FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

雨だれ

入梅。雨だれを作って遊びます。今年から天気の関係などで外で遊べず、遊戯室での自由遊びの時に造形コーナーを設け、子ども達が自由に工夫しながら遊べるコーナーを設けました。

DSC08850雨だれ
  1. 2010/06/16(水) 23:43:32|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日閑話

土曜日に保育参観があり、日、月(代休)、火と3連休続き、休み前はこれをしよう、あれをしようと考え、楽しみにしていましたが、園でほとんど仕事をしながらのあっというまの3日間でした。特に月末の大学での発表に備え、レジメや資料作りのために色々考えたり筆をとりましたが、なかなか進まず、資料探しの名目で気分転換に本などめくるとつい読みふけってあっという間に時間が過ぎてしまいます。
学生時代にテスト前にかぎってつい読みふけっているのと同じことで、現実からの逃避みたいなもので、何歳になっても習性はなおりません。同じことを子ども達がしているのを見ると、親子だなと改めて実感します。

ブログもこの3日間更新できずに申し訳ありませんでした。遡って日記風に記してみます。保育参観の時に何人かの方から時々楽しんでみていますと声を掛けられ、感謝です。祖父母の方からも読んでいますと声をかけていただき、ありがたく思っています。年長、年中の遠足もいまだ掲載できず、気にはなっているのですが。

6月12日(土)保育参観
一昨日の保育参観同様、天気に恵まれ初夏を思わせる日ざしの中、たくさんの保護者の方をはじめ祖父母の方や兄弟等も多数見られ、園庭で賑やかな会話が聞こえてくるひと時でした。3歳児ですと,どうしても保護者が帰るときに一緒に帰りたくなる子どもさんもいましたが、無理をしないことが一番です。幼児期は子ども同士をとかく比較しがちですが、あまり好ましいことではなくむしろその子どもさん自身の成長を見てあげるとことが大事です。どの子どもさんも個人差こそあれ、確実に成長しています。父の絵も掲示させていただきましたが、大人の目から見た画一的な上手下手といった評価や価値観で見るのではなく、おおらかな気持ちで見てあげ、具体的にほめてあげると自信がつくと思います。そのため小園は時々色々なところからコンテストや展覧会の出品を求められることがありますが、幼児期の絵の評価を判断することは難しいと思いますし、あまり意味がないので、辞退しています。大体全員ではなく園内で数点選んで出品ということが多く、ますます足が遠のきます。但し絵を描く事はとても楽しいことなので、ご家庭でも子どもさんが描かれるようでしたら、大いにさせてあげましょう。
暑い1日でした。川や滝や池が涼味をかもし出してくれたようです。

DSC08840参観1

6月13日(日)
午前中は園で仕事をしながら、合間に池でぼんやり。先日池に魚をふやそうと専門店に購入しに行った時に、お店の人から金魚とめだかを一緒にするとめだかが食べられるしまたたなごや鮒も一緒にしないほうが良い、金魚でも違う種類は一緒にしないほうが良いと教えてくれる。その話から以前からすんでいる和金のみになり、10匹購入し池に放流。
めだかの群れの泳ぐ姿も捨てがたいので、今後の課題です。

購入した時に子ども達が金魚の入った袋を見つけ、喜んでみていました。
DSC08773池3

和金の一族。眺めていると癒されます。過日カキツバタも咲きました。
DSC08843池1

DSC08560カキツバタ


6月14日(月)

関東地方梅雨入りになり、まさしく梅雨らしい天気でした。
午前中、雨の中を砂場にかぶせる新しいシートの取り付けに立ち会う。また新しい保育室の脇の通路が風の影響で砂が舞い込んでくるので、特注の砂防ネットもあわせて搬入。午後からは子どもを市内の整形外科に連れて行く。新しく移転し、入園と卒園の年度の時にはご挨拶にはいきますが、実際に中には入ったのは初めてで立派な医院でした。休み明けもあるのでしょうか。受付から診察、会計を終えるまでおよそ2時間30分かかり、お蔭で本が大分読めました。

網も砂場の形に合わせてオーダーメイドしたもので網目が細かく軽量で、フックでかけるようにする。職員も毎日重いシートを引きずっていただけに、少しでも負担が軽くなれば何より、職場の仕事環境の改善も大事なことです。
DSC08846網

6月15日(火)千葉県民の日で休園
普段はほとんどテレビを見ることはありませんが、昨晩遅くまでサッカーのワールドカップを見ており、さすがに朝起きれず、昼過ぎから出かけ、午後6時過ぎまで園で仕事。電話も来客もなく事務処理がはかどる。ユーカリが丘の映画館で名作が廉価で上映されるのを知り、3連休に見れればと思ったが残念。「時間は自分で作るもの」の言葉が頭をよぎります。

写真は先日知り合いの大工さんから旧知の銘木屋さんでおもしろい欅がでたので、見に来ないというお誘いがあり、夕方から見学に行ったときに撮影したもの。園庭で上手く考えれば遊べるかもしれないので、置き場や使い道また設置方法をふくめ、もう少し検討してからまた返事をしますといって別れる。
DSC08776けやき




  1. 2010/06/15(火) 21:19:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カブトムシの幼虫

毎年、年長組同士が訪問しあう交流を続けている四街道市の四街道さつき幼稚園の先生3人が、昨日下見にきてくれました。今月30日に天気がよければ遊びに来てくれます。
おみやげにカブトムシの幼虫6匹をいただきました。飼育ケースに入れる時に年長組の子ども達に見せた時の様子です。
実物を初めて見る子どもも多く、皆大喜びで見ていました。成虫はまだしも幼虫の観察は難しいだけには四街道さつき幼稚園さんに改めて感謝します。青、緑組において、大事に育てます。

DSC08794幼虫1

DSC08796幼虫2
  1. 2010/06/11(金) 23:50:32|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽遊び

今日は黄、赤組、桃2組がクラスごとに遊戯室で園の専任の音楽講師のK先生と一緒に音楽遊びを楽しみました。1クラス約30分ぐらいです。
ねらいは「自らが感じ、自らが創造し、表現する」ことです。
全部のクラスの様子をお伝えしたかったのですが、今月末に大学の公開講座で自園の幼児教育の取組みについて発表する機会をいただき、その打ち合わせがあり、赤組の活動しか見れませんでした。3クラスとも内容はほぼ同じです。

赤組  スカーフを使って楽しむ
DSC08830表現
  1. 2010/06/11(金) 23:38:22|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花のある風景

年長組は昼食の時に、テーブルクロスを掛け花を飾ります。何時もと少し違った雰囲気に子ども達の笑顔があふれます。


DSC08783花
  1. 2010/06/10(木) 23:52:39|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めるへん文庫

昨日のめるへん文庫の皆さんによる読み聞かせの風景です。私自身絵本への思いいれは強くあり、このブログでも何度か絵本について述べたことがあります。いつも話すように絵本を読むことで「親子でともに素敵な時間を共有できた」このことに尽きると思います。この時期だけです。おとうさんも、機会あれば是非読んであげてください。
難しくかんがえると、余計一歩が踏み出せにくくなります。絵本への思いや読ませ方については2009年11月30日のブログで「絵本について」という題でいささか述べています。

めるへん文庫さんについては園のHPのリンクからご参照ください。近く新しく記事を更新します。

桃1
DSC08754桃1

桃2
DSC08757桃2


DSC08761緑本


DSC08763青本


DSC08766黄本


DSC08771赤本
  1. 2010/06/09(水) 19:59:44|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落花生種蒔き

今日は年長2クラスで畑に落花生の種蒔きに行きました。
畑を管理してくれるおじさんから種蒔きのやり方を教えてもらいます。
DSC08717畑3

子ども達にわかりやすいように、実際の畑にあるものを使い、説明します。幼児の場合は具体的に説明しないとわかりにくい場合があります。何故畝にマルチ(ビニール)をかけているのか不思議に思っている子ども達も多かったようです。
DSC08712畑1

蒔いた種は「半立」と呼ばれる種類です。
DSC08710畑2

一人3粒ずつ受け取ります。
DSC08722畑4

畑の畔を通って畝まで行きます。畔を歩くのも良い経験です。
DSC08726畑7

教えてもらったやり方で、蒔いていきます。
DSC08727畑9

DSC08729畑10

畝にかけているマルチの穴に一粒ずつ種を置いていきます。
DSC08730畑28

蒔き終えたら、隣のじゃが芋の観察をします。春に自分達で植えた種芋が大きくなり、もうすぐ収穫です。
ただ畑から眺めて終わりにするのではなく、実際に畑に入って、咲いているじゃが芋の花の匂いを嗅いだり,
葉を触ったりして、自分の五感で観察することが大事です。

DSC08735畑12

DSC08739畑22

先生が実際に抜いて、見せます。ずいぶん大きくなり、沢山の芋をつけています。子ども達からも歓声があがります。
DSC08740畑18

DSC08743畑20

じゃが芋の観察の後は、先月植えたばかりのさつま芋の観察です。
DSC08747さつまいも6

1600本のさつま芋の苗がすくすく育ちます。
DSC08748さつま芋9

DSC08749さつま芋4

「よろしくお願いします」畑を管理してくれるおじさんたちに挨拶をして、畑を後にします。
DSC08750さつまいも5

園に戻り、畑で試しに掘ったじゃが芋を飾っておくと、年中、年少組が目ざとく見つけ、早速手にとって観察します。
天候や生育状況にもよりますが、7月上旬には全員でじゃが芋ほりに行く予定です。楽しみです。
DSC08753さつま芋11
  1. 2010/06/07(月) 23:55:04|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土壌改良工事

今日は午前中、新しく作った滝と川と砂場の複合遊具脇の土壌を高くして子ども達が遊びやすくしやすいようにする工事に立ち会いました。
ただ土を入れてレベルを高くするのはある意味簡単です、当初はその計画も視野に入れていましたが、藤の移植でお世話になったO造園の紹介でヘルシークレー工法でやりませんかという紹介をいただき、その工法の特許をもつT建設に試しにということでお願いしました。ぬかるみや水を浸透させる環境に配慮した工法ということです。川の側で常時水に濡れやすいことも考慮しています。

DSC08687土1

水をかけても直ぐに浸透して、ぬかるみがなく、砂ぼこりもたたない土壌。
DSC08696土2

ヘルシークレー工法(透水性保水型加工法)・・土に団粒化剤を配合し、土を団粒構造に変え、透水性と保水性を向上させる工法。
  1. 2010/06/05(土) 23:20:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川開き

五月は例年にくらべ雨が多かったような気がしますが、6月に入った途端初夏を思わせる日が続きます。
昨日川開きを行いました。
子ども時代にできること、子ども時代にしかできない事、子ども時代に学ぶことを大事ににして欲しいし、社会(大人)も気づいて欲しいと思います。

川・・地下64メートルからくみ上げた井戸水を衛生上を考慮して、滅菌器を通して流します。水を遊びに使ったり、土でダムを作ったり、川幅で幅跳びごっこをして跳んだり色々な遊びに応用できます。

DSC08677川1

DSC08679川3

DSC08682川4

DSC08686川2
  1. 2010/06/05(土) 00:40:48|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツリーハウスからの眺め

気持ちの良い天気が続きます。木々の若葉が風に揺れ、時折子ども達の声が聞こえてきます。時には大人は謙虚に子どもの声に耳を傾けて、自分の子ども時代を振り返り、信じてあげてください。

DSC08662木陰
  1. 2010/06/02(水) 17:05:52|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ