FC2ブログ

園長ブタゴリラ☆ブログ

劇遊び~イメージをつかむ~緑組・江戸時代を旅する~

今日は緑組(年長・5歳児)で劇のテーマである「江戸時代の物売り」を調べに東京江東区にある「深川江戸資料館」に園外保育にいきました。DVDで物売りの声を聞いたり図鑑や本で江戸時代について調べたりしてはいましたが、今の時代とは明らかに違うので五感でその当時に近い生活の様子を体験させてあげようということで「江戸東京博物館」「歴史民俗博物館」等下見にも行きましたが、実体験できるということで、選びました。
この館は江戸時代の終わりに近い天保の頃の深川の町並を実物大で再現しています。1日の生活の流れを音響や映像等で体験できる施設です。

小学生や中学生は良く来館するのですが、幼稚園児の団体は初めてのようで、打ち合わせの段階では園児数と引率の職員のバランス等を含め綿密に話しあいました。見学の主旨を説明すると心良く色々と配慮してくださり、先日の科学館のSさんといい、子ども達の教育のためにと心遣いしてくださる気持ちには感謝するばかりです。

園児たちも1時間以上かけてじっくり見学し、案内の館員の方の説明もよく聞いていました。館員の方も子ども達が静かに熱心に見学したり話をよく聞きまた子ども達から色々な質問が出たのには少々驚かれていました。小学生よりもすごいですねとほめられました。もちろんあらかじめ学習していったこともありますが、先生達から言われてやるのではなく、自分達でテーマを探し、興味を持って取り組んだいるということも大きな要因だと思います。

今回はレンタカーのマイクロバスを使いました。(園バスですとシートベルトがないので、高速道路を走行するため使用しませんでした)
見学後近くの清澄公園でt昼食の予定でしたが、北風が強く寒いため中止し、京葉道路の幕張Pに駐車し、車内で食べました。お菓子交換も楽しんだようです。

クラスの劇のテーマにより園外に出かけていくクラスもあれば部屋で劇にちなんで飼育したりとイメージへの取り組みは様々です。保護者の方も○○クラスは出かけたら自分の子どものクラスも出かけて欲しいといったことは口にせず、あくまでも親ではなく子どもの視点で考え理解してくださる保護者が多いのもありがたいことです。

大事なことは子どもにとって劇の過程で何が必要か、テーマのためにどうしたら子どもにとってよいのかを職員がよく検討し考えていくことです。2月に入ってからは連日夜遅くまで、本園の専任の音楽講師のK先生を中心に打ち合わせが続きますが、もう一息でしょうか。練習後、子ども達の発想にはいまさらながら驚かされるようです。

私は報告は受けますが、基本的には先生達に任せ、見守るだけです。練習も見ることは先ずありません。予行練習までお楽しみです。
当日の出来映えもさることながら、そこに至るまでの過程やひとりひとりの子どもの成長をつぶさに見てあげることが大事です。

入り口の展示資料を見る
P1030165展示

これから訪れる深川の町並み風景
P1030168資料館8入り口

P1030171資料館1

船着場です。
P1030187資料館2

路地裏で
P1030199路地

屋台で食べ物を売っています。
P1030188資料館10

長屋の風景です。
P1030197資料館4

雪隠(昔のお手洗い)も興味深そうにのぞいていました。
P1030202資料館6

車内での昼食風景、いつもですと丸く円を作って昼食ですが、こうした場所での昼食も良い思い出になるかもしれません。
P1030209食事




  1. 2009/02/17(火) 23:53:07|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テープカット

今日は卒園記念品として寄贈してくださった雲梯のお披露目を祝いました。紅白のリボンをテープカットして祝います。
この雲梯と従来からある高い雲梯の2台が揃い、無理なくステップをふみながら取り組むことができます。
(今日の写真の一部は桃組のM先生が撮影しました)

DSC06163雲梯1

P1030154雲梯5

P1030138紅白リボン

DSC06169紅白はさみ

テープカットは卒園記念品にちなみ、来月の卒園式に一番近い誕生日の園児にそれぞれクラスの代表としてテープカットをお願いしました。
P1030148テープカット

お披露目後、早速クラスごとに楽しみました。
DSC06166雲梯2

今日は自由遊びの時でも、一番の人気でした。
DSC06170雲梯3


  1. 2009/02/16(月) 23:58:35|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

他園見学

春一番が吹き荒れ、昨日は暖かな1日でした。昨日は市内西志津にある「さくら幼稚園」の発表会にお邪魔させていただきました。
1月に佐倉市私立幼稚園協会の公開保育の研修でもお世話になった幼稚園です。園長先生のご好意で公開保育を見せてくださいましたが、研修が土曜日のため、急遽休みから半日保育に日程を変え、代休を月曜日に変更してくださいましたが、それをなんなくできる園運営の柔軟性や園のためにと日程変更を理解してくださる保護者の層の質の高さがすごいと思います。

聞くところによると、保護者誰ひとりもそうした日程変更に苦情を話す人もおらず、理解してくださったとお聞きし、園と支える保護者の皆さんの素晴らしさがよくわかります。これは常日頃から園の保育がきちんと子どもとむきあいながら取り組んでいることを保護者がよくわかり、理解しているのではないかと推察します。多分幼稚園入園に際し、きちんと園の教育方針で選んでいる親が多いと思います。今流行のモンスタペアレントーとは無縁でしょうね。(実際園長先生はそうした方はいないとのことです。)

公開保育での園の雰囲気や発表会の会場の保護者の子どもたちを見る目もとても温かいものがありました。先生たちも落ち着いていてゆったりしています。
色々な幼稚園にお邪魔させていただくことが多いのですが、良し悪しは別として言葉ではなかなか説明しにくいのですが、その園の醸し出す雰囲気が本当に様々です。
温かい、冷たい、明るい、暗い、楽しそう、厳しい、のびのび、窮屈等本当に空気は様々です。
園児はそうした環境の中で生活していくので、きわめて大事なことです。

他園を見学させていただくことはありがたく勉強になります。感謝するばかりです。

  1. 2009/02/15(日) 23:52:47|
  2. 幼児教育への思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月誕生会

今日は2月生まれの誕生会でした。6人の2月生まれのお友達と1月の誕生会に欠席した一人の計7人をお祝いしました。
年長組が作ってくれたプレゼントをもらったところです。

DSC06154プレゼント

2月の誕生日は緑組が作ってくれました。名前は「みどりくみ冬のたまいれ」です。牛乳パックで作りました。
DSC06157プレゼント2

お楽しみはペープサート「たっちゃんのえんそく」です。
DSC06158ペープサート
  1. 2009/02/13(金) 22:30:13|
  2. 誕生会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇遊び~イメージをつかむ~その2~青組 宇宙を旅する

青組の劇のテーマは「宇宙」です。とても大きなテーマです。子ども達からこの話が出た時に壮大なテーマに担任もどういう展開になるかの想像できず色々考えたようです。私もこのテーマの話を聞いて色々な施設を調べたりする中で、千葉市の科学館に下見に行った時に偶然館員のSさんとお話しする中で、実は幼稚園児が劇を創る中でテーマが宇宙に決まったが、それについて子ども達に映像等で具体的にわかりやすく話そうと試行錯誤している旨を話したところ、本人が休みを利用してボランテイアで幼稚園に来園して子ども達に宇宙の話しをしてくださることになりました。

Sさんは科学館で科学技術インタープリンターをしています。科学技術インタープリンターは展示解説員として科学と触れ合う楽しさや科学からのメッセージを伝えたり、実際に実験や体験を通して学ぶべき事を明確にアドバイスする仕事をする人で博物館の学芸員とは又違う新しい形の仕事のようです。

遊戯室に青組と緑組が集まり、最初に宇宙について子ども達から色々な疑問におもっていることや知りたいことなどの質疑応答をしました。それをうけて宇宙について様々な話をしてくれました。
Sさんは子ども達にたくさんのメッセージを残してくれました。

お話やメッセージの抜粋から
・宇宙を知ることは自分を知ることでもある。
・宇宙人は実は私達地球に住んでいる人も宇宙人
・地球を調べたりわかろうとすることは地球を大切にすることにもつながる
・宇宙を知る方法はがたくさんあるが、それにはちゃんと地球を知る必要があり、地球を知れば宇宙 は身近になる。何故なら本当の宇宙は自分の身体にあり、自分の身体は昔の宇宙からできていて、誰もが皆宇宙の一部。

話とともにロケットの発射風景や月の様子や月から見た地球の様子の映像等普段見ることができない映像も見せてくれました。息をのんで静かに食い入るように画面を見つめる子ども達の姿が印象的です。小1時間宇宙の旅をさせてもらいました。

次から次へと子どもたちから質問が出ます。子ども達の口から「H2Aロケット」の言葉が出たのには驚かれたようです。
DSC06135宇宙2

DSC06138宇宙1

地球上で電気を使っているところが黄色くなっており、暗い場所で見るとその部分が光るそうです。
DSC06139宇宙3

最後に園児達がSさんからプレゼントしてくれた月から見た地球のポストカードを手にSさんを囲んで記念撮影をしました。
Sさん、どうもありがとうございました。
DSC06142宇宙3

この企画にいたるまで私とSさんで何度か打ち合わせを兼ねてメール等でやり取りをさせていただきましたが、いつも子ども達が科学に興味を持てるきっかけのひとつになれば何よりという子どもの視線の立場で今日のこの企画を考えてくれたそのお人柄に私はとても感銘しました。ご自身も某番組で放映された「生き物地球紀行」が好きで、この学問に進むきっかけのひとつになったこともお話の中で伺いました。この日のために「ぼくからのメッセージ」と題してA4判5枚のレジメを作成してくださり、宇宙について子どもむけにわかりやすく書いてくださいました。しかも子ども達が読めるようにすべてひらがなで書かれ、しかも文章を文節ごとに区切ってくれている配慮には本当に頭が下がります。人数分用意してくださった冊子は子ども達一人ひとりが持ち帰り、きっと家庭での宇宙の旅の良いガイドにもなるのではと推察しています。
人との縁に感謝するばかりです。Sさん、ありがとうございました。又心良くブログの掲載の承諾してくださり感謝します。
  1. 2009/02/12(木) 23:38:13|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇遊び~イメージをつかむ~その1~黄組 伝説を追う

暖かな1日でした。今日は4歳児黄組が劇遊びのイメージを知るために市内にある七井戸公園に弁当を持って園外保育に行きました。
この組のテーマの「河童」は伝説上のものを題材としているだけに豊かな想像力であらすじや台詞や表現を創ってもらえたらと思います。

DSC06082河童3

石像を見ています。
DSC06086河童2

DSC06088河童1

川にかかる橋の下から現れるかもしれません.。神妙な顔で覗き込んでいた子ども達もいたようです。
DSC06102川

池を見たり、遊具でも遊びました。
DSC06103散歩2

DSC06111遊具

DSC06113池1

DSC06117池2

暖かな日差しの中、皆の顔がお互いに見えるように輪になって弁当を食べました。
思い思いのイメージが膨らむと嬉しいのですが。
また近くのT小学校の5年生が校外学習で来ており、何人もの卒園生が声をかけてくれました。
DSC06122昼食

  1. 2009/02/10(火) 23:52:08|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書類の宴

今日は県学事課の学校法人の監査が1日ありました。通常5,6年に1度行なわれます。本園も5年ぶりでした。担当の方が2人来園し学校に備え付けが義務付けられる書類のチェックから学校法人の理事会や評議員会の運営に関わる議事録また適正な経理が行なわれているかまで様々な書類や帳簿等を見ながら調べます。
私も1日立会いながら、質問に応じたり求めに応じて必要書類を出したりしていました。園長として園の幼児教育に携わるのはもちろん理事長として学校法人の運営の仕事もします。

私立学校(幼稚園から大学まで)は全て私学助成法で補助金(税金)をもらっていますので、こうした監査はきわめて自然で大事なことだと思います。経理も税理士とは別に毎年会計事務所による会計監査があり不適切な支出がないか細かく調べます。

今日の監査では特にこれとといった大きな問題も指摘されず、無事終わりました。常日頃からきちんと書類をそろえていれば良いのでしょうが、忙しさを理由にここしばらくは土日返上で監査のために書類を見直していたのも事実です。

DSC06074書類の宴
  1. 2009/02/09(月) 23:56:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日脚が伸びる

今日は昨日と違い北風が強い寒い1日でした。職員室で仕事をしながら、目を窓の外に向けると木々が揺れ風の音が聞こえてきます。
冬木が夕日に照らされます。

DSC06047樹木
  1. 2009/02/08(日) 17:41:03|
  2. 幼稚園の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽劇にむけて

暖かな1日でした。
昨日の午前中の音楽劇に向けて桃組(年少・3歳児)が表現遊びをしているところです。
それぞれの子どもなりに考えた動きを見せてくれてます。楽しんでくださいね。

DSC06020桃1

DSC06021桃2

こちらは赤組が劇にちなんだPCからの動画をグループごとに見にきます。先日は緑組が音を聴きにきましたが、CDも届いたようです。赤組はなかなかこれはというDVDがなく、今探しているところです。

DSC06018赤

  1. 2009/02/07(土) 23:56:09|
  2. 幼児教育への思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

避難訓練

今日は昼食後、園舎内で火事が起こったと想定して、火災報知器を鳴らして避難訓練を行ないました。園児にはあらかじめ話していませんので、ベルのけたたましい音がなったと同時に上靴のまま各クラス担任に誘導され、隣接する公園まで逃げます。中にはベルの音に驚いたりびっくりしてしまう子どもちらほら見受けました。隣接する公園で人数を確認します。

園舎内では私をはじめ何人かの職員で各部屋を回り、逃げ遅れた子どもがいないか確認しました。
園児には本当の火事ではなく訓練だったことを話し安心させてから、園に戻ります。
園に戻る前に本当の火事でないことを話し安心させてあげないと、心配する子どももいます。

以前避難訓練の時に飼育しているうさぎを心配してくれた女の子がいて「園長先生、私達だけ先に逃げて、うさぎは大丈夫なの」と聞かれた時は一瞬答えにつまりました。
「皆が逃げ、園長先生が最後に逃げる時にうさぎの戸もあけて逃がすから、心配なくて大丈夫 」と答えたように記憶しています。

この季節、大氣も乾燥しています。火の元くれぐれもご用心ください。

DSC06027避難訓練1

DSC06034避難訓練


  1. 2009/02/06(金) 23:49:35|
  2. 保育のひとこま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ