FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

園児と教職員は寒さに負けず、園長は睡魔に負ける

昨日のブログは睡魔に負け更新できませんでした。申し訳ありません。
園児たちと教職員は寒さに負けず、毎朝園庭で元気良く朝の体操をしています。そんな清々しい昨日の写真を遅ればせながらどうぞ。今は4月から始めた体操をリバイバルで色々行っています。昨日は「さる跳び、忍者ヒーロー」、今朝は保育体操です。

DSC01907体操1

DSC01912体操2
  1. 2010/02/16(火) 09:56:18|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チューリップ

年中組が秋に植えたチューリップの球根が発芽しました。
球根を購入する時に童謡の「チュ-リップ」の歌詞にでてくる「赤、白、黄色・・」の3色は必ず入れて欲しいことと花弁や咲き方や花色の違いが園児からわかるように様々な球根を選んでくるようにお願いしています。花弁(外観)ひとつとっても先端が丸いものや尖ったものやフリル状まで様々です。
そのため毎年のことながら、チューリップ畑は公園の花壇のように統一感がなく、てんでばらばらに咲き乱れている感じになります。でも一口にチューリップといっても色々な花弁や咲き方や花色があることを知ってもらいたいと思います。「色々あるね」「何故だろう」そうした好奇心の芽生えを大事にしていきたいと思います。

DSC01904芽
  1. 2010/02/14(日) 17:50:26|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞台練習始まる

各クラスともあらすじやセリフや音楽も決まってきたようで、クラスにより舞台で練習を始めているクラスもあります。
舞台で練習することは部屋での練習とは違った空間や雰囲気を知ることができます。本番も同じ遊戯室の舞台で上演するので、子ども達にとっては日頃から練習して親しんでいる場所なので、より力を出し切ることができます。
本園が公共施設等のホールを借りないで、自園の遊戯室の舞台で上演することにこだわる大きな理由はそこにあります。
常日頃練習している勝手知ったる場所で本番が出来ることが、子ども達にとっては何よりだと思います。
観客としてお見えになる保護者の皆さんにとっては多少手狭かもしれませんが、幼稚園(学校)は先ずは親よりも子どもの教育が第一です。
昨今の学校事情を見聞きすると、時々親と子どもの優先順位が違っていることで、おかしくなり、結果的には親も子どもも不利益になることがあります。学校の最大のサービスは子どもへの教育だと思います。そして学校もそうした理由をきちんと保護者にお話して、理解してもらう努力も大事です。

写真は黄組の劇の練習風景です。まだまだまとまりはつかず、これからですが子ども達が嬉しそうに笑いながら伸び伸びとそれぞれの役になりきっていたのが印象的です。おおらかに見守っていきたいと思います。

DSC01895黄組

  1. 2010/02/12(金) 12:40:14|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅梅

山の前の紅梅が咲き始めました。三分咲きといったところでしょうか。まもなく白梅が続きます。
幼稚園にも色々な花が植えられていますが、個人的には金木犀と梅の匂いに何故か惹かれます。
時々子ども達にも梅の匂いをかがせるのですが、反応も千差万別です。その反応を見るのもちょっと楽しみです。

DSC01890梅
  1. 2010/02/11(木) 16:08:42|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖飯器

今日は昨日の暖かな1日とはうって変わって、寒さが厳しい1日でした。相変わらず園児たちは「子どもは風の子」の言葉どおりに、園庭で北風や寒さをものとせず、遊んでいます。

そんな子どもの楽しみのひとつに昼食があります。遊びきった身体には温かいご飯は何よりです。今年度も暖飯器が11月中旬から大活躍しています。毎年はじめて入園された子どもさんの保護者の方から「どうやってお弁当を暖めるのですか」とご質問をいただきますが、この写真のとおりです。

クラスの組当番4人がお弁当が入った箱を職員室の暖飯器のところまで運搬をします。年少は先生が箱を持ち、子ども達は御つき兼露払いでお見えになります。なんといって一番大事な大切な物を運びますから、お弁当を運搬する組当番の行く手を遮ったり邪魔したりしてはいけません。昔ならさしずめ大名行列のようなものでしょうか。「お弁当さま~のお成り」「えい~頭(ず)が高い、ひかえい このおかたをどなたと心得る 恐れ多くも おべんとうさまですぞ」

そしてそのお弁当を暖める暖飯器はもっとも高貴な方かもしれません。職員室に鎮座していますので、拝謁する時は頭(こうべ)を垂れて、厳粛な気持ちを持って、粗相のないようにしてください。担当する園バス運転手のM先生もいつも白手袋(軍手)で出し入れをしています。なんといっても熱いですから。

DSC01886暖飯器
  1. 2010/02/10(水) 16:52:04|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツリーハウスで昼食を

今日は春のような暖かな陽気でした。赤組がご覧の通り、ツリーハウスの上で昼食中、屋外で皆で食べるお弁当の味もまた格別です。

DSC01882ツリーハウス



  1. 2010/02/09(火) 23:58:11|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

各クラス(3歳児をのぞく)とも話し合いの中で、大体のあらすじも決まってきたようです。劇の内容について本やビデオ等で調べていきます。調べることで内容も深まり、自分達で調べたことを劇にいかすことにより、より身近なものになっていきます。出来映えもさることながら、こうした途中の過程も大事にしていきたいと思っています。

学力低下が叫ばれていますが、幼児期(3歳年少は難しい)から自分達で調べたり考えたりする芽を育てることが大切です。
劇を通してひとつのテーマを皆で考え、調べ、意見を出し合い、時には自分の意見と違う考えがあることを知ったり時には譲り合ったりしながら、ひとつのものを作っていくことを通してそれぞれが学ぶ芽を身につけることが大事です。あらかじめ職員が準備されたものや市販されているCD等の昔話等を一寸たがわず演じるだけの劇遊びの中で、子ども達が自ら調べたり考えたり、人の意見を聞いたりする学びをどこで学ぶのだろうかといささか疑問に思っていました。

今日は年長青組が劇のことでインターネットの動画を見に、グループごとにやってきました。
笑い声が聞こえたり、食い入るように見つめた顔が印象的でした。

DSC01850劇
  1. 2010/02/08(月) 23:53:27|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伐採

過日、園児がいない週末を利用して園庭の杉やポプラを伐採しました。樹の中に空洞ができてきたので、専門家に診断してもらうとすぐに倒木とかの心配はないが、寿命と思ってもらったほうがよいとの診断。伐採した幹は砂場の枠に生かす予定です。
新しい遊具の滝と川と砂場の融合遊具が色々な困難を乗り越えながら、計画中です。特に川の台座となる部分をどうするかで予算との絡みもあり悩みます。早くこのブログでも完成を報告したいのですが。

P1000275木材
  1. 2010/02/07(日) 17:31:27|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学習会

今日は佐倉市の学校法人定明学園小竹幼稚園を会場に有志で組織している幼児のより良い教育環境を勉強する会で「環境フロンティア」の学習会が開かれました。
参加者10名で開催中の「作品展とごっこあそび」を見学させていただき、昼食を挟みながら「子どもが主体的に取りくめる環境」について皆で論議を深めました。
作品展のテーマは「天気」です。人間にもっとも身近なテーマでもあり、園児達が調べたり考えたりしたことが作品展にも随所に表れていて興味深く拝見させていただきました。私立幼稚園はとかく理事長、園長の思い入れが強すぎて、「井の中の蛙」になりがちなだけに他園を見学させていただいたり、このような学ぶ機会は勉強になり、ありがたいことです。

「環境フロンティア」は千葉県や東京都の若手の幼稚園後継者、現園長、理事長、大学の先生、建築家、保育園の園長等自他共に勉強熱心な人約30数名が幼稚園等を勉強会の会場にして、年に2,3回集まって学習します。テーマは様々ですが基本は最初に話した「幼児が生活する環境はどうあるべきか」という大きなテーマがあります。
私も創立時のからのメンバーで、本園でも創立当初に保育参観と絡めて学習会をしたことがあります。
環境フロンティアは幼児教育の環境に興味のある方でしたら、原則どなたでも入会できます。興味のある方は要項を送付しますので、ご連絡ください。


P1000259研修1

P1000267研修2
  1. 2010/02/06(土) 20:56:38|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分

今日は節分です。毎年本園に鬼達がやってきていつのまにか幼稚園をのっとり城南幼稚園から鬼が島幼稚園に変わってしまいます。
今年もどうやら4匹の鬼が現れたようです。
鬼が島幼稚園バスの前で4匹の鬼が力を誇示しています。今年こそ園児達に負けないぞ。

P1000200鬼集合

鬼が島幼稚園らしく塀は虎の皮で装飾されています。2台のバスも鬼バスに変身です。写真では見えにくいですが、バスの天井も虎の皮で飾られています。

P1000203塀2こちら

P1000209バス1

P1000208バス2

鬼達と先生達の戦いが始まります。いわしの頭やひいらぎを手にやっつけようとします。鬼達も負けていませんが、最後は豆を投げられどこかに退散したようです。

P1000221鬼劇1

P1000228劇2

P1000231劇3



園舎に隠れていた鬼達は最後の反撃を行おうとしましたが、園児たちの投げつける豆に負けてしまったようです。
残念ながら、この戦いの様子を写真でお伝えすることが出来ませんが、子ども達のの中には泣きながらも、投げている子どももいたようです。
鬼達もどうやら幼稚園から逃げ、鬼が島に帰ったようです。鬼が島幼稚園から城南幼稚園に戻りました。各教室の入り口には鬼の嫌いないわしの頭とひいらぎを飾りました。

P1000242いわしとひいらぎ

鬼が去った後には今年も福の神としてたくさんの福が来るようにお多福さんに来園をお願いしました。
読んでくださった皆様にもたくさんの福が訪れますように。
「鬼は外、福は内」

P1000244おたふく
  1. 2010/02/03(水) 18:36:46|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ