FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

餅つき

週末は天気に恵まれ、特に土曜日は暖かな1日でした。知人の幼稚園で有志のお父さんたちが中心になって園児達のために餅つきをするというので、幼稚園仲間とふたりで遊びにお邪魔しました。
園に着くと、園庭ではすでに蒸篭の立ち込める煙とお父さん達の元気な掛け声とともに餅を杵で搗く光景が見られました。餅搗きは小園では行っていないので、なかなか興味深いものがありました。
蒸篭もガスを使うのではなくまきを使うなど、ちょっとしたこだわりが嬉しいですね。

園行事としてではなく、希望の園児達による自由参加の餅つきということですが、ほとんどの子どもたちが参加するとのことでした。ふたつの臼と4つの蒸篭で60キロのもち米を搗くとのことですが、冬晴れの下で「ぺったん ぺったん」と杵で搗く音が響き、その周囲で応援したり、手を携えてもらいながらも杵を振り上げて餅を搗く子ども達の真剣な姿も微笑ましいものがありました。また搗きたての柔らかな餅を園児達が餅取り粉にまみれながも、楽しそうに小さく手でちぎりながら、餅を丸めて作っていた姿が印象的でした。

餅つきも昔はどこでもよく見られた風景でしたが、今はなかなか見られず、まして杵と臼と蒸篭を使ってするなどなかなか経験できません。
こうした昔からの文化を伝えていくことも大切なことかもしれません。自分が体験しないと次世代に伝えていくことは難しくなります。もちろん文化は時代の中で変容し継承されていくものと消えていくものもありますが、単なるノスタルジックではなく、後世にきちんと伝え継承していくべき日本が誇る伝統文化と呼ぶものから庶民が生活の中で連綿と伝えてきた文化まで、めまぐるしくかわるこの社会の中でついおざなりがちになり、気がついた時にはすでに遅かったものもないとは言えません。そんな文化を見過ごすことがないよう気をつけなくてはと、搗き立ての雑煮と黄粉餅を相伴にあずかりながら、思いをめぐらせるひと時でした。
久しぶりに搗きたての餅をいただきました。ご馳走様でした。

P1060796もちつき1

P1060799せいろ
  1. 2010/12/19(日) 23:26:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月誕生会

今日は12月生まれの15人の友達の誕生を祝いました。
DSC0033212月1

プレゼントは緑組が作ってくれた「みどりくみ まつぼっくり きらきら ツリーぺん立て」です。
もうすぐクリスマス、この季節にちなんだプレゼントを作ってくれました。お気に入りの鉛筆やぺんを入れて使ってくださいね。
DSC0033712月プレゼント

お楽しみは先生達によるゲーム「リーダーを探せ」です。最初は皆が同じ動きをしていますが、リーダーのひとりが違う動きをして、皆がリーダーの真似をしていくのですが、観客(園児)がそのリーダーを誰さかを探しあてるゲームです。良く見ていないとわかりません。
そしてもうひとつのお楽しみは誰かがプレゼントを持って遊びに来てくれました。
DSC0034412月お楽しみ2

DSC0034012月お楽しみ
  1. 2010/12/16(木) 23:35:04|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交差

午前中は冬とは思えないほど暖かなひと時でした。年長2クラスでリレーを競いました。冬木の影に疾走する子ども達の影が交差します。交代で応援する子ども達の声援が澄み切った冬空に響きます。

DSC00295リレー1

DSC00307リレー3

DSC00313リレー4
  1. 2010/12/15(水) 22:39:44|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰

しばらくぶりのブログです。色々書きたいことはたくさんあるのですが、時間がなかなかとれず・・言い訳よくないですね。小さな幼稚園なので園長といっても普通の幼稚園のように園長室があるわけでもなく、理事長、園長としての本来の仕事以外に雑用から時には運転手さんが休んだ時は園バスの運転で色々な仕事をこなさなくてはいけません。事務や経理は途中で中断されることがない園が休みの土曜日や日曜日にすることもしばしばです。

しかしパソコンのお蔭で事務の量は減るどころか、増えるような気がします。監督官庁は千葉県庁学事課でその上の管轄は文部科学省ですが、年々細かい調査が多くなり、事務に係わる仕事は増えるばかりです。机上だけで仕事をしている人は現場の大変さはなかなかわからないのでは思うこともしばしばです。小学校や中学校の先生に聞いても、報告書や事務的な仕事が多くなり、一番大事な子ども達とむきあう時間が取れないと話してくれます。最大の元凶は文部科学省ですがパソコンが普及していない時代の事務の仕事にとどめ、それを今のパソコンですればかなり仕事は減り、皆が幸せで労働時間も減り家にも早く帰れるのに、パソコンで色々できることをいいことに、あれもこれも色々仕事を作っては現場に要求し、事務の仕事がふえるだけという悪循環になりがちです。でもその最大のしわ寄せは子どもたちにくると思います。現場を知らない人ほど書類や形式または格式ばったことが好きです。
ちなみに私はそうしたことは仕事では理事長兼園長としての立場上、最低限のことはする時もありますが、どちらかというと不得手です。プライベートではあまり興味がないので、つれあいから夫婦として私の立場もあるので困ると、お叱りをいただきます。

冗談はさておき、先ずは現場の第一線でがんばって子ども達と取り組んでいる先生達から子どもの教育する上であまり意味のない必要のない事務や報告書の類は減らして、子ども達とむきあったり教材研究の時間の確保といった本来教師として一番大事な大切な仕事に取り組めるよう配慮すべきだと思います。大きな声では言えないので、書くだけですが、実際なんでという調査が結構あります。何の目的でどう活用するのかと首をひねりたくなるものもあります。でもこれも税金を使っています。民間の会社ならともかく、役所で使うお金は公金ですからね。

久しぶりのブログなのについ愚痴っぽくなってしまいました。ごめんなさい。
音楽発表会が終わりましたが、相変わらずその余韻を子ども達は楽しんでいるようです。楽器の音も聞こえてきます。
今日は昼食の後、子育て支援事業「のびのびすくすく」のスタップの皆さんがペープサートによる「ブレーメンの音楽隊」を見せてくれました。
終わった後、突如サンタクロースが現れ、ひとしきり踊って姿をけしてしまいました。
あわてんぼうのサンタクロースの登場に園児たちも驚いていたようです。

P1020841ペープサート2

P1020845ペープサート1

P1020965サンタ



no
  1. 2010/12/14(火) 23:55:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日だまり

冬木立の間から柔らかな日ざしが園庭にさしこみます。お昼を食べた午後のひと時、シャボン玉に夢中です。

DSC00232シャボン玉
  1. 2010/12/09(木) 23:57:28|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンタクロース

「良い子にしているかな」「園長ブタゴリラといっていないかな」そろそろ幼稚園にも来るかも知れません。例年、24日前に来るあわてんぼうのサンタクロースのようです。
そういえば「あわてんぼうのサンタクロース」の歌も園内から聞こえてきます。
私が嬉しそうに口ずさんでいると「園長ブタゴリラは大人だから来ないんだなあ」と憎まれ口をたたくので、「園長ブタゴリラと呼ぶ子どもにもこないんだなあ」夢いつまでも大事にしたいものです。

DSC00228サンタクロース



  1. 2010/12/08(水) 19:10:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走

今日は暦では大雪、天気もどんよりとした曇り空でした。そんな陽気の中でも、園児たちの賑やかな声が冬枯れの園庭にこだまします。職員室で仕事をしていると、あちらこちらから音楽発表会で演奏したり歌った歌を室内で楽しんでいるようで、聞こえてきます。合奏は楽器のパートを変えて行っているクラスもあるようです。先生達にも発表会を終えたから、もうお終いではなく、合奏したり歌を歌ったりして、折に触れて楽しむように話しています。
12月は師走と呼ばれるほど1日1日(時間)が早く過ぎていきがちです。子ども達からもクリスマスやサンタクロースの話を聞く時があります。「良い子にしていないと、こないよ」親ならもしかしたら一度は話したことがある台詞かもしれません。サンタクロースには少しばかり迷惑かもしれません。
今年も幼稚園にもサンタクロース来てくれると嬉しいのですが。夢のある話を子どもともに楽しんでいます。

P1060779ツリー


  1. 2010/12/07(火) 23:47:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幼稚園見学

今日は音楽発表会の代休を利用して、東京都稲城市にある幼稚園の見学に行ってきました。某教育研究所が主催する企画です。神奈川県との県境で近くを多摩川が流れます。およそ2時間の行程でちょとした小旅行のようです。
登園時から降園時までほぼ1日見学させていただきました。
教職員の皆さんも実に挨拶をはじめ立ち振る舞いが丁寧です。また子ども達が素足で動くこともあり掲示物はすべて画鋲を使わないように工夫しています。また地球環境に配慮した様々な冷暖房等の付帯設備も興味深いものがありました。園のご好意で学年ごとに様々なクラス活動を見せていただき、子ども達の取り組みを通して色々な教育方法がある事を知る良いきっかけになりました。
また学童クラブの併設も興味深いものがあります。
「百聞は一見にしかず」の格言を改めて思い出す、充実した1日でした。

研修風景(園内の様子)は個人情報のこともあり、掲載できません。
写真は駅のすぐそばにあった銭湯です。風呂好きの私としては行きたいところですが、夕方からの開店で、残念でした。
そういえば佐倉市内も昔はたしか肴町付近に銭湯が1軒あり、子ども心に何かの折に行ったかすかな記憶があります。
昔は銭湯は街の社交場でそこで街のルールを学んだようですが、家庭の内風呂普及のため、ずいぶん少なくなったようです。
幼稚園も銭湯ではありませんが、地域の拠点として、これからを見据えていくことも益々大事になってくると思います。

P1020786銭湯


  1. 2010/12/06(月) 23:51:20|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

音楽発表会

平成22年度音楽発表会を終えることができました。
それぞれの子どもさんなりに歌に合奏に頑張ってくれました。
演目ごとに入れ替えのため3歳、4歳、5歳とそれぞれの年齢なりの違いがわかりにくかったかもしれませんが、年長はやはり最終学年でもあり、合奏や歌で物怖じせず堂々と演奏したり歌ってくれました。合奏の鍵盤ハーモニカはふたつのパートに分かれ、途中で一緒に音をはもらせるところは当初不安もありましたが、きれいに奏でてくれました。
また各パートの鉄琴、木琴、大太鼓、小太鼓、シンバル、ミュージックベルもきれいな音を奏でながら演奏してくれたようです。
あまり結果(出来映えだけ)を求めるために日々練習漬けにしてしまうと、演奏する子ども達の表情が本番の時にこわばったり、立ち振る舞いが極度に緊張してしまい、結果的には音楽嫌いの子どもを作るだけです。
研修等で色々な幼稚園の発表会(劇や音楽)を見せていただきにいくこともあるのですが、他山の石とする時もあります。

今回はどの子ども達もそれぞれに良い顔をしてくれていたように思います。見る側(観客)はそうしたところにも着目し、幼児教育のあり方を時には考察されることをおすすめします。
年少組(3歳児)は祖父母参観に続き2回目ですが、舞台にたち、それぞれの子どもさんなりに楽しんでくれたようです。

合奏の練習は日数にして実質わずか14日間足らずでしたが、集中して取り組んでくれたようです。
終了後、教職員で昼食を食べながら、運営等で色々な反省等も出ましたが、今後にいかしていきたいと思います。
何かお気づきのことなどありましたら、クラス担任まで教えていただければ幸いです。

保護者の皆さんには、あいにくの手狭な会場でしたが、最後までご声援またご協力くださり、どうもありがとうございました。
先日の予行練習の際、始まる前に園児たちにこうした発表会でお互いに見せ合う時に、応援といっても運動会の時は声を出して頑張れと応援したけれど、こういう舞台で演じる時は黙って静かに見て、終えたらたくさん拍手してあげるのも応援であり、応援にも色々なやり方があることを話しました。
今日の保護者の皆さまの立ち振る舞いを見させていただきましたが、前述した応援のやり方で園児達を励ましてくれ、大変ありがたく感謝しています。
皆さんの温かなお気持ちに1年目のS先生とN先生も無事にデビューすることができました。
始まる前はずいぶん緊張していたようです。深謝いたします。
最後になりましたが、応援に駆けつけてくれた昨年で退職された3人の先生と先日の職場体験学習に来てくれた佐倉中学校の生徒さんにも感謝します。ありがとうございました。

DSC00213絵
  1. 2010/12/04(土) 15:37:02|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽発表会を前に

明日は歌や合奏を披露する音楽発表会です。今日たまたま年少桃2組に所用で訪れたら、部屋での自由遊びの時間で先生が子ども達にせがまれて、ピアノを弾きながら子ども達が思い思いに歌ったり楽器をもって曲に合わせて使ったりして楽しんでいました。とても自然な雰囲気で好感がもてました。もちろんきちんと一斉に並んで歌ったり合奏するのも良いのですが、こうした日常の何気ないひと時に歌を歌ったり楽器で楽しんだり、もちろん他の遊びをしながらも、ふと聞いたり口ずさんだりする光景もとても自然です。

音楽は本来人間の営みや生活の中で楽しみ、気持ちを安らげてくれました。構えるものではありません。園児たちは音楽が好きです。幼児期は先ずは友達と一緒に歌ったり合奏することで音楽に親しみ、歌うことや楽器を演奏する楽しさや喜びを知って欲しいと思います。

後は明日を待つばかりです。毎年のことながらこの舞台でそれぞれの子どもさんなりに表現して欲しいと願っています。

DSC00206舞台
  1. 2010/12/03(金) 22:34:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ