FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

大運動会前日

明日はいよいよ大運動会です。午後から有志のおとうさん、おかあさんにお手伝いしていただき、ご覧のとおり準備も整いました。どうもありがとうございます。
天気予報も晴れ、運動会日和、秋日和の1日になりそうです。
園児達がのびのびともてる力を発揮して、楽しんでくれたらと思います。
また運動会当日はおやじの会OB(子どもさんが卒園しても力を貸してくれるおとうさん)4名、現役17名の合計21名のおやじ達が運営に力を貸してくれます。どうぞよろしくお願いします。
幼稚園に入園する前のお友達や卒園生もレースを用意しているので、遊びに来てくださいね。

DSC09531蝨貞コュ_convert_20101015221821
  1. 2010/10/15(金) 22:28:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くるみ

今日も昨日に続いて、予行練習を行いました。このところブログでも運動会に関わる記事が多くなっていますが、日中は運動会の練習をする時間も多いのですが、朝帰り(登園時間後と降園時間前)はいつものように皆で遊びます。今年は胡桃が豊作です。たくさんの胡桃(オニグルミ)が園庭に落ちてきます。
集めた胡桃は籠や盥に入れて、皆で仲良く分けます。1日1個だけ食べても良い約束です。いつの間にか子どもが「胡桃屋さん」の看板を作ってくれたようです。廊下では金槌で割る音が響きます。年少(3歳児)ですとなかなか胡桃が割れない時は、年長組のお兄さん、お姉さんが代わって割ってくれるようです。

P1060665くるみ5

P1060671くるみ7

P1060656くるみ2

爪楊枝を使って、器用に食べます。
P1060653くるみ3

  1. 2010/10/14(木) 23:54:30|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予行練習

今日は予行練習を行いました。いよいよ土曜日には46回目の大運動会を行います。
本番と同じように行いました。競技を見ていると今さらながら3歳、4歳、5歳とそれぞれの年齢差がよくあらわれます。又当然ながら子ども一人ひとりの育ちや心が行動に出てくる場合もあります。保育はそうした園児の一人ひとりを丁寧にみて、時には励まし時には見守り時にはより添ってあげることが大事だと改めて思います。

運動会では私は園児の種目は全て審判をします。大きな理由として園長として、クラス担任とは比較にはなりませんが、それでも園児ひとりひとりの性格や園での様子や友達関係また常日頃どういう遊びをしているかはわかっているつもりです。そうしたことを頭に入れながら、運動会では審判をします。そうでないと、とても怖くて審判はできません。ただ笛を吹けばよいというものではありません。「かけっこ」ひとつとってもスタートでのそれぞれの園児の様子を見ながらまた時には練習の時の様子を思い出しながら笛をふきます。
「玉入れ」や「綱引き」といった団体競技でも練習の状況やこれまでの勝敗や留意点も考慮しながらピストルを鳴らします。競技時間はケースバイケースです。それが教育の塩梅であり醍醐味です。その塩梅の前提は園児一人ひとりの園での生活や子ども達の運動会への思いを知っていることです。
幼稚園によっては外部の体育講師等に審判をさせている園もありますが、園での園児の生活を知っていないと審判は厳しいのではと思う時があります。できるなら、日々ともに園生活を過ごしている教職員のほうが良いと思います。
勝負事である以上、審判はいかなる時でも厳正に公明正大にしなくてはいけません。そのうえで教育の塩梅をすることが大事なことだと思います。

私は子ども達と一緒に遊んだりともに過ごすことができなくなった時は、園長を潔く辞めようと常々思っています。園長として園児ひとり一人を把握することを考えると、幼稚園の園児数もいうまでもなく限界があります。
ある人数を超えると、そうした視点から考えるとかなり厳しいと思います。ただ私立幼稚園は経営基盤が弱いので、園児数集めに一喜一憂しがちです。私学助成を含め予算全体の中で教育費にかかわる比率は先進国の中ではかなり低い方です。私立の幼稚園教諭の待遇も決して恵まれているとはいえません。資源のない日本は教育という資源を大事に活用していかなくてはいけない思うのですが。

写真は予行練習の様子です。
今日は記録として当日のプログラムに添付するための写真になりました。

開会式の様子
P1060624開会式

年少組の表現の入場の様子
P1060648年少

年中組の表現
P1060637年中

年長組の障害物リレー
P1060639年長
  1. 2010/10/13(水) 23:57:54|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乙女心と秋の空

今週土曜日に予定されている運動会が近づくにつれ天気も気になります。現在の予報ですと土曜日は曇りですが降水確率が40%とあまり喜ばしい数字ではありません。自然相手といってしまえばそれまでですが、何度も空を見上げることなく、秋晴れのもとでやらせてあげたいものです。園長就任当時は行事の時はあまり天気に恵まれませんでしたが、このところはまずまずかなと自画自賛していますが、綿密に調べたら意外と・・。
つれあいからは行事等で天気が悪いと、いつも「日頃の行いが悪いと」責められます。天気が良くても一度も「日頃の行いが良いから晴天になった」とほめられたことがありません。「あなたは甘やかすと調子に乗るので、厳しいぐらいが丁度よろしい」と宣言しているので、生涯厳しい試練が続くかもしれません。

はるか昔、理由は忘れましたが、何かの都合で4月2日に市役所に婚姻届を出した時に「4月2日、あまり縁起がよくないわ」と顔を曇らせながら話したので、私が「4(死ぬまで)まで2(ふたり)と考えればいいじゃないか」と話したら「なんてやさしいの」と涙ぐんだ乙女心は、はるか昔のよき思い出になってしまったようです。
ちなみに結婚式は3月27日でしたが、その日はどう読むのと聞かれ、
「3(三途の川も)2(ふたりで)7(仲良く)」と咄嗟に答えて、えらく怒られました。

今日も雨の合間を縫って練習をしましたが、今年は9月末の練習を始めた頃から雨が多く、なかなか思うように練習ができず、予行も当初の計画よりも遅くなりました。

この写真は年長組の「おみやげどうぞ」の練習です。年少組がちいさなお友達役です。中には去年の運動会で走ったことを覚えている園児もいました。
「小さなお友達が走ってきたら、どうやって渡すのと」と先生に聞かれ、「どうぞとやさしく渡すの」「背が低いので、しゃがんであげる」「両手で渡す」と話してくれた子どももいたようです。
「おみやげどうぞ」は幼稚園にはいる前の子どもなら、どなたでも年齢も0歳児から参加できますので、是非遊びにいらしてください。お待ちしています。本園の運動会は「家族皆で楽しむ」ことも大事なコンセプトのひとつです。おとうさま、おかあさま、卒園生、おじいさま、おあばあさまが参加できるレースもありますので、お気軽にご遠慮なくご参加いただけたら幸いです。
P1020322年長1

同じく年長組の表現(遊戯)です。入退場には和太鼓を使います。年少組と年中組も応援してくれましたが、中には一緒に踊りながらエールを送る子どももちらほら見かけました。
P1020328年長2
  1. 2010/10/12(火) 23:29:45|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金木犀

正面玄関脇で咲き誇っていた金木犀もそろそろ花が落下しはじめました。
金木犀の匂いをかぎながら澄み切った秋空を眺める楽しみもあと少し、銀杏やもみじの紅葉が続きます。

P1020317金木犀
  1. 2010/10/11(月) 23:32:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・秋祭り

今日は秋祭り最終日、天気も回復し、午後から鏑木町の子ども神輿の役員で子ども達と一緒に付き添いました。路地を歩いていると金木犀の甘い香りがどこからともなく漂ってきます。中秋ののどかな1日が過ぎていきます。

P1020321子どもみこし
  1. 2010/10/10(日) 23:57:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋祭り

昨日から明日までの3日間、佐倉市の秋祭りが始まりました。昨日も各町内からの御神酒所や山車や神輿が練り歩き、佐倉囃子の音色にあわせた「えっさの こらさの えっさっさ」の掛け声が聞こえてきました。

私は昨日は運動会を来週に控えて仕事があるので、参加できないのが少々残念でした。夜仕事を終えた職員有志で新町通りに出かけたようです。
今日は地元鏑木町の御神酒所を手伝うため、祭り衣装を纏い、出かけようとした矢先、雨で中止との連絡が入りました。お祭りもずいぶん長く参加していますが、出発から雨で中止になった例は覚えがないだけに残念ですが、鏑木町の御神酒所は引っ張る綱も長く、また大勢いないと引けないので安全面を考えると致し方ないと思います。自宅のある表町の御神酒所は今日も運行したようで高校生の娘は手踊りを踊り、中学生の息子は同じ御神酒所でお囃子を楽しみに行きました。
昨晩、今晩と子ども達が居ないので、昨晩は近くの居酒屋でつれあいとふたりでしんみりお酒を飲み、今晩もふたりで夕食をすませました。子ども達が小さい頃はお祭りに付き添っていたのですが、今は当たり前ですがそれぞれ友達同士で過ごすほうが楽しく、親は眼中にありません。娘は普段は土日もなく日々部活動ですごしているようですが、今日は特別に監督から休みをもらったらしく、お化粧をして中学校の時の同級生と久しぶりに再会して、皆で踊るのが楽しいらしく、すっかり青春しているようです。

1年に一度地域の中で老若男女が集まり皆で楽しめる祭りは、子どもにとっても楽しい良い思い出になると思います。あいにくの天気ですが、明日はなんとか良い天気のもとでお祭りができればいいなと祈っています。

写真は昨日園の前で撮影した地元鏑木町の御神酒所と麻賀多神社の大神輿です。大神輿は白丁(はくちょう)を着た地元鏑木青年会の面々が担ぎます。中には何人か卒園生も混じっており、久しぶりに見る青年になったりりしい姿に目を見張りました。午後3時過ぎのため、先生方と預かり保育(くまキッズ)の園児たちで玄関前で出迎えました。
「明神祭り さらば久しい」

地元鏑木町の御神酒所
DSC09517祭り1

DSC09521祭り2

麻賀多神社の大神輿
DSC09524祭り3

DSC09528祭り4
  1. 2010/10/09(土) 23:31:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

避難訓練

今日は昼食後、園舎内で火事を想定した避難訓練をしました。今回は放送を使って火事が発生した事を伝え、隣接する麦田公園まで教室から上靴のまま避難します。
私を含め職員室にいる職員でとり残された園児が居ないかどうか計画に沿って園舎内を見回ります。
子ども達には事前にしらせていないので、普段とは違う職員の真剣な表情と声に一目散に園庭を横切り逃げていきました。中にはびっくりして泣いている園児もいました。
私が公園で消火器を抱えながら今日は訓練で園舎は火事ではないので、安心して欲しいと話しました。
また「いのち」はとても大事なものなので、何も持たずに上靴のまますぐに今日のように逃げる事、「命」は物とちがってお金で買うことはできない旨を伝えました。
具体的にスーパーの「○○」では靴や野菜は売っていてお金で買えるけれど、「命」はどこにも売っていないし、お店で「園長先生ください、□□君」くださいといっても売っていないことを話し、「命」はお金をいくらだしても買うことができない世界にひとつしかない、とても大事な大切な貴重なものなので、命を大切にし自分の命はもとよりひとの命も大切に愛して欲しいと、前述したように具体的に子ども達に話しました。
皆、真剣に聞いてくれていたようです。

現在は住宅にも火災警報機の設置が義務付けられています。
また幼稚園でも職員と安全計画の策定や年に最低2回は専門の防災会社が来て火災報知器や消火器の点検等常日頃から火災への備えには万全を期しています。多くの命があるだけに油断はできないと肝に命じています。

幸い小園の園舎は2階ではなく平屋で、しかも出入り口はそれぞれ各教室の前にあるので、万が一何かあってもすぐに園児達は避難できます。また構造は鉄骨の平屋建てなので地震があっても2階建てではないので、建物が押しつぶされることはないので、園児の安全という面からはかなり優れていると思います。昨年新しく保育室を増築しましたが、2階建ても計画にありましたが安全面等も考慮して平屋建てにしました。

保育室から園庭を横切り隣接する麦田公園に避難する様子です。
DSC09512避難訓練
  1. 2010/10/08(金) 23:34:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月誕生会

今日は10月生まれ14人の誕生をお祝いしました。
壇上にあがり、皆の前で自分のクラス名、名前と何歳になったかを話します。それぞれの子どもなりに話してくれました。
DSC09492誕生会1

プレゼントは緑組の友達が作ってくれた「緑組木の実バック」です。秋になりたくさんの木の実と出会える季節なので、そんな秋の自然を持ち運べるバックです。
お楽しみは16ミリ映画「がんばれスイミー」です。この映画も好評でした。
DSC09502誕生会2

  1. 2010/10/07(木) 18:13:52|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・応援

今日も秋空の下で年少は鈴割り、年中は障害物リレー、年長は表現(遊戯)を楽しみました。
今日は年中の障害物リレーです。応援は年少組のお友達です。

DSC09488enntyuu.jpg
  1. 2010/10/06(水) 23:46:31|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ