FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

子育て支援事業「のびのびすくすく」について

子育て支援事業「のびのびすくすく」も今年度もあと残すところ後2回になりました。このところ来年度の問い合わせをいただいています。来年度も5月から開講する予定ですが具体的なことはスタッフの方と相談しながら計画していきたいと思います。正式に決まりましたら、このHPでもお知らせいたします。
たくさんの参加をお待ちしています。

園は昨日、今日と2日間にわけて身体測定を行いました。洋服の着脱も入園当初の頃に比べるとずいぶん上手になってきました。身長、体重、胸囲、座高を測定しましたが、子どもは大きくなることは嬉しいことです。大人になると誕生日になって年をとることを素直に喜ぶ人はそんなに多くないと思いますが、子ども達にとっては嬉しいことです。明日は1月生まれの誕生会です、遊戯室の壇上には嬉しい顔が並びます。

子育て支援事業「のびのびすくすく」の様子、親子で新聞紙を使った遊びを楽しんでいます。
P1030117のびすく
  1. 2011/01/18(火) 22:14:38|
  2. 子育て支援
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

氷も滴る三人組

このところ厳しい寒さが続きます。池の水も凍り、氷取りを楽しめます。氷と一緒に顔まで凍る?

DSC00444氷1
  1. 2011/01/17(月) 22:17:44|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は早朝から雪が降りました。日頃積雪まではいかないだけに、降る雪を見ながら、雪遊びを楽しみにしていた子どもさんもいたかもしれません。

DSC00432雪2

DSC00429雪3
  1. 2011/01/16(日) 23:54:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌留多を作る~年長組の活動から~

今日は年長組が歌留多をつくるというので、部屋にお邪魔しました。
毎年の恒例です。最初に読み札を作り、字を書いていきます。そして読み札にちなんだ絵札を描きます。絵札も読み札にあわせた情景を工夫しながら描きますが、毎年のことながら見ていて楽しく、子ども達の想像力にはつい感心してしまいます。特製歌留多を使っての歌留多取りも楽しみです。月末の保育参観でも展示する予定です。お楽しみに。

緑組
P1030076緑1

緑組
P1030077緑2

青組 
P1030086青1

青組
P1030083青2

歌留多1
P1030082かるた2

歌留多2
P1030088かるた1
  1. 2011/01/14(金) 22:20:01|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇遊びに向けて

北風をものとせず園庭で友達同士で遊ぶ子ども達の姿をみていると「子どもは風の子」という言葉を実感します。長い人生の中でこの時にしかできない経験をたくさん学んで欲しいとつくづく思います。
2月末に行う劇遊びに向けて少しずつ子ども達同士で取り組み始めています。年中、年長組それぞれのクラスのテーマも決まったようで、これから子ども達が話し合いをしながら作品作りに取り掛かります。各クラス担任は劇で使う曲の作詞、作曲を考えなくてはいけません。曲についてはさすがに園の専任の音楽講師が専門家として作曲をしますが、作詞にあわせて曲を作るため、先ずは詞を考えなくてはいけません。子ども達が言葉の意味がわかり、歌いやすい言葉を考え、またその歌詞をとおして想像できるような言葉を考えるように話しています。歌詞を作ることは日頃の読書量、体験またその人の感性を通しての語彙の豊かさ等どうしても個人差があります。しばらくは言葉で情景を表現できる詞を考える時間が続きます。

お正月遊びのコーナーでだるま落しやけん玉で楽しみます。
P1030068だるま落とし
  1. 2011/01/13(木) 22:44:06|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独楽を楽しむ

今日は暖かな冬日和、園庭では正月遊びを昨日に引き続いて楽しみました。年長の男の子達が紐を使う鉄芯の独楽を回して楽しんでいました。厚手のベニヤを敷いた特設スタジアムが舞台です。
今年は例年以上に興味を持つ子ども達が多いようです。上手く回せない子どもには回し方を教えてあげています。
ベイブレードも悪くありませんが、自分の手で回す独楽は上手く回った時は感激もひとしおのようです。
一見大人から見て何気ないように見えることでも子どもにとっては違います。
小さい時から自ら色々体験した大人ほど遊び心があるような気がします。
腕に覚えのある方は特設スタジアムでお待ちしています。

P1030039こま
  1. 2011/01/12(水) 21:01:21|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3学期始業の日

今日は第3学期始業の日、3学期が始まりました。冬休み中静かだった園庭に子ども達の歓声が飛び交います。
凧揚げ、独楽回し、室内では歌留多やすごろくを楽しみます。明日は新調した羽子板も出す予定です。
今学期もどうぞよろしくお願いいたします。

P1030017始業の日
  1. 2011/01/11(火) 22:01:36|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ

昨日、夕暮れ時に江戸川沿いで凧揚げを見かけました。川面が夕日に照らされ富士山(写真左下)がかすかに見え、新しく建設中のスカイツリーもそびえます。
風に乗り上昇していく凧に夕闇がせまります。

P1060920夕方2
  1. 2011/01/10(月) 23:50:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北風と太陽

ここ数日は北風が強かったかな。今日は太陽。明日も予報ですと太陽。明後日は北風。
人間も所詮は自然の恩恵なくしては生存できません。エコも出来る範囲で無理なくそっと、声高にこれ見よがしにするのは恥ずかしい。

P1060881太陽
  1. 2011/01/08(土) 23:48:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事始め

ここ数日は北風が冷たく、冬らしい1日が続きます。風を遮る陽だまりが嬉しいですね。
今日は七草、七草粥を食べられた家庭も多かったではないでしょうか。私も朝は七草粥でしたが、人生の折り返しを過ぎる年になると、朝粥も嬉しいものです。

今日から本務職員も全員揃い、第3学期に備え園庭の確認や打ち合わせ等を行い、午後からは来年度使用する教材を選びました。教材選定はとても大事で今年の子ども達の使用状況等を踏まえながら、皆で検討していきます。保育教材社の用品で来年度使うもの全てをはさみならはさみ、粘土なら粘土というふうに分けながら、その中で子どもにとって一番使い勝手や教育上良いものをねらいに添いながら一つ一つ実際に使いながら見ていきます。
粘土も夏場になると気温がたかくなり正直使い勝手が悪くなるものもあります。細かく見ていくと各社ごとにかなり違います。

例えば園児が毎日使う「しゅっせきノート」ひとつにしても実に様々です。カレンダーのように区分けされていてもシールを貼る升目の大きさも違いますし、始まりの曜日も日曜日から始まるのもあれば月曜日から始まるのもあります。中にはアットランダムのように貼り、1ヶ月貼リ終えたらある絵が完成するというコンセプトまであります。ちなみに小園は先ず始まりは日曜日からのものにしています。何故なら日本では1週間の始まりは日曜日からです。市販のカレンダーも同じです。貼る升目の大きさも子ども達が手を使いながら貼りやすいシールの大きさが十分対応できる大きさ(大きすぎても逆に困る)かどうかを吟味します。実際シールの見本を使いながら貼ります。
また祝祭日が平仮名で書かれているか(漢字で書いてあるものもある)までかなり細かく見ていきます。
これは全ての教材にも同じことが言えます。複数の保育教材社の方が見本を引き上げる際に「先生の幼稚園は色々見本をかなり使って調べているがよくわかりますし、そうしてもらったうえで選んでいるのがよくわかるので、選んでもらえるととても嬉しいです」と話されます。

私は基本的に選択は現場の先生に任せていますが、最後に注文する時に選んだ教材を見て、もう少しこういう点で選べないかどうか聞くことがありますが、その時は担当の職員がこういう理由でこれ以上の最良のものがなかったと報告をします。その報告を聞くことで職員の選択の視点がきちんとされていたかどうかわかります。保育者は教材を選びながらどういう視点で選んだかということを知り、勉強することも大事です。
特に新人のうちはそうした事をきちんと勉強しておかないと、選び方がいい加減になりがちです。

正直年々教材の質は決してよい方になっているとはいえません。選ぶのが難しくなりがちです。絵もアニメチックで子どもに媚びたようなデザインも多くなり(子どもに失礼だと思いますが)今風といえばそれまでですが。さすがに何年か前に流行った抗菌グッズは少なくなりました。熱心な保育教材社の営業の方は何故この教材は選ばれなかったか聞く時は、これこれこういう理由でこちらの会社のほうが良かったと教えます。そうしたことをすることで商品開発に参考になり、子ども達にとってより良い教材ができればそれに越したことはありません。
保育に携わる者の義務だと思います。1月半ばには来年度の教材が私のところにあがってくると思いますが、楽しみです。
  1. 2011/01/07(金) 23:53:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ