の日

今日(日付昨日)は「母の日」でした。幼稚園で子どもたちが描いたおかあさん(母)の顔の絵をプレゼントされたことと思います。学年ごとに描き方はちがいますが、子ども達がそれぞれの子どもなりにおかあさんの事を思いながら描いた世界でたった1枚しかない心のこもった絵です。
よろしければ是非とも子ども達も目に触れるところに飾っていただくと、大変ありがたいです。子どもにとって自分が一生懸命描いたり作ったものを子どもにとって愛する人が大事にしてくれることはとても嬉しく、何よりです。また今度もやろうという意欲にもつながります。

そういえば今日花屋さんで私の実母(介護施設に在住)にあげるアレンジメントを受け取りにいくと、女子高校生達がプレゼントする花を選んでいました。なにか見ていてとても微笑ましい風景ですね。

ちなみに我が家の子どもたちは花をプレゼントしたようですが、なぜか私も一緒にと無理やり誘われました。金銭的な問題もあるかもしれません。情けない。幼稚園から小学生の頃が「母の日」を意識していたようで、お金がない分かわりに兄弟で「お手伝い券」や「マッサージ券」を作り渡していた時もあったようです。だんだん中高になるにつれ、親離れと自立心とともに衝突することも多く、「母の日」の意識もまた違っているようです。幼稚園時代がある意味一番良いかもしれません。お互いに身体的な触れ合いも含めて濃厚な時間ですので、大事にしてくださいね。幼児期は確かに手がかかる時かもしれませんが、親子同士の貴重なかけがえのない時間だと、子どもが大きくなるにつれてつくづく思います。

年中黄組の作品です。
2006-01-01 164 (800x536)

  1. 2012/05/14(月) 01:15:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月誕生会

11日(金)に行った4月生まれの誕生会の様子です。全学年がはじめて遊戯室で一同に会し18人の誕生をお祝いしました。

プレゼントをもらいました。早速手に取り、色々試す子どももちらほろ。
DSC07305誕生2

誕生プレゼントは青組が牛乳パックを利用して製作してくれたプリスビーです。
DSC07308誕生6

お楽しみは年長組が2クラス合同で合唱「たんぽぽとうだい」を披露してくれました。
DSC07310誕生11

もうひとつは青組による遊戯「さるとび 忍者ヒーロー」です。5月誕生会では緑組が遊戯を披露してくれる予定です。
DSC07322誕生会21
  1. 2012/05/13(日) 00:52:04|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑の募金

新緑が美しい季節になりました。その緑にちなみ、緑の募金を呼びかけてから、毎日園児達がかわるがわる募金箱に入れるためにお金を持参してくれます。どうもありがとう。
暑い日は木陰が陽を遮り、快適な遊び場をもたらせてくれます。秋にはどんぐりがたくさんの実をもたらし、遊びの幅を広げてくれます。果樹の味わいも楽しみです。
人間にとって自然はかけがえのないものというよりも、人間は自然の一部です。以前は自然を崇め、謙虚に向きあいながら暮らしてきましたが、何時の頃から傲慢になってきたようです。自然というと何か抽象的で子どもたちにはわかりづらい言葉ですが、園生活の中で具体的な事象を通して、親しめるようにと考えています。
先日植樹した栗とさくらんぼも将来の収穫が楽しみです。

DSC07152midori.jpg
  1. 2012/05/10(木) 22:58:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

○・△・□

今にも降りだしそうな曇天の下、桃1と桃2組がそれぞれクラスごとに「○・△・□」(まる・さんかく・しかく)の仲間遊びを楽しんでいたようです。丁度桃2組の仲間遊びを見ることができました。桃1組はごめんなさい。
誰もがやった経験があると思います。

折角幼稚園入園したのですから集団でしか学べないことを学ぶのはとても大事なことです。仲間遊びもそのひとつです。場所も準備もいらず手軽にやれ、3歳児でもわかりやすいルールのゲームです。年中、年長になると自分達でもできますが、3歳児ですと大人が入ってあげないと難しいかもしれません。
捕まえようとする鬼役は先生で、もうひとりの先生は園児達と一緒になって逃げ役です。

「さんかく」の声で、まるの絵の陣地の中にいた園児達が、鬼に捕まらないようにさんかく絵の描いた陣地に逃げていきます。あわてて転んだ子ども達もいたようです。
DSC07260ゲーム1

鬼に捕まらないスリル感も楽しみです。
DSC07261ゲーム2

陣地の距離や大きさはそのときの人数や学年により幅広く対応ができるのも、こうした遊びの魅力です。
DSC07263ゲーム3

DSC07264ゲーム4
  1. 2012/05/09(水) 23:27:51|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ